純正LEDポジションを保安基準限界値の300カンデラでデイライト化するビートソニックのキット

スポンサードリンク

ドレナビLINEアカウントをフォロー
ドレナビLINEアカウント

ドレナビTOPへ
CX-5(KE)CX-5(KF)ヴォクシー(80系)エクストレイル(T32)エスクァイア(80系)ノア(80系)ハスラーハリアー(60系)ランドクルーザー(200系)ルーミー/タンク記事一覧へ


カプラーを割り込ませるだけ! 純正LEDポジションをデイライト化!!

Beat-Sonic デイライトキット 300シリーズ

メイン画像
■価格:1万9000円
■対応 T32 前期エクストレイル、KE 系CX-5、50系プリウス、200系ランドクルーザー

純正バンパーの加工はしたくないけれど、自分のクルマにすっきりと取り付けられるデイライトがない、と諦めている人。諦めるのはまだ早い。ビートソニックのデイライトキット300シリーズなら、純正のLEDポジションランプを常時発光させられるデイライト化が可能だ。明るさはポジション時の50カンデラから保安基準限界値の300カンデラまでアップ。日中の視認性も向上させられる。

一部車種のヘッドライトは欧州仕様車と共通化されているが、国内仕様では本来の力をセーブしている。それをキットを使い、欧州基準よりも低い、国内保安基準限界の明るさまで引き出すという仕組みだ。

装着車両 50PRIUS

50PRIUS
サブ画像1
サブ画像2

純正のライトスイッチをオン/オフ操作を3回続けておこなうことで、デイライト機能をOFFにすることが可能。

ポジション

ポジション

イグニッションON

イグニッションON

ヘッドライト内のLEDポジションにも対応!

エクストレイル、CX-5、200系ランクルの場合、ヘッドライト内のLEDポジションランプをデイライト化する。クルマごと、ヘッドライトの個性が強調され、まるで欧州高級車のような装いを手に入れることができる。

KE 系CX-5

T32 前期エクストレイ

明るさそのままに常時点灯でデイライト化!

デイライトキットシリーズ

デイライトキットシリーズは、ポジション点灯時の明るさそのままにイグニッションONで常時点灯するデイライト化が可能。タンク/ルーミーといった新型車にも対応するなど、300シリーズに比べて適合車種が多いのも特徴。基本的な取り付け方なども300シリーズと同じなので、違いはデイライト発光時の明るさのみ。

KF系CX-5
■価格:1万7000円
KF系CX-5

80系ヴォクシー/ノア/エスクァイア
■価格:1万5000円
80系ヴォクシー/ノア/エスクァイア

タンク/ ルーミー、トール/ ジャスティ(LEDヘッドランプ付車)
■価格:1万5000円
タンク/ ルーミー、トール/ ジャスティ(LEDヘッドランプ付車)

60系ハリアー
■価格:1万7000円
60系ハリアー

ハスラー(HIDヘッドランプ車)
■価格:1万5000円
ハスラー(HIDヘッドランプ車)

取り付けはとってもカンタン

取り付けはとっても簡単

慣れている人ならDIYでも取り付け可能だ。まずはバッテリーのマイナス端子を外す。

取り付けはとっても簡単2

エンジンルーム内のヒューズボックスから常時電源とイグニッション電源を取り出す。

取り付けはとっても簡単3

ユニット本体から出ている端子をバッテリーのマイナス端子へと繋ぎ、アースを取る。

取り付けはとっても簡単4

ユニット本体を安全な場所に固定。付属のクリーナーで脱脂し、両面テープで貼り付け。

取り付けはとっても簡単5

フォグランプ裏のアンダーカバーを外す。ネジ2ヶ所、フック3ヶ所で固定されている。

取り付けはとっても簡単6

フォグランプのカプラーを外し、キットのカプラーをフォグ本体との間に割り込ませる。

取り付けはとっても簡単7

キットのカプラーから出ている配線と本体から出ている配線を接続したら取り付け完了。

(スタイルワゴンより)

スポンサードリンク

サイト内検索

お気に入りの車種

人気車種から探す

もっと見る