オリジナルチューンを駆使したバランス重視の走り East Cloud | レヴォーグ・イッキ乗り!

  • 公開日時 :

速さ/快適性/スタイリング をチェック!


数少なくなったツーリングワゴンで高い人気を誇るスバル・レヴォーグ。走りの良さにも定評があるが、今回箱根のワインディングロードにショップデモ車を集めて、その魅力とパフォーマンスを探ってみた。

East Cloud [イーストクラウド]


アフターパーツメーカーとコラボといった、これまでの知見を活かした多彩なアイテムを用意するなど、スバル車カスタムに力を入れる有名量販店が手掛けたレヴォーグ。デモ車は2.0GT-SベースにオリジナルECUや吸排気チューンにより達成した、驚異の368psのモンスターマシン。足やブレーキとのバランスも絶好と、テスターも絶賛しきり。


エンジン振動でホースに負荷がかからぬよう、取り付け部を可動式としたオイルクーラー。サイドタンクの大容量モデル。


CVTクーラーは、幅広いステージでの利用を想定し、ワインディング〜街乗りまで対応。オーバークールにも配慮している。


デルタボックスと呼ぶECUは、1.6L/2.0Lともに設定。例えば前者は、リミッターカットやクルコン域の上限を変更できる。


マニア必見のドレスアップメニューが、このシンクロエンブレム。純正で装備されないグレード名等をオリジナルで製作。


虹色チタンがドレッシーな4本マフラーは、HKSベースのオリジナル。特製チャンバーによる、低いこもり音もポイント。


エンケイの軽量&高剛性なMAT系ワンピのほか、エンドレスの6ポットを装備。リアキャリパーは現在製作中とのことだ。


368ps達成に大貢献するJPターボ製のタービンは、2.0L専用。ECUチューンとのセットにして、東雲で販売している。


デモカーはECUチューンやタービンだけでなく、吸排気系からクーリング系までと、ワイドレンジにバランス良く強化を施す。

SPECIFICATION

  • ホイール:エンケイ PFM1(18inch)
  • タイヤ:ヨコハマ・アドバン ネオバ(235/40R18)
  • 足まわり:車高調/イーストクラウド
  • ブレーキ:キャリパー&ローター&パッド
  • ECU:デルタボックス
  • インテーク:AEM コールドエアインテーク
  • エキゾースト:4テールエキゾースト
  • タービン:JPターボ タービンキット
  • クーリング:エンジンオイルクーラー&CVTクーラー

(ハイパーレブ vol.227 スバル・レヴォーグ No.3)