大事にしているのは乗り心地を保つこと ど迫力の本格派 軽トラ がっつりアゲ【ブロック編】 with リフトアップQ&A

スポンサードリンク

ドレナビTOPへ
エブリイワゴン(DA62W)キャリイ(DA63T)ハイゼットカーゴハイゼットトラックミニキャブトラックミニキャブバン記事一覧へ


J-tanto 但東自動車

山口県のシーザーとコラボして「サムライピックアップ」シリーズを展開するなど、リフトアップ軽トラブームを盛り上げる兵庫県の但東自動車。ブロックやスペーサー、さらには車高調を駆使して車高を上げ、軽トラのボディに力強い雰囲気を与える。あらゆる車種に対応した、充実のラインアップを見ていこう。

但東自動車ではさり気なく車高を上げたい人向けに2インチ、そしてたくましさを求める人のために4インチのリフトアップキットを用意している。

2インチはフロントにスペーサー、リアにブロックを組む手法を採用。ブロックのメリットとしては、純正の乗り心地を保てること。
「純正のストラットをそのまま使用するので、乗り心地を変えずに高さを変えるのが魅力です。さらにメンバーはすべてダウン。車高を上げるとドライブシャフトやプロペラシャフトの角度がかなり付いてしまうので、補正するのが目的です」と同社の岩出代表。

そして4インチアップキットでは、フロントにリフトアップのために作られた車高調を採用。
「4インチも上げると、足まわりにも耐久性が要求されてきます。なので強度を持った1本モノの車高調の方が有利なんです。上下の高さをある程度調整できるのもメリットですね」。2インチと比べると価格は上がってしまうが、その分高い安心感が手に入る。

この仕様のメリット

  • 圧倒的な見た目の迫力とインパクト
  • 走破性も大幅アップ
  • 構造変更すれば車検もOK

参考コスト 10万円〜(税別・取り付け代工賃含む)

S500P HIJET 2インチUP仕様(約50ミリ)

(F)スペーサー+(R)ブロック

フロントはスペーサー、リアはブロックで車高を上げる2インチアップキット。人気のハイゼット用も用意している。標準・ジャンボ共通となっているので、どちらに乗っていても装着できる。上げるためのパーツはすべてセットになっているが、取り付けるとフロントがポジティブキャンバーになるので、別途調整用のキャンバーボルトが必要になる。

50㎜上げるだけでも視覚的効果は高い

  • ■価格:5万4000円(税別)
  • ■適合:500ハイゼット

DA16T CARRY 2インチUP仕様(約50ミリ)

(F)スペーサー+(R)ブロック

16キャリイにも2インチアップキットが設定されている。フロントはストラット上部に高い強度を持つスペーサーを仕込み、リアは車軸とリーフスプリングの間にブロックを入れて車高を上げる。ファットなブロックタイヤを履かせたら、スタイリングが超クールに。

こちらも装着後にはキャンバーボルトでフロントの逆ハの字を補正する必要があるので、安全に走るためにも必ず付けよう。

  • ■価格:5万円(税別)
  • ■適合:16キャリイ

S500P HIJET 4インチUP仕様(約100ミリ)

(F)車高調+(R)ブロック

車高調にすることで、高い強度が手に入る

こちらの4インチアップキットはフロントを車高調で上げ、リアはブロック方式を採用した。カラーは精悍なブラック仕上げとなる。
リフトアップに伴うキャンバー角や、プロペラシャフトなどの角度をあらかじめ補正しているので、足まわりの各部に負担をかけることなく車高を上げることができる。
現在は予約販売のみとなっているので、入荷時期については問い合わせてみよう。

  • ■価格:23万円(税別)
  • ■適合:500ハイゼット

【注目】スノープラウで除雪作業の効率アップ


新たに製作したデモカーのハイゼットは、スノープラウ(雪かき)を装着。純正の足だとスノープラウの取り付け位置が低くなり、スムーズに動作できなくなる。車高を上げればクリアランスに余裕ができ、効率良く除雪できる。

LIFT UP PARTS LIST

200ハイゼット 2インチアップキット

今も人気が高い200ハイゼット用リフトアップキット。スペーサーとブロックを組み合わせる。キャンバー補正済みなのでボルトは不要。

  • ■価格:4万8000円(税別)
  • ■適合:S200ハイゼット

63キャリイ 2インチアップキット

63キャリイもスペーサーとブロックで2インチリフトアップして、威圧的でたくましいフォルムへと導く。別途キャンバーボルトが必要。

  • ■価格:4万8000円(税別)
  • ■適合:DA63キャリイ

62ミニキャブ 2インチアップキット

足まわりのパーツが少ないミニキャブも、但東自動車にお任せあれ。車種専用設計のパーツで、無理なく車高を2インチアップできるぞ。

  • ■価格:4万8000円(税別)
  • ■適合:U62Tミニキャブ

【ブロック】リフトアップQ&A

注意点は?

上げのデメリットをしっかり理解すること

一番は車高が上がることで、ロールが発生しやすくなることですね。めったにないことですが、ノーマル車と比べると転倒する可能性も高くなってきます。しかしそれを知った上で安全運転を心がければ、ストレスなく走れるでしょう。正直極端なリフトアップは、メリットよりもデメリットの方が多いと思うんです。でも1人1人が気をつければ、改善することもできますよ。

予算は?

部品点数が多いほど工賃が上がってきます

うちの場合は商品とは別に、取り付け工賃が発生します。2インチアップは5万円〜、4インチアップは10万円〜となっています。4インチだと部品点数が多いため、作業時間が2インチの倍もかかるのでどうしても工賃が上がってしまうんです。なお取り付けはリフトがないと非常に危険です。安全を考え、必ず分解事業者の認定を持っている認証工場で行って下さい。

車検は?

書類提出は必要なし 全高の変更は行うこと

リーフやシャックルを変えていたら別ですが、ブロックに関しては強度計算書などの書類を提出する必要はないです。ですから車検を受ける時は、車検証に書いてある全高の記載を変更すれば大丈夫です。うちは新車コンプリートをメインとしていますが、あらかじめ製作したクルマを軽自動車協会に持ち込み、車検証の記載を変更した上で登録・納車するので安心です。


但東自動車


ショップは兵庫県の中でも北部にあり、ここは豪雪地帯として知られている。そのためリフトアップの需要が高いという。サビを防ぐためにSCコートの施工も行っている。またコンプリートカー販売にも力を入れており、「県外からの問い合わせも非常に多いです」。
但東自動車代表 岩出公直さん

昭和48年に設立し、5年前から軽トラックを手がけている但東自動車。岩出さんはリフトアップの知識・経験が非常に豊富。「仕事も遊びもイケる、オススメのカスタマイズですね」。

(スタイルRVより)

スポンサードリンク

期間工.jp|大手メーカーの期間工・期間従業員の求人情報サイト

サイト内検索

お気に入りの車種

人気車種から探す

  • アルファード/ヴェルファイア
  • ノア/ヴォクシー/エスクァイア
  • プリウス
  • ハリアー
  • ハイエース/キャラバン
  • C-HR
もっと見る