おさらい! ハミタイに関する保安基準の改正

  • 公開日時 :

ハミタイに関する保安基準の改正

2017年の6月22日から保安基準が改正されたことで「フェンダーからのタイヤのハミ出しがOKになった」などとSNSで騒がれているが、実際の所は今までと大幅な変化はない。フェンダーの規定の位置(ホイールセンターから前方30度、後方50度のフェンダー部分)で、これまではタイヤやホイールが少しでもハミ出ていたら車検はNGだったが、改正後はタイヤ側面の立体的なロゴや側面ブロック、リムガードなどがハミ出していても10㎜未満ならOKとなっただけ。これによって変わるのは、これまでのハミ出し規定に対応するための策であるC-HRのリア樹脂フェンダーに付いているフィンのような突起や外車に見られるフェンダーモールなどが、今後不要になるというもの。上記の部分でタイヤよりリムが突出していたらアウトだし、センターキャップやホイールナットの突出もこれまでと同様NGだ。
ハミタイに関する保安基準の改正画像
C-HRのリア樹脂フェンダーのフィン状の突起。これは改正前の保安基準に適合させる(タイヤのハミ出しをカバーする)ためのもので、日本に輸入された欧州車などのフェンダーに装着されているフェンダーモールも同じ役目。

これだけは知っておきたい ホイールの基礎知識

ここではホイールを購入する前に知っておきたい基礎的な知識を紹介。サイズの見方やホイールの専門用語などもあるので、事前に予習しておけば、ショップでのホイール選びが楽しくなるぞ!

ホイール各部の名称とカタログの読み方

ホイール選びをする場合、まずは雑誌やカタログ、インターネットなどで研究すると思うのだが、カタログを見ると左に示したような表記が出てくる。それぞれの数値がそのホイールの内容を表し、自分のクルマに装着できるかどうかまで教えてくれるのだ。まずはホイール各部の名称とその数値の読み方を理解して、ホイールへの理解を深めていこう。
ホイール各部の名称とカタログの読み方画像
①リム径▶ホイール単体の直径をインチで表す。1インチは2.54センチ。
②リム幅▶ホイールの横幅。数値が大きいと幅も広くなる(単位はインチ)。
③フランジ形状▶ホイールの縁の折り返し部分の形状。JとJJはその形状の違い。
④インセット(=オフセット)▶ホイールの中心線から取り付け面までの距離を表す。(単位はミリ)。
⑤ボルトの穴数▶ホイールを取り付けるためのボルトの穴数。C-HRは5穴。
⑥P.C.D▶ボルト穴の中心を結んでできた円の直径を表す。C-HRのP.C.Dは114.3。

インセット(=オフセット)について

インセットはホイールの取り付け面がリムの幅のどの位置にあるかを表す数値で、ここでは従来のオフセットをインセットに置き換えて表示。取り付け面がホイールの中心線から外側にあるものをプラス、内側にあるものをマイナスで表す。数値がマイナスになるほど装着面はリムの奥に入り込むので、リムも深くなり、いわゆるディープリムのホイールとなる。
インセット(=オフセット)について画像
▲インセット-(マイナス)
ディスクの取り付け面がホイールの中心線より内側にある状態で、ディスク面が奥に入るのでディープリムが可能になる。

▲インセット±0
ホイールの中心線とディスクの取り付け面が一致している状態が±0。つまりホイールの中心線がインセットの基準となるのだ。

インセット+(プラス)
ディスクの取り付け面がホイールの中心線より外側にある状態で、ディスク面がリムの外側に出てくるためリム幅は浅くなる。

ホイールの構造

ホイールには、溶かしたアルミを型に流し込んで成型する鋳造と、アルミの塊をプレスして成型する鍛造という製法の違いの他、その構造によって3タイプに分けることができる。ディスクとリムを一体成型したものが1ピース、リムとディスクの2つのパーツを組み合わせたものが2ピース、アウターリム、インナーリムとディスクという3つのパーツを組み合わせたものが3ピースと呼ばれる。それぞれに特徴があり、サイズバリエーションやデザイン、価格にも影響してくるので、そのあたりをしっかりとチェックしてベストなホイール選びをしよう。
ホイールの構造画像
▲1ピース
ディスクとリムを一体で成型しているホイール。一体式構造のためホイールに求められる剛性を確保しやすく、製造方法も容易なので価格も安く設定しやすいというメリットがある。その反面2ピースや3ピースのように自由にインセットを設定できない(一体式なので)ため、サイズバリエーションの面では不利な面も持つ。

