実用的でムーディでおNEWな光モノに注目!! アヴァンツァーレ新作先出し!! | 東京オートサロン2018 ドレナビ的事前情報PR

  • 公開日時 :

[東京オートサロン2018]AVANZAREブース

先出し出展情報・その2

東京オートサロン2018(1月12日〜14日/幕張メッセ)のドレナビ的事前情報。ミニバン&Kカーを主要ターゲットとして、エアロパーツをはじめ様々なアイテムをラインアップするアヴァンツァーレの事前情報第二弾は、東京オートサロンでお披露目となるライティングパーツ2つをピックアップ! ただ光るだけじゃない、ムーディなのはもちろん、実用的でもある魅力満載のアイテムだ。

ドアを開けたら後方に向けて点滅! 無加工装着の実用的ライティング

ドアワーニングフラッシュLED

ドア下部に備わるカーテシランプや反射板など、後方から来るクルマに向けて、ドアオープン中であることをアピールするアイテムは色々あるが、アヴァンツァーレの最新作ドアワーニングフラッシュLEDは、その中でも斬新かつ視認性が高い注目のアイテム。ドアを開けると、ドア後方の部分に装着したLEDが赤く点滅。カーテシなどとは違い、光源がほぼ真後ろに向いているので後方車からはっきりと光の点滅が視認できるのがポイント。30系アルファード&ヴェルファイアや50系プリウス、プリウスPHVなどトヨタ車に向けたパーツで、LEDを取り付ける部分は純正のサービスホールのため、無加工で装着できるのも魅力だ。

SPECIFICATION

■価格:5000円(左右2個セット)
■適合:30系アルファード&ヴェルファイア、50系プリウス、プリウスPHVなどトヨタ車

配線はドア下部にある純正カーテシランプの配線の間に割り込ませる。簡単に接続できるよう、純正と同形状のカプラーが付いているので、カプラーオンでOK。

車内をムーディに仕立てる大人の間接照明

ドアハンドルLEDイルミネーション

車内を明るくする、本を読むなどの目的のために使うルームランプなどとは違い、光源が見えない間接照明はムードアップや高級感を高めるために使われるドレスアップ要素の強いライティングだ。アヴァンツァーレの最新アイテム、ドアハンドルLEDイルミネーションもそんな間接照明キットのひとつ。ドアハンドルの内側、通常の目線では光源が見えない部分にLEDを仕込み、ポジションランプと連動させて点灯。光源を見せずに、ドアハンドル本体やその周囲に光を当てることで、より質感の高い雰囲気を演出できるのだ。LEDを配置した車種専用設計のパネルとカプラーオンを実現するための配線がセットとなり、こちらも取り付けは簡単だ。

SPECIFICATION

■価格:5000円〜8000円
■適合:30系アルファード&ヴェルファイア、50系プリウス、プリウスPHV


車種専用設計されたLED付きパネルが前後左右ドア4カ所付属する。ドアハンドル奥に装着することで、ムーディな間接照明が手に入れられる。配線類はすべてカプラーオンの簡単装着を実現。

アヴァンツァーレのブースでは、特別物販祭と称して、今回お披露目となる新製品も含む様々なオリジナルパーツを、ショー会場ならではの特別価格で販売予定!! その場で審査が可能な金利手数料無料のローンも扱っているので、狙っているアヴァンツァーレ製品がある人は、この機会をお見逃しなく!

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :

関連パーツ

おすすめコンプリートカー情報

おすすめコンプリートカー情報

おすすめコンプリートカー情報