クルマ1 台、丸ごとプラン!|ALPINE STYLEトヨタ・プリウス50系

  • 公開日時 :

大画面ナビを筆頭としたAV機器の絶対ブランドの名を冠したアルパインスタイルは、得意分野の垣根を越え、なんとエアロからホイール、そしてシートカバーなどの内装系までをオリジナルで手掛けるトータルプロデュースプラン。スポーティ、スパルタンなど、“S”をテーマにデザインしたエアロは、発売以来好評で、ダクトやフィンなど、トレンドを意識した姿はじつ
にスタイリッシュ。50用では高い精度を維持できるABSで生産と、品質面でも違いを持たせている。購入は認定店1号となる、福岡県にあるニューズカーズにて。希望パーツの単品販売のほか、車両込みのコンプリート購入も可能という、これまでにない試みの1台だ。

フロントハーフ

存在感と一体感を重視しつつ、エッジの効いたスポーツ路線に振ったフロント。塗装済みエアロは、赤の差し色含む3色塗分けとなる。

サイドステップ

前後エアロとのボディラインを整えるだけでなく、個の存在を主張すべく、アクセントとなる凹凸を効かせるなど、ひと工夫したサイド。

リアハーフ

縦フィンやダクトなど、チューンドカー的な表現力でイメージを一新するハーフ。4本マフラー用と、純正マフラー用の2種類を用意。

左右4本出しマフラー

見た目、サウンドにこだわりチューニングしたマフラーは、アグレッシブな4本出し。テールエンドはステンレスとチタンコートがあり。

インテリアもアルパインスタイル!

ステアリング

シートカバー

フロアマット

ある意味オーナーがもっとも目にし、触れる場所であるインテリアも攻略可能。仕様の違いで複数から選べるガングリップステアリングを筆頭に、青、赤、黒のパイピング、トリムを選べるシートカバーとフロアマットを、それぞれ専用でラインアップ中だ。

 

アルパインといえば、やはりコレ

アルパインといえば、やはりコレもナビやモニターも忘れるべからず!!

画面の大きさだけでなく、車種専用という選択肢もスタンダードなモノとした「ビッグX」ナビは、使いやすさ、見やすさ抜群の9型。オープニン
グ画面など、専用チューニングも施されている。一方、ヘッドレストに固定して使う、後席へのおもてなしモニター「リアビジョン」も9型を用意。
2台接続すれば、左右で独自のソースを楽しむこともOK! 死角を減らす、サブカメラなど、実用アイテムもお見逃しなく! 詳しい仕様はウェブにて。

Bb.09X アルパインスタイルエディション

「ヴァルケン」の人気モデルをベースに、限定だけのロゴを刻んだオリジナルモデル。ロゴが浮かび上がる、特殊構造の2ピースキャップも特徴。安全と信頼のメイドインジャパン。

SPECIFICATION
AERO PARTS
❶フロントハーフスポイラー
4万7000円/ 6万2000円
❷サイドステップ 6万5000円/ 8万8000円
❸リアハーフスポイラー
4万8000円〜/ 6万5000円〜
TUNING PARTS
❹左右4本出しマフラー 14万8000円〜16万8000円
INTERIOR PARTS
❺ステアリング 3万8000円〜5万8000円
❻シートカバー 6万9000円
❼フロアマット 4万8000円
WHEEL&TIRE
●ホイール/Bb.09X・アルパインスタイル
エディション(19×7.5+48) 5万1000円
●タイヤ/ニットー・NT555(215/35)

※価格が2種類のものは未塗装/塗装済で表記

(2018年5月 TOYOTA PRIUSカスタムガイド2018

スポンサードリンク

おすすめコンプリートカー情報