ゴツ溝チェック! アゲ軽タイヤに似合うブロックタイヤラインアップ!! もっと車高を上げたいならタイヤ選びにもこだわろう

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

アゲ軽に似合うブロックタイヤラインナップ

YOKOHAMA ジオランダーA/T G015


ラグ溝の面積比率を高めた新開発のパターンが、高いトラクション性能を発揮。オンロードでの静粛性も向上し、街乗り派にも最適な1本。

  • 165/60R15(外径579mm)

BRIDESTONE 604V RD-604 STEEL


ブリヂストンが販売する、軽トラ&バンに対応した舗装路&非舗装路兼用モデル。サマー性能に加え、浅雪での性能にも配慮している。

  • 145R12-6PR(外径541mm)
  • 155R12-6PR(外径553mm)
  • 145R13-6PR(外径566mm)
  • 165R14-6PR(外径626mm)

TOYO オープンカントリーR/T


トラクション性に優れたマッドテレーンと、オンとオフのバランスをキープするオールテレーン。両者の良さを融合したパターンを採用。

  • 145/80R12(外径537mm)
  • 165/60R15(外径579mm)

DUNLOP グラントレックTG4


オフロードだけでなく、オンロードでの走りも追求したグラントレックTG4。軽トラ&バンの純正ホイールにジャストなサイズも用意。

  • 145R12-6PR(外径547mm)
  • 155R12-6PR(外径562mm)
  • 145R13-6PR(外径572mm)
  • 165R14-6PR(外径626mm)

NANKANG ロールネックスFT-9


悪路での操縦性能を考慮したパターンを採用。トラクションの向上や泥道での走行性能、砂利排出性能などに優れた人気のモデル。

  • 165/65R14(外径570mm)
  • 165/60R15(外径580mm)

MAXXIS MT-754バックショットマッダー


様々な天候でも最高のコントロール性を保持する、特殊トレッドコンパウンドを内蔵。高強度タイヤ構造性能により、耐久性もバッチリ。

  • 195R14-8PR(外径661mm)

MAXXIS MT-753ブラボー


センターに頑強なブロック帯、ショルダー部に強力なラグブロックを配したパターンが、優れたトラクション性能とグリップ力を生む。

  • 185R14-8PR(外径645mm)
  • 195R14-8PR(外径663mm)

MAXXIS MT-764 ビッグホーン


新開発の3Dトレッドブロックを採用した見るからにたくましそうなパターンは、滑りやすいウェット路面をつかむようにグリップする。

  • 195R14-8PR(外径666mm)

[アゲ軽対応車種純正タイヤサイズ]

車種 純正サイズ 外径
MR31Sハスラー 165/60R15 579mm
DA17Wエブリイワゴン 165/60R14 553mm
DA17Vエブリイバン 145/80R12 536mm
DA64Wエブリイワゴン 165/60R14 553mm
DA64Vエブリイワゴン 145R12-6PR 542mm
S321アトレーワゴン 165/65R13 544mm
S321ハイゼットカーゴ 145R12-6PR 542mm
DA16Tキャリイ 145R12-6PR 542mm
DA63Tキャリイ 145R12-6PR 542mm
S500Pハイゼットトラック 145R12-6PR 542mm
S200Pハイゼットトラック 145R12-6PR 542mm

純正バンパー加工について

ハスラー

ハスラーの場合、純正15インチホイールに対応したブロックタイヤが出回っているのがメリット。それに交換すればもちろんノーマル車高でも問題ないし、軽いリフトアップにも対応する。ただ、タイヤの外径を大幅に変えた場合は4インチくらい上げないと、バンパーに干渉するリスクが高くなる。

軽バン

例えばエブリイの場合はちょいアゲ程度であれば13・14インチがベスト。インナーに干渉するなど支障が出ることはない。ただ15インチだとハンドルを切った時にバンパーに当たるので、カットして対応しよう。他のクルマに関しても、加工なしで安心して乗りたいのなら13インチ程度がオススメ。

軽トラ

軽トラに関しても同じことが言える。さり気ないリフトアップならバンパーを加工する必要なく13・14インチを装着できるが、15インチはちょっと厳しい。特にホイールベースが長く、タイヤの位置が前方にある52・63キャリイは、タイヤの外径やリフトアップ量に応じてバンパーカットが必須に。


