スプリングもダンパーもロングラン保証! テインの車高調はトヨタAVS用も開発中!


世界基準の品質と快適な乗り味を体感

TEIN

メイン画像

本格的な車高調キットを使わなくても走りは十分に楽しめる。そんな基本的なことを再確認させられたアイテム。要はクルマの使い方がポイント。ストリートで普通に使うのなら純正形状で十分。それで物足りなくなったらステップアップしても遅くない。

大好評の純正形状ショックアブソーバとローダウンスプリングをセット化

補修交換用にも使える信頼できるアイテム

サスンションを知り尽くしたテインならではのこだわりを、タップリと注ぎ込んで生まれた今年の新作は「エンデュラプロプラスSPキット」と「フォーバイフォーダンパースポーツ」、それに「フレックスAVS」の3種類。その中でも特にスタイルワゴンが注目するのが「エンデュラプロプラスSPキット」だ。

この製品はカスタマイズをより手軽に楽しめるように、補修交換用としても使える純正形状ショックアブソーバーと、ローダウンスプリングを組み合わせたキット。

補修交換用といっても、テインが開発したダンパーなので性能アップについても抜かりはない。純正よりシェルケースとピストンロッドを太くし、オイル量の増加や剛性の引き上げを図る。こうして減衰力の安定化や耐久性の向上を実現させた。

そして見逃せないのがハイドロ・バンプ・ストッパー(H・B・S・)の搭載だ。通常のダンパーは底付きによる破損防止のためにバンプラバーがセットされている。しかし、実際にバンプラバーに干渉するまでダンパーが縮んでしまうと、クルマの挙動が乱れるほど衝撃が大きい。そんな時にH・B・S・をセットしていれば、衝撃をダンパー内部で熱エネルギーに変換できるので、挙動の変化をしなやかに収めることができる。

まずはヴェルファイアで試す。乗り心地の良さを犠牲にせずに、手応えのある安定感が手に入った。無駄な動きが減って、車格から考えるととても機敏に感じる。街中をごく普通に走っていてもコーナーを素直に曲がっていくのでとっても楽しい。

高速道路でもその特性は変わらない。とにかく車線変更が楽に行える。大きな車体が軽やかに移動していくのだ。路面の継ぎ目を通過しても小気味良く収束する。いつまでも動きが残ってフワフワしたりはしない。クルマ酔いが軽減できそうなフィーリングだ。

次にフィットも試してみた。こちらは走行中に自動で減衰力の調整を行う「EDFCアクティブプロ」も活用する。走り出すとすぐにダンパー付近からポンポンという作動音が聞こえてくる。路面の変化に絶え間なく対応しているのだ。コーナーではしっかりと左右の減衰力を変えている。スポーツテイストあふれる乗り心地で、テンポよくノーズが行きたい方向に向いていく。街中メインで使うのなら車高調はいらない!?

と感じるほど動きに覇気がでた。特筆すべきは後席の乗り心地だ。オフの状態でのキツい突き上げがオンにした途端に解消。この差はデカい。

テインとしてはエントリーモデルの位置付けだが、決して侮れないポテンシャルだ。

メイン画像2

メイン画像3

EnduraPro PLUS SP KIT エンデュラプロ プラス エスピーキット

エンデュラプロ

純正ダンパーと同じ形状のロアスプリングシートを備え、ローダウンスプリングも純正形状。そして純正アッパーマウントに対応するなど補修用の要素を全て持ち合わせていて、性能はワンランクアップ。減衰力は前後共16段調整式。一部の車種以外はEDFCシリーズにも対応する。よりリーズナブルな減衰力固定式もある。

□ラインアップ予定車種(2018 年春から順次発売):ヴェルファイア/アルファード(ANH20 /AGH30)、ヴィッツ(SCP90)、エスティマ(ACR50)、プリウス(ZVW30)、ティーダ(C11)、アテンザスポーツ(GG3S/GH5FS)、アテンザスポーツワゴン(GH5FW/GH5AW)、フィット(GE8/GK3/GK5)、フィットハイブリッド(GP5)、フォレスター(SH5)、スイフト(ZC21S)など
□価格:5万円〜7万9000円(予価)
□保証:3年&6 万キロ
□減衰力調整機能:16段階

For ヴェルファイア(MC前)

FRONT

FRONT

16段階で伸びと縮み側の減衰力を同時に調整する。特殊形状のニードルバルブを使ってリニアに変化させている。

ロングラン保証

FRONT2

スプリングとダンパーを含めて、購入してから3年間、あるいは装着してから60,000kmの範囲内で、テインの保証規定に基づき無償で修理または交換してくれる信頼の対応だ。