▲2ピース
ディスクとリムを別々に製造したあと組み合わせる組み立て式ホイール。ディスクは鋳造、リムは鍛造というふうにパーツごとに製法を選べたり、ディスクのデザインの自由度が高いことや、ディスクとリムが別体なのでインセットを自由に設定できるというメリットがある。ディスクとリムの結合方法には、ボルト締めと溶接の2通りある。

▲3ピース
2ピースのリムをさらにアウターリム(外側)とインナーリム(内側)に分けて製造し、ディスクと組み合わせるホイール構造で、それぞれの個所に異なった素材や製法を採用できるため、デザイン的な自由度がもっとも高い。当然インセットも自由に設定できるため、ギリギリのセッティングをしたい人には最適のホイール。

インチアップ

インチアップとはタイヤの外径を変えずにホイールの径を大きくすることで、タイヤのサイドウォールが薄くなり、足元の迫力がアップするのだ。ただインチアップで気をつけたいのがタイヤのチョイス。タイヤの外径が変わるとスピードメーターに誤差が出たり、車検に通らなかったりするので要注意。インチアップする時は、データの豊富なショップで相談するのがベストだ。
インチアップ画像
①タイヤ幅▶タイヤの幅をミリ単位で表したもの。
②偏平率▶タイヤの断面幅に対するタイヤの高さの比率。この数値が小さくなればタイヤのサイドウォールは薄くなる。
③構造記号▶タイヤの構造を表す記号でRならラジアルということ。
④リム径▶このタイヤに合うホイールのリム径をインチで表記。
⑤荷重指数(ロードインデックス)▶1本のタイヤが耐えられる重さを表す数値。荷重指数が91の場合、タイヤ1本あたり615kgまでOKということ。
⑥速度記号▶タイヤが耐えられる最高速度を表す記号で、Hなら210km/hまで、Vなら240km/hまで、Wなら270km/hまでOKということ。

ホイールQ&A

Q.ホイール交換にかかる費用はどのくらい?

A.気になるホイール交換にかかる費用だが、雑誌の広告などでチェックすると、18インチのアルミホイールとタイヤのセット(4本)が約8万円程度から。でもそのままでは装着できず、ホイールは装着時にバランス取りなども必要だから、バランス取り1本1000円として4000円、装着は1本1000円として4000円、18インチなら約9万円程度の費用が必要になる。でもこれは最低限の話だから、ホイールもタイヤも好みの銘柄を選ぶとなると、価格はアップする。またサイズが大きくなるほど、ホイールもタイヤも価格は高くなるから、あらかじめ雑誌などで価格をチェックしておくことが大切だ。
ホイールQ&A画像1

Q.ホイールはどこで買うのがベスト?

A.ホイールを買う場合、大きく分けて次の3通りが考えられる。まず量販店。量販店の場合、豊富な在庫があるから、実際にデザインや色の感じを自分の目で見て確認できるのがウレシイ。ドレスアップに力を入れてるプロショップの場合は、量販店ほど在庫は多くないかもしれないが、プロショップならではの豊富な知識とノウハウを活かしたギリギリセッティングなども可能。価格の安さで選ぶなら、ネットや通販ショップが最有力。種類も豊富で、タイヤとセットの販売が多いのが魅力。ただし装着は自分でやる必要がある。といった具合にショップそれぞれにメリットやデメリットがあるので、自分なりに研究して、ベストな購入方法を選ぼう。
ホイールQ&A画像2

上げ系&オフ系で攻めるならこのタイヤ

C-HRは基本的にはオンロードメインのSUVとして開発されている。だが車高を上げてオフ系のスタイルにドレスアップしてみると、これがなかなかイケている。上げ系スタイルで必須のアイテムといえば、ゴツゴツしたパターンを持つオフ系のタイヤ。悪路走破性もモチロン重要だが、ドレスアップ的には見た目のゴツいパターンとホワイトレターが備わっていればOK。C-HRにオススメのオフ系タイヤを紹介しよう。

BF Goodrich オールテレーン T/A KO2

BF Goodrich オールテレーン T/A KO2画像
オンロード走行も前提に開発されたオフ系タイヤがオールテレーン(A/T)。独特のヘビーなパターンと張り出したショルダーデザイン、ホワイトレターがポイント。
■対応サイズ:LT215/65R16

MUD STAR ラジアルM/T

STAR ラジアルM/T画像
ぬかるみなどの悪路でも優れたトラクション性や耐久性を実現する独立したトレッドパターンとサイドウォールを搭載するマッドテレーン(M/T)。ホワイトレター仕様。
■対応サイズ:215/65R16C、215/60R17C

(スタイルRVより)

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :