ガッと上がった約100ミリアップの4インチUP仕様!|軽トラLIFT-UP STYLE 但東自動車 Part3

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

4インチUP仕様[約100ミリアップ]


ベース車はS510Pハイゼットトラック

  • タイヤも含め約15cmUP
  • フロントは車高調に換装
  • 構造変更が必要
  • 参考コストは35万円〜

圧倒的な走破性能と迫力のフォルムを実現


2インチアップも純正に比べるとかなりインパクトがあるが、それでも4インチアップにはかなわない。タイヤによっては15センチ以上も車高が上がるため、近くで見るともはや軽トラとは思えない迫力だ。
また林道や雪道といった悪路でも抜群の走破性能を発揮。仕事でそうしたところをよく走るという人は4インチアップがいいだろう。しかし、リスクもそれなりに大きくなり、悪路以外での走行性能や燃費、車体に掛かる負担は、2インチアップよりも確実に大きくなることはお忘れなく。
もちろん、キット内容はそれを見越した内容。フロントはスペーサーではなくフルタップ式車高調を採用しているし、各ブロックの剛性・耐久性も2インチアップ用よりさらに強化。プロペラシャフトの角度や長さ補正も抜かりないので、過度な心配は不要。基本的には安心して乗れる。


タイヤはマキシス・ブラボーの185R14。ハイゼットはタイヤハウスが広めなので、195/75R14も入らなくもないが、実用性なら185がベターだろう。

装着アイテム

S500系4インチリフトアップキット 23万円(税別)

フロントはロングストローク仕様のフルタップ式車高調、リアはブロックでリフトアップ。エンジンはもちろん、ラジエターやエアクリもブラケットで位置を変更している。プロペラシャフトはミッションハンガーで角度を補正&10ミリスペーサーで延長。

フロント車高調&ブロック

リアブロック&U字ボルト

エンジンメンバーブロック

ミッションハンガー

プロペラシャフトスペーサー

【アゲ軽 CUSTOM GUIDE 2018】   〜KCAR SPECIALドレスアップガイド Vol.20〜

(スタイルRVより)

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :