ROJAM後期ハリアー、スポーティを磨く新意匠で登場! ダズル迷彩のドアプロテクターにも注目!

スポンサードリンク

ドレナビLINEアカウントをフォロー
ドレナビLINEアカウント

ドレナビTOPへ
ハリアー(60系)記事一覧へ


スポーティを磨く新意匠!

iRt HARRIER

メイン画像

対応 60系・後期

ハリアーを語るうえで絶対にはずせないブランド、ロジャムから発売の後期エアロは、前期用のデザインを意識しつつも、後期専用に各部をブラッシュアップさせた新デザインエアロだ。スタイリングを司る前後、サイドのベースエアロは彫り深い3D系で、前後スポイラーではLEDの有無を購入時に選択できる。とくに注目はリアスポで、縦フィンや9つの真円フォグをおごるなど、ひとめで後期用と判る新しいデザインを提案している。純正の機能性維持を至上命題とし、グリル内にあるミリ波レーダーも移植できる交換グリルを用意。理想的な排気効率とスポーティさを両立した、新色チタンの4本出しマフラーもありと、機能美のとれたニューフェイスとなっている。

メイン画像2

サブ画像2

シャープなリップやダクトのほか、左右にLEDを盛り込み差別化を図ったフロント。LEDなしの場合、該当部分をメッシュダクトとして利用できる。

サブ画像3

顔付きをガラッと変えるフロントグリルは、純正のミリ波レーダーユニットを移植できる機能派となっている。デモカーのような塗り分けがオススメ。

サブ画像7

ドアノブ奥の傷防止にも使えるハンドルプロテクターは、「ダズル迷彩」と呼ぶ特殊なカモフラ柄が特徴。

サブ画像4

前後スポイラー同様、彫りの深さが際立つサイドステップは、純正交換型。フロントからリアにかけてしなるような、躍動感の高いデザインとした。

サブ画像1

縦フィンやセンターフォグなど、視線を集める特徴を持たせたリアは、前期にも装着可能。リフレクターは流用。純正の下半身分との交換型となる。

サブ画像6

リアスポの真円LEDは、エアロ購入時に有無を選択可。なしの場合は、逆台形のダクトとして楽しめる。

サブ画像5

マフラーは新色のチタンブルー。2.0Lターボ用からの発売で、ハイブリッド用も予定しているとのこと。

サブ画像8

ホイールにも力を入れるロジャム最新作は、極限まで細く長くしたワンピースのアビー。18〜22インチもあり。

PRICE LIST
フロントリップスポイラー (LED Ver)6万4000円、(LEDレス Ver)4万7000円
リアリップスポイラー Ver.3 (LED Ver)6万9000円、(LEDレス Ver)4万9000円
上記2点セット (LED Verセット)12万9000円
(LEDレス Verセット)9万2000円
ROJAM IRT GENIK サイドステップ 6万4000円
ドアハンドルプロテクター(2枚セット) 1500円
フロントグリル 5万5000円
※PCS/DRCC対応、フロントカメラ装着車対応
マフラー/DTM エキゾーストシステム(STDステンレスモデル/テールエンド:チタンブルータイプ) 12万5000円
※2.0L 2WDターボ車用
※2010新基準適合、車検対応品(現在申請待機中)
ホイール/ロジャム・アビー(24×9.0+30)
タイヤ/ニットー・インヴォ(255/30-24)

プレミアムな“ジェニック” FOR SALE

プレミアムな“ジェニック”

旗艦ラインとなる、前期型に用意される「IRTジェニック」。東京オートサロン2017にも出展されたラッピングメイク仕様のデモカーを売却検討中。興味のある方はロジャムまでお問い合わせを。

(スタイルワゴンより)

スポンサードリンク

記事の車種

サイト内検索

お気に入りの車種

人気車種から探す

もっと見る