今年はパーツも、クルマも買えるらしい! バンコク・オートサロン、スーパーGTタイ戦翌週の7月4~8日に開催!

  • 公開日時 :

バンコク・オートサロン、今年はスーパーGTタイ戦翌週の7月4~8日に開催

 6月12日(火)、タイ・バンコクのインパクト・チャレンジャーホールにて、2018年バンコク・インターナショナル・オートサロン(BIAS)の発表会が実施された。
 初開催の2012年から数え、6回目の実施(2014年はタイの政変により中止)となる今年は、7月4日(水)~8日(日)の5日間での開催。
会場は今回の発表会が行われたインパクト・チャレンジャーホールのホール2となる。

今年は販売も! なんと自動車も購入できるらしい!

 大きな話題としては、これまでの見せるショーから一部方向性を変更し、クルマそのものやパーツの現地販売も実施することとなった点が挙げられる。

 BIAS組織委員会の委員長を務めるウィラック・ロートン氏は「世界的に有名な東京オートサロンの雰囲気を提供する魅力的なカスタムカーの展示だけではなく、パーツやアクセサリーの販売によって、ショーをよりエキサイティングなものとします。
もちろんただ販売するだけではなく、出展者の協力によってセールスキャンペーンを行いお客さんにとってもメリットのある内容とする予定です」とコメント。

さらにキャンペーンでもう一台クルマが当たるかも!

 BIASでは例年、自動車メーカーとバイクメーカー複数社のブースも並んでいるが、自動車自体の販売も今年から行われるという。

「自動車を販売するためのプロモーションも積極的に行います。日本のオートサロンへの招待や、クーポンの提供などに加え、クルマを購入した人にスズキ・スウィフトBIASエディションが当たるキャンペーンも実施します」と、自動車を購入した人にもう1台自動車が当選するという日本ではびっくりするような賞典も用意されるということだ。

 毎年用意される円形ステージでは“恒例の”セクシーカーウォッシュが行われるなど、日本のオートサロンとは明らかに異なる一面も見せるタイ・バンコクでのオートサロン。
今年はスーパーGT第4戦タイラウンドの翌週の開催となるので、GT観戦に訪れたファンもタイでの滞在をちょっとだけ延長し、ぜひ一度、異国でのオートサロンも体感してみてほしい。
昨年の会場の様子はユーチューブ(https://youtu.be/B5O9OUIShvs)で確認できるほか、英語主体となるが(一部タイ語)、公式サイト(www.bangkokinternationalautosalon.com)でも積極的に情報を発信している。

展示されるクルマの多くが日本車!

自動車メーカーからディーラー、パーツメーカーからチューニングショップまでの幅広い出展は東京オートサロンと同様。会場では車好きはもちろん、カップルや親子連れの姿も多く見受けられる。

一部ではドイツ車なども展示されるが、タイではトヨタやホンダなどのメーカーが工場を所有していることもあり、出展車の大半は日本のクルマに。バンコク市内でも「ここは東京?」と思えるほど日本車が走り回る。

バンコク・オートサロンならではのセクシーカーウォッシュ。
このほかDJショーや日光江戸村の「忍者ショー」が行われるなど、ステージでのコンテンツは東京オートサロンと一線を画す内容が盛り込まれる。

バンコク・オートサロンのイメージガール、A-class。事前PRから大忙しで、会期中も会場の練り歩きに加え、カーウォッシュに参加するなど朝から夜まで大活躍する。

記事情報

  • 公開日時 :

関連パーツ