東京オートサロン2018

ウインカーは“流れる”が旬! AVESTからスバル車用がデビュー | 東京オートサロン2018 ドレナビ的事前情報 PR

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

[東京オートサロン2018]AVESTブース

先出し出展情報・その1

東京オートサロン2018(1月12日〜14日)は、国内外様々なカスタムブランドが一堂に会するビッグイベントだ。多彩な車種に向けた光モノパーツで高い人気を誇るAVEST(アベスト)も出展予定。ドレナビでは、そのAVESTの出展情報をオートサロン直前まで数回に分けてお届けする。話題の流れるウインカーに加えて、度肝を抜くような新作パーツもお披露目されるよう。ぜひお見逃しなく!

スバル車用 流れるドアミラーウインカーがデビュー!!

Vertical Arrow タイプZS LEDドアミラーウインカーレンズ

AVESTといえば、ウインカー点滅時に光が流れるシーケンシャル機能を持ったドアミラーウインカー「Vertical Arrow(バーティカルアロー)」が最も話題のアイテム。30系アルファード&ヴェルファイアや60系ハリアー、200系ハイエースなど、すでに様々な車種へ展開中だが、東京オートサロン2018では、12月19日に販売がスタートした、スバル車を大量にカバーしたモデルがお披露目となる。デモカーとしてレヴォーグを展示。実車に装備した状態でじっくりと流れる様をチェックできる。もちろん会場でパーツ購入することも可能なので、スバル車ユーザーはぜひAVESTブースに行ってみよう!

適合車種

レヴォーグ(VM系)
WRX STI(VAB)/S4(VAG)
インプレッサ(GP/GJ系)
XV(GP系)
レガシィ(BN/BRアプライドモデルC型以降/BMアプライドモデルC型以降)
フォレスター(SJ系)
アウトバック(BS系)
エクシーガ(YA系アプライドモデルE型以降)
エクシーガ クロスオーバー7
■価格:2万6500円
※ブラッククロームはプラス5000円


クロームメッキアクセントにより、6分割されたアクリルパネル。シーケンシャルモード(流れる点滅モード)の場合は、内側から外側に向けて光が流れる。

 
ウインカー非点灯時に点灯するオプションランプを搭載。ボディサイドでの光のアピールが常に楽しめる。カラーはホワイトかブルーを購入時に選択。


レンズ下部には、フットランプとして機能するホワイトLEDを装備。足元を明るく照らしてくれるので、夜間の乗車時に便利。

スポンサードリンク

東京オートサロン2018

東京オートサロン2018

2018年1月12日(金)、13日(土)、14日(日)に開催される東京オートサロン2018 in 幕張メッセ。
この、日本が誇る世界最大のカスタムカーイベントであり、チューニング・ドレスアップの総合展示会であるイベント。
ドレナビでは、ミニバン・SUVカスタムを主とした情報を発信していきます。
年末年始、バンバン更新しますのでドンドンチェックして下さいね。