4インチアップした足まわりに、195R14のマキシスビッグホーンを履かせたカーハウスアスリートのエブリイ。やはりバンパーをカット加工した。

インチアップするとタイヤの外径も変わる

足まわりを社外のキットに交換してリフトアップするのが定番だが、さらにタイヤの外径を変えてあと10mm〜15mm上げることも可能。

下で外径の違いを比較しているが、30mmの差は非常に大きい。
例えばリフトアップサスで30mm上げ、さらにインチアップで外径を30mm大きくすること(外径は30mm大きくなるが、実際に車高が上がるのはその半分の15mmになる)で、合計45mmのアップ量が手に入るというわけだ。
燃費や街中での乗りやすさを重視して、純正のタイヤサイズにこだわりを持っている人もいるかもしれない。しかしもっと上げ幅が欲しいのであれば、タイヤの外径でさらに車高を上げるというやり方をオススメしたい。また同じサイズでも、メーカーによって外径が微妙に違うのでその点にも注意したい。


左は純正に使われる145R12、外径は542mm。
一方、右は13インチで、外径572mm。
572mm−542mm=30mm。車高は15mm上がるという計算に。

【アゲ軽 CUSTOM GUIDE 2018】   〜KCAR SPECIALドレスアップガイド Vol.20〜

(スタイルRVより)

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

アクセスランキング

  1. 今日はレクサスLMの発売日!! 日本じゃないけどね……日本円で1865万円からですってさ!
    2020年02月24日
    今日はレクサスLMの発売日!! 日本じゃないけどね……日本円で1865万円からですってさ!
  2. 今日はレクサスLMの発売日!! 日本じゃないけどね……日本円で1865万円からですってさ!
  3. 今年絶対流行る「オーバーランダー」スタイルはレクサスも注目! しかもホイールはJPNブランドのレイズ・デイトナでした!
    2020年02月23日
    今年絶対流行る「オーバーランダー」スタイルはレクサスも注目! しかもホイールはJPNブランドのレイズ・デイトナでした!
  4. 今年絶対流行る「オーバーランダー」スタイルはレクサスも注目! しかもホイールはJPNブランドのレイズ・デイトナでした!
  5. ミニバンなのに2ドアなの!?  しかもアルファードじゃなくてヴェルファイアなの!! ハイクオリティな超絶ボディカスタム
    2020年02月22日
    ミニバンなのに2ドアなの!?  しかもアルファードじゃなくてヴェルファイアなの!! ハイクオリティな超絶ボディカスタム
  6. ミニバンなのに2ドアなの!?  しかもアルファードじゃなくてヴェルファイアなの!! ハイクオリティな超絶ボディカスタム
  7. ホントにいけるの!? そう、ホントにいけました! 都会的なマツダのSUV群でゴリゴリのオフロードを走ってみた!
    2020年02月23日
    ホントにいけるの!? そう、ホントにいけました! 都会的なマツダのSUV群でゴリゴリのオフロードを走ってみた!
  8. ホントにいけるの!? そう、ホントにいけました! 都会的なマツダのSUV群でゴリゴリのオフロードを走ってみた!
  9. エアロだって「センサー系」対応! ラインアップ勢揃い! フローティング仕様も|30アルヴェル エアロ カスタム
    2020年02月23日
    エアロだって「センサー系」対応! ラインアップ勢揃い! フローティング仕様も|30アルヴェル エアロ カスタム
  10. エアロだって「センサー系」対応! ラインアップ勢揃い! フローティング仕様も|30アルヴェル エアロ カスタム
  1. 全国展開の専門店フジ・コーポレーションがイチオシするオールシーズンタイヤ5選|今年の冬は全天候型タイヤで乗り切る
    [PR]
    全国展開の専門店フジ・コーポレーションがイチオシするオールシーズンタイヤ5選|今年の冬は全天候型タイヤで乗り切る
  2. 全国展開の専門店フジ・コーポレーションがイチオシするオールシーズンタイヤ5選|今年の冬は全天候型タイヤで乗り切る
もっと見る