クラスを超越した洗練美を! ロェンからトヨタ・タンク/ダイハツ・ルーミーのエアロがデビュー

  • 公開日時 :

リッタークラスのヒット作をロェンが演出

ロェン タンク&ルーミー

両側にパワースライドドアを持つコンパクトミニバンとしての使い勝手の良さに加え、排気量が1リッタークラスであるため、維持のしやすさも魅力のトヨタ・タンク/ダイハツ・ルーミー。
また、「カスタムG-T」や「カスタムG“S”/カスタムG」といったグレードには程良い自己主張があり、「カスタムG-T」や「G-T」であればパワーも十分。
ロェンは発売以来一気に話題となった、トヨタ・タンク用ボディキットを完成させた。

新たな定番コンパクトに、「クラスを超越した洗練美」を

というテーマで製作された、ロェンのエアロ

フロントスポイラーはサイドエンド部に採用したカナード状のディテールが特徴。
センターの3連ダクトやその両サイドのLEDスポットライトと相まって、スポーティな雰囲気を高めると同時に下方向への安定感を演出するのにもひと役買っている。

フロントグリルはシンプルなフィン形状を採用。
あくまでファミリーカーであるタンクの立ち位置を考え、敢えて必要以上に自己主張しないよう配慮したもの。

このコンセプトはサイドステップにも取り入れられており、複数のラインを組み合わせた造形とし、リアエンド部にはトレンドである翼端板形状のディテールも加えているが、あくまでも全体的にはフロントからの流れをリアへと綺麗に繋ぐ形状に留め、シンプルさも見出している。

いっぽうで、リアアンダースポイラーは大きく主張。
このボディキットの最大の特徴と言えるパートとなっている。
ロェンのデザインアイデンティティーとされたダブルディフューザーを採用し、センター部にはLEDバックフォグも装着可能(オプション)だ。
くわえて、ロェン製エキゾーストフィニッシャーと組み合わせるタイプとマフラーなしの2タイプが用意されている。
リアアンダースポイラーとともにリアビューのアグレッシブさを強調するルーフスポイラーもラインナップ。

エキゾーストフィニッシャーはターボモデルの「カスタムG-T」と「G-T」に適合。
サイドステップ、リアハーフスポイラー、ルーフスポイラー、エキゾーストフィニッシャーはルーミーにも装着可能。

(ドレナビ)

スポンサードリンク

アクセスランキング

  1. 【ホイール交換の基礎知識・第3回】タイヤに書いてある数字は何を意味するの? タイヤにまつわる数字の話| FUJI CORPORATION presents
    2018年11月21日
    【ホイール交換の基礎知識・第3回】タイヤに書いてある数字は何を意味するの? タイヤにまつわる数字の話| FUJI CORPORATION presents
  2. 【ホイール交換の基礎知識・第3回】タイヤに書いてある数字は何を意味するの? タイヤにまつわる数字の話| FUJI CORPORATION presents
  3. 2列目をボルトオンで移動可能あらゆるシーンで使い勝手向上|200系トヨタ・ハイエース|MUSCLE MAGIC
    2018年11月19日
    2列目をボルトオンで移動可能あらゆるシーンで使い勝手向上|200系トヨタ・ハイエース|MUSCLE MAGIC
  4. 2列目をボルトオンで移動可能あらゆるシーンで使い勝手向上|200系トヨタ・ハイエース|MUSCLE MAGIC
  5. 遂に出る!! 全貌明らかに!! 強烈なフェイスを持った新型三菱デリカD:5はどうだ
    2018年11月21日
    遂に出る!! 全貌明らかに!! 強烈なフェイスを持った新型三菱デリカD:5はどうだ
  6. 遂に出る!! 全貌明らかに!! 強烈なフェイスを持った新型三菱デリカD:5はどうだ
  7. ビッグLEDプロジェクターを搭載したハイテク感溢れるヘッドライトが新登場|200系トヨタ・ハイエース|CRYSTAL EYE
    2018年11月20日
    ビッグLEDプロジェクターを搭載したハイテク感溢れるヘッドライトが新登場|200系トヨタ・ハイエース|CRYSTAL EYE
  8. ビッグLEDプロジェクターを搭載したハイテク感溢れるヘッドライトが新登場|200系トヨタ・ハイエース|CRYSTAL EYE
  9. 30系後期アルファードユーザー必見!人気のフラップエアロに新ブランド「5039」誕生!
    2018年11月20日
    30系後期アルファードユーザー必見!人気のフラップエアロに新ブランド「5039」誕生!
  10. 30系後期アルファードユーザー必見!人気のフラップエアロに新ブランド「5039」誕生!
もっと見る