【発売直前チェック!】新型スズキ・ジムニー、カスタマイズの可能性を探る リフトアップできる? サスペンション編

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

先代同様の3リンクリジッドサスペンションを採用!

サスペンションはJB23W用も流用可能?

伝統のラダーフレーム、たて置きエンジンFRレイアウト、先代から引き継がれた3リンクサスペンションと新型ながらもしっかり熟成感のあるシャシー周り。JB23Wとラダーフレームは基本共通ながら、よく観察してみるとミッション&トランスファー回り、リヤラテラルロッド取り付け部などに変更されているようだ。とくに、リヤ回りはしっかりと補強が入り、剛性を高めているようだ。さて、ジムニーといえばやはりオフロード走行を念頭に入れたサスペンションチューンに注目が集まる。スピード系トライアルなら0~2インチアップ、対地アングルをしっかり稼ぎたいならば2~3インチアップのサスペンションが理想と言える。気になるのはJB23Wと基本同じ3リンクリジッドサスペンションということで、JB23Wのアフターパーツが使用可能かどうか? ここは、さまざまなジムニー専門ショップが検証してくれることだろう。

新型では単眼カメラとレーザーレーダーでクルマや歩行者を捉え、自動ブレーキによって衝突を回避または衝突時の被害軽減を図る「デュアルセンサーブレーキサポート」の装備がアナウンスされている。これは、自車速度約5km/h〜約100km/h(対象が歩行者の場合は約5km/h〜約60km/h)で走行中、前方の車両や歩行者を検知し、システムが衝突の可能性があると判断した場合、作動するものだが、リフトアップやローダウンした際の作動状況についても、デビュー後にメーカーやチューナによる検証があるだろう。

ドレナビ 記事 リンク
ドレナビ・スズキ・ジムニー(JB系)の記事はこち
ドレナビ・スズキ・ジムニー(JA系)の記事はこちら
ドレナビ・スズキ車関連記事はこちら

新型ジムニー・新型ジムニーシエラ先行情報サイト – スズキ

http://www.suzuki.co.jp/car/jimny/special/

(監修/N’sステージ  ドレナビ)

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

アクセスランキング

  1. 脱カーナビ! スマホナビが使えてメッセージの読み上げもできる!車内でスマホをスマートに使うためのカロッツェリア製メインユニット
    2018年12月08日
    脱カーナビ! スマホナビが使えてメッセージの読み上げもできる!車内でスマホをスマートに使うためのカロッツェリア製メインユニット
  2. 脱カーナビ! スマホナビが使えてメッセージの読み上げもできる!車内でスマホをスマートに使うためのカロッツェリア製メインユニット
  3. アゲ系“王道”のMKWは三菱・デリカD:5の足元に良く似合う!
    2018年12月09日
    アゲ系“王道”のMKWは三菱・デリカD:5の足元に良く似合う!
  4. アゲ系“王道”のMKWは三菱・デリカD:5の足元に良く似合う!
  5. その鋳造技術は美しさの為に! RAYSのドレスアップカスタムモデル|VERSUS|トヨタ・C-HR
    2018年12月08日
    その鋳造技術は美しさの為に! RAYSのドレスアップカスタムモデル|VERSUS|トヨタ・C-HR
  6. その鋳造技術は美しさの為に! RAYSのドレスアップカスタムモデル|VERSUS|トヨタ・C-HR
  7. 新型デリカD:5を最速カスタム! 純正オプションパーツでどこまでドレスアップできるか
    2018年12月07日
    新型デリカD:5を最速カスタム! 純正オプションパーツでどこまでドレスアップできるか
  8. 新型デリカD:5を最速カスタム! 純正オプションパーツでどこまでドレスアップできるか
  9. 新型スズキ・ジムニーJB64、ジムニーシエラJB74のカスタムパーツ続々のサムライプロデュース! 今度はインテリアの貼り付けパーツがデビュー
    2018年12月07日
    新型スズキ・ジムニーJB64、ジムニーシエラJB74のカスタムパーツ続々のサムライプロデュース! 今度はインテリアの貼り付けパーツがデビュー
  10. 新型スズキ・ジムニーJB64、ジムニーシエラJB74のカスタムパーツ続々のサムライプロデュース! 今度はインテリアの貼り付けパーツがデビュー
もっと見る