バッドフェイスパネルもキマる。UP&DOWNエブリイ、ガレージベリー


VARY VALIANT ベリーヴァリアント

メイン画像

ニラミの効いた精悍ローダウン仕様

ニラミの効いた精悍ローダウン仕様

ベリーヴァリアントは64系に対し、街乗りで映えるローダウン仕様と、タフでアクティブなリフトアップ仕様という2タイプのエアロキットを用意している。フロントバンパーが中心となるローダウン仕様では、サイドとリアは純正のままでありながら、ニラミを効かせたバッドフェイスに、視覚的な低さを稼げるローダウンフェンダートリムを組み合わせ、純正からの劇的イメージチェンジに成功。スポーツムードが全開だ。

サブ画像1

大きな開口とダクトを連ね、印象的な台形リブラインを挿入した個性満点のフロントバンパー。両脇ダクトの吊り目感が精悍。

サブ画像2

引き締まった顔つきへ手軽に変身させられるバッドフェイスパネル。ボンネットの延長感が強いから、姿勢自体も低く見える。

サブ画像3

街乗り意識のローダウン仕様だから、合わせるホイールもスタイリッシュ系が狙い目。逆にアゲ仕様ではタフ系がお似合いだ。

サブ画像4

専用のフォグカバーも用意。立体感のある造型は、より強い個性を発揮してくれる。フォグまわりや外枠にフチをつけるなど凝っている。

SPEC&PRICE 64全車
■フロントバンパー 4万5000円
■バッドフェイスパネル 2万円
■ローフォルムフェンダートリム 3万2000円
■フロントバンパー用フォグランプカバー 1万4800円

※価格は税別

悪路走行もおまかせのアゲ仕様

悪路走行もおまかせのアゲ仕様

街乗り優先のローダウン仕様に対し、リフトアップ仕様では本格的なオフロード性能の確保も意識した短縮バンパーを採用。純正よりも大幅に丈を詰めた構造となるため、その下部をカバーするためのスキッドバンパーも設定するなど、両者を合わせて使えばまさにワイルド感バツグンな本格クロカン風味を堪能することが可能だ。さらにここへバッドフェイスパネルをプラスすることもできるため、タフで精悍なスポーツクロカン狙いにも最適。

サブ画像1

フロントバンパーは悪路走行にも対応できるショート丈構造。引き締まったフェイスを演出するバッドフェイスパネルも設定。

サブ画像2

短縮したバンパーの底面をカバーするため、スキッドバンパーも設定。いかにもオフローダーな雰囲気が特徴、ワイルド感大。

SPEC&PRICE 64全車
■ハイリフト用フロントバンパー 3万5000円
■スキッドバンパー 1万5000円
■バッドフェイスパネル 2万円

※価格は税別

(ドレナビ)

(スタイルRVより)

スポンサードリンク

サイト内検索