より低く、走れる、魅せるを高次元に完成! ロワードに即対応フォルテのフラップエアロ|トヨタ・アルファード&ヴェルファイア

スポンサードリンク

ドレナビLINEアカウントをフォロー
ドレナビLINEアカウント

ドレナビTOPへ
アルファード(30系)ヴェルファイア(30系)記事一覧へ


視線をボトムに集めるフラップエアロ

【AERO DEMO CAR】FORTE[フォルテ] 30系後期 ALPHARD & VELLFIRE


装着することで、視線をボトムに集め、視覚的にロワードを強調=低車高効果を高めるフラップエアロ。いたずらにボリュームをアップしないから足まわりを基本とするローダウンの邪魔をしないのもそのメリットだ。
だからフォルテのフラップエアロは、足まわりにこだわるシャコタン乗りには当然好評なのだが、それ以外の純正バンパーでは物足りない、ライト派のフリークにも評判がいいとのこと。走行時のルックスにまで配慮したエアロの厚みは17mm。薄いだけじゃなく、道路からコンビニなどへの進入時に段差を乗り上げる際のアプローチなどでの干渉も考えて見えない奥の裏側に強度を持たせるなど、実用的な設計思想にもこだわっている。

フォルテといえばキャンバーアダプターやタイロッドエンド、アッパーアーム、スライドキャンバーなどのオリジナルの足まわりも展開するキャンバーアピールにも長けたブランド。ヴェルファイアで全下げ時F:6度/R:8度、アルファードで3度/4.5度を実現しリアルなローダウンでキャンバーをアピールでき、しかも厚さ17mmながら、装着感にも優れるエアロをボトムラインの3点に装着する。まさにローダウン派にこそうってつけの薄型フラップだ。

VELLFIRE.Z エアログレード



リム深ルックなジスタンスW10M。セダン系に人気のホイールを難無く履きこなせるのもフォルテの足まわりパーツによる効果だ。

ALPHARD.S エアログレード



前後方向への張り出し量は最小限に留められたフラップ形状。日常での使用に際し干渉が想定されるフロント左右には見えない部分をしっかり補強済み。

リアエンド側にわずかにフレア形状に広げる以外はほぼ純正ボトムラインをトレースするサイドビュー。天面を塗り分けることで装着感もしっかり確保。

超薄型でボディと一体化


純正のボトムラインをトレースするように馴染む薄型フラップ。

そのエアロの厚みは17mmに統一。低く見えるギミックