フジモンクルマ生活豆知識

サイドのドアミラーをエアロミラーに変更。車検に通るのか? | フジモンのクルマ生活豆知識 84

スポンサードリンク

ドレナビLINEアカウントをフォロー
ドレナビLINEアカウント

ドレナビTOPへ


サイドのドアミラーをエアロミラーに変更。車検に通るのか?

どんな車にも装着されているサイドのドアミラー。
そのドアミラーをコンパクトにしたりスタイリッシュな形状に変更したものがエアロミラー。
エアロパーツ的な要素もあり人気なパーツではあるが、はたしてコレって車検の時には大丈夫?

純正ミラーとどうちがう?

スポーティでスタイリッシュなイメージに変更できるエアロミラー。
市販されているものも様々だが、純正との違いとしてあげられるのはミラーの大きさ。
もちろん純正がどのようなタイプなのか、また市販されているものの中からどのようなものを選択するかによって変わってくるのだが、基本的には純正サイズよりも小さくなるケースが多い。
空気抵抗を少なくするデザインや、風切音を低減させるようなデザインになっていることが多く、一般的には純正ミラーよりは小さくなることが多くなる。
大きさが小さくなる場合でも、後続車の確認などがしっかりおこなえるサイズで角度調整ができるものであれば、特に車検には影響しない。

電動、手動の変更も可能。

最近のクルマの場合、サイドのドアミラーの多くは電動格納で電動での調整が可能になっているモノが多い。
対してエアロミラーに変更した際に手動になってしまうといったケースも少なくない。
電動でおこなえていたものが手動になるのは少し不満が生じるところもあるが、こういった場合でも特に車検には影響はしない。
もちろん、軽トラなどの場合はこの逆も考えられる、エアロミラーとは違うが電動タイプでない車両に電動タイプのミラーを装着する、いわゆる流用装着をおこなっているユーザーも多い。

車検で問われるポイント。可倒式

ここまでの話だとエアロミラーでも車検はOKと考える人も多いと思うが、車検時に問われるポイントとして一番気をつけるべきは、可倒式かどうかである。
もちろん、サイズ的なものや見え方、角度調整にも注意は必要だが、市販品の多くはこのあたりで問題が生じるものは少ない。市販品の中で車検NGとなるケースが高いものが可倒式かどうか。
これは事故などで衝突した際にミラーが倒れるようになっているかどうか。
市販のものには可倒式でないものもあり、こういった場合は車検でNGの指摘を受ける可能性があるので、購入前に車検対応かどうかの確認をしておきたい。

[フジモン] (ドレナビ)

スポンサードリンク

フジモン:藤本壮啓

フジモン:藤本壮啓(ふじもとたけあき)

学生時代よりバイク・車好きで自動車部品工場やガソリンスタンドでアルバイトし、その後カー用品メーカーに25年勤務後現在は独立し雑誌やWEBコラムで執筆活動をおこなう。
免許取得後は多くの車を乗り継ぎ現在の愛車は64エブリィワゴン、20万キロ走破が目標。
DIYでおこなうクルマいじりが得意分野で自身でもDIY-LIFEというネットショップも展開している。

サイト内検索

お気に入りの車種

人気車種から探す

もっと見る