ハロゲンならLEDにカンタンに入れ替えできる! イエローバルブも選択可(年式によります)!|アクト フォーカス

スポンサードリンク

ドレナビLINEアカウントをフォロー
ドレナビLINEアカウント

ドレナビTOPへ


フォーカス LEDヘッドランプ&フォグランプバルブ

LS-LINE エルエスライン

メイン画像

■価格:1万6000円〜2万2000円
■カラー:6000K & 3000K

ここ最近多くの純正車に採用され始めたLEDヘッドライト。「いやいや、自分のクルマはまだハロゲンライトだよ」という人にこそオススメしたいのが、このLSラインのフォーカスLEDヘッドランプ&フォグランプバルブだ。

純正バルブと取り替えてカプラーを繋げるだけで、なんとヘッドライトの光が最新のLED光へと変貌を遂げる。鮮烈な白色光は実用性に十分なだけでなく、ファッション性も抜群。例えばポジションランプをLEDに変えているなら、統一感のある白色の光を楽しむことができる。また、フィルターを装着することで3000Kのイエロー光にも変更可能(H18年1月以降生産の車両は不可)となっている。もちろんフォグランプにも使えるのでぜひ揃えて欲しい。

ヘッドライトもフォグランプもLEDで鮮烈な白色に変える

Before

Before

ハロゲンバルブをLEDバルブに変更

ハロゲンバルブをLEDバルブに変更

ラインアップはヘッドライトやフォグランプに使われているハロゲンバルブ用の型式がメイン。アンバーがかったライトの光が大変身。

サブ画像1

サブ画像2

光源となるLED。H4 Hi/Lo切り替え式は50W、シングルタイプの場合は30W。前方を照らすのに十分な明るさを確保している。

サブ画像3

バルブ後方のヒートシンクが非常にコンパクトに設計されているのも特徴。車両に取り付ける際も干渉のリスクが小さくて済む。

サブ画像4

抵抗値の関係でハイビームにしたときにインジケーターが点灯しない場合に、点灯するようにするオプション(3000円/別売)。200系ハイエースなど、一部車種で必要。

フィルターの有無でホワイトとイエローを選択

フィルターの有無でホワイトとイエローを選択

発光色は白色(6000K)が基本。しかし、バルブにカバーをかけることでイエロー光(3000K)にも変更可能。2WAYで光の色を楽しめる。

バルブの取り付け手順は超簡単

純正バルブの取り外し

純正バルブの取り外し

1 まずは純正バルブ裏から伸びたカプラーを抜く。これは引き抜くだけでOK。さらに、防水用のゴムキャップも外しておく。

純正バルブの取り外し2

2 ハロゲンバルブを固定している針金を外す。一度押し込むようにしてから動かすとロックが外れる。見えない位置なので慎重に。

純正バルブの取り外し3

3 最後に純正バルブを引き抜く。針金が外れていれば簡単に引き抜けるはず。ちなみに、この純正バルブは保管しておくと良い。

LEDバルブの取り付け

LEDバルブの取り付け

4 LEDバルブの台座部分を分解。バルブ本体にゴムキャップを被せておく。この時点では、まだ台座は一体化させないように。

LEDバルブの取り付け2

5 4で外した台座だけを、先にヘッドライトのユニットに取り付ける。これは2の外した針金を逆の要領で動かし固定しよう。

LEDバルブの取り付け3

6 バルブを傷つけないように差し込みつつ、台座と一体化。そのままゴムキャップも押し込もう。あとはカプラーを繋ぐだけでOK。

(スタイルワゴン 2018年2月号)

(スタイルワゴンより)

スポンサードリンク

サイト内検索

お気に入りの車種

人気車種から探す

もっと見る