トヨタ系スイッチパネルに! 最大4.8Aで急速充電できるウェッズのUSB増設ポート。車種別配線でカンタンDIYのやり方解説C-HR編!

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

使いやすい場所に大容量のUSBソケットを増設!

weds GEAR[ウェッズギア] デュアルUSBポート 4.8A


スマホやタブレットなど、車内で充電したいガジェットはたくさん。そんな場合、シガソケにUSBソケットを差し込んで活用するケースが多い。しかし、C‐HRの場合はシガソケの位置がセンターコンソールボックス内にあるため、いまいち使い勝手が悪いのが実情だ。

そんなときにオススメなのが、ウェッズギアから発売されている純正ブランクホールをUSBソケット化するアイテム。車種別に専用の配線がキットになっているほか、タブレットの充電もできる2・4Aの高出力仕様のポートを2つ備えた優れもの。LEDイルミを搭載し、USBの抜き差しもしやすいのも魅力なのだ。


パッケージにはUSBポート本体と3Aヒューズ付き配線、電源ブースターなど、C-HRに取り付けるために必要なアイテムが同梱されているぞ。

TOYOTA 全10車種対応
C-HRのほか、30プリウス、50プリウス、60ハリアー、20アル&ヴェル、30アル&ヴェル、200ハイエース、アクア、シエンタ、80ノア&ヴォクシー&エスクァイア各車の純正スイッチブランクカバーと交換可能

DIY START

1 純正の各パネルをはずす
目的は純正のブランクホールやシガーソケット裏にアクセスできるパネルをはずす……んだけど、そこに辿り着くには運転席側スカッフプレート→運転席側キックパネル→アンダーカバー→ステアリング横パネル→インパネ中央パネルとはずさなければならない。ほとんどは引っ張ればはずせる。


スカッフプレート

キックパネル

運転席下カバー

運転席下カバー(ビス)

ステアリング脇パネル

インパネ中央パネル

2 助手席前パネルをはずす

インパネ中央のパネルをはずすために、助手席側グローブボックス上のパネルをはずす。

3 コンソールパネルをはずす

シフトノブはブーツを引き下げてから抜く。

その後、コンソールパネルをはずす。

4 純正LEDユニットをはずす

ドリンクホルダー用イルミネーションごと、ドリンクホルダーを引っこ抜く。

5 シガーソケットの配線脱着

シガーソケットにつながるカプラーに、商品のカプラーを割り込ませる。

6 電源ブースターの接続

順番に電源ブースターを接続。つながるようにしかつながらないので安心。

7 純正カバーの取りはずし

先ほどはずしたインテリア中央のパネルからブランクカバーをはずす。

8 USBポートの設置

USBポートを取り付ける。この時、まだ配線はつながないでおくように。

9 電源ブースターの固定

電源ブースターをコンソール裏のスペースに両面テープで貼り付ける。

10 コネクターの接続

USBポートの配線を接続し、各パネルを元に戻していけば取り付け作業は完了!

Price & Spec

  • 価格:6480円
  • 適合:C-HR全車

(ドレナビ編集部)

(スタイルワゴンより)

スポンサードリンク

おすすめコンプリートカー情報

おすすめコンプリートカー情報

おすすめコンプリートカー情報

おすすめコンプリートカー情報

おすすめコンプリートカー情報