シールド構造

FRONT3

従来の分解式構造に対して早く安定した生産が可能になり、大幅なコストダウンと同時に、品質をハイレベルで維持できるようになった。こうして信頼性が大きくアップする。

REAR

REAR

ダンパーの形状によっては調整機構がシャフトに設定できない場合もある。そんな時はダンパー本体にセットする。

純正形状スプリング

REAR2

スプリングは樽型の純正形状を使っている。純正同等の粘りのあるマイルドな特性をキープしつつ、スプリングレートを上げて安定性の向上を図る。車高は約30ミリ下がる設定。

複筒式構造

REAR3

構造上ストローク量が確保しやすく、封入ガスの反発力やフリクションが少ないため、路面の変化に柔軟に対応できる。乗り心地の良さを重視するストリート用としては最適だ。

Impression Demo Car

ヴェルファイア(AGH30/前期)

ヴェルファイア(AGH30/前期)

ヴェルファイア(AGH30/前期)2

純正から2インチアップした20インチホイールをセット。前後共に車高は約30ミリローダウンさせている。純正のスプリングレートはフロントで2.8kgf/mm、リアが5.6kgf/mm。多乗車時や荷物満載の時に減衰力の調整機構が威力を発揮する。

ヴェルファイア(AGH30/前期)3

フィットハイブリッド(GP5)

フィットハイブリッド(GP5)

フィットハイブリッド(GP5)2

タイヤとホイールは純正と同じサイズだ。車高はフロント約30ミリ、リア約35ミリのローダウンを行う。純正のスプリングレートはフロントで1.8kgf/mm、リアが2.1kgf/mm。コンパクトなボディサイズに合ったクイックな乗り味を実現させた。

フィットハイブリッド(GP5)3

車内で減衰調整できる“EDFCシリーズ” 対応

せっかくの減衰力の調整機能はフルに活用したい。しかし調整が面倒だからイジッたことがないユーザーも少なくない。そこで注目したいのがEDFCシリーズだ。室内からの簡単な操作で瞬時に減衰力が変更できてしまう、なんとも便利なアイテムだ。さらに自動調整機能を搭載したタイプまであり、サスペンションの能力がフルに引き出せる。

EDFCシリーズ

EDFCシリーズ2

クルマのスピードをチェックするために必要になるGPSキット。車両の車速信号よりも正確だ。

EDFCシリーズ3

モーターキットは車種やダンパーの形状によって適合するタイプが数種類あるので注意が必要だ。

EDFC ACTIVE

EDFCシリーズ4

マニュアル調整の他に、加速と減速、それに車速によって前後のダンパーを独立して制御する自動調整機能も使える。内蔵されたGセンサー以外に車速を得るためのGPSキットが必要になる。

□コントローラーキット 3万2000円
□モーターキット 1万5500円

EDFC ACTIVE PRO

EDFCシリーズ5

EDFCアクティブのハイスペックバージョン。こちらは前後左右の4つのダンパーを完全に独立してコントロールすることが可能だ。オート以外では成し得ない異次元フィールが体感できる。

□コントローラーキット 5万2000円
□モーターキット 1万5500円

EDFC Ⅱ

EDFCシリーズ6

機能を厳選したベーシックタイプ。オートモードには対応していないが、そのぶん、操作がシンプルで扱いやすい。3種類のメモリーが可能になる。理想の減衰力を見つけるにも非常に便利。

□コントローラーキット 1万9000円
□モーターキット 1万5500円

車高調キットも同時発売

4×4 DAMPER SPORT フォーバイフォー ダンパー スポーツ

4×4 DAMPER SPORT

クロスカントリー4WD 専用に開発された車高調整キット。純正の車高から1インチアップさせることでロードクリアランスを確保してストリートから、オフロードまで幅広く対応。クロスカントリーならではの魅力を余すことなく引き出させるアイテムだ。

□ラインアップ予定車種(2018 年春から順次発売):エクストレイル(T31/T32)、デリカD:5(CV5)、XV(GT7)、インプレッサ XV(GP7)、フォレスター(SJG)、ジムニー(JB23W)など
□価格:8万9000円〜10万4000円(予価)
□保証:3年&6万キロ
□減衰力調整機能:16段階

FLEX AVS フレックス エーブイエス

FLEX AVS フレックス エーブイエス

レクサスやトヨタのクルマに採用しているAVSを活かしたまま、ローダウンを可能にした全長調整式の車高調整キット。AVSを最大限に活用させるために専用の減衰力調整機構を採用。AVSのアクチュエーターの作動角を考えて開発している。

□ラインアップ予定車種(2018年春から順次発売):マークX(GRX120/121)など
□価格:18万円〜18万5000円(予価)
□保証:3年&6万キロ
□減衰力調整機能:ー

スポンサードリンク

記事情報

更新日時 :

サイト内検索