フジモンクルマ生活豆知識

エーモンが開催した「春のクルマいじり教室」にいってみた。前編 | フジモンのクルマ生活豆知識

  • 公開日時 :

前編です!

クルマいじりとりわけDIYのジャンルにおいては業界のパイオニア的存在のエーモンが春のクルマいじり教室を同社本社にて開催した。
クルマいじり教室とはどんな内容かを前編後編に分けてレポート!(前編)

クルマいじり教室とは?

エーモンが開催したクルマいじり教室とはLEDカスタマイズコース、クルマ快適コース、サウンドアップコースの3種類があり。参加費用はLEDカスタマイズコース、クルマ快適コースが5000円、サウンドアップコースが9000円で、同社の製品を使ってクルマいじりをおこなうというもの。
取り付けに関しては事前に各コースごとに講習会を設けノウハウを伝授してくれる。
講習会終了後に取り付け実践となり不明な点などはその場でスタッフがサポートしてくれる。
DIY初心者にはありがたいイベントだ。

家族も楽しめる催しもある

クルマいじり教室には工具メーカーKTCも出展

クルマいじりをおこなうユーザーに対して工具の正しい使い方などをブースで紹介、同社商品の販売もおこなっていた。
また、チャリティ販売としてエーモン社の廃番アイテムの販売や来場者も楽しめるビンゴ大会。
メロンパンや挽きたてコーヒーが楽しめるブースなども用意されており至れり尽くせりだった。

実際の参加者に聞いてみた! その1

クルマいじり教室・クルマ快適コース

まずは、クルマいじり教室のクルマ快適コースに参加したユーザーに聞いてみた。
岡山から参加のアコードハイブリッドのIさん。
以前にもエーモンが主催するイベントに参加したことがある。普段より静音に興味があり、自作でいろいろとおこなっていたところ、SNSサイトで告知されているのを見て応募し参加を決断したとのこと。当日は普段から自作しているということもあり手馴れた作業っぷりで、話を伺っているときにはメニューの作業は終了。プラスアルファの作業に入っていた。さりげないドレスアップをモットーとして日々手入れを欠かさないとのことで、見るだけで注がれた愛情が感じとれるクルマだった。

次回はクルマいじり教室レポート後編
後編では「クルマいじり教室」の、LEDカスタマイズコース、クルマ快適コースの参加者の声をまじえてレポート!

(後編に続く

[フジモン] (ドレナビ)

フジモン:藤本壮啓

フジモン:藤本壮啓(ふじもとたけあき)

学生時代よりバイク・車好きで自動車部品工場やガソリンスタンドでアルバイトし、その後カー用品メーカーに25年勤務後現在は独立し雑誌やWEBコラムで執筆活動をおこなう。
免許取得後は多くの車を乗り継ぎ現在の愛車は64エブリィワゴン、20万キロ走破が目標。
DIYでおこなうクルマいじりが得意分野で自身でもDIY-LIFEというネットショップも展開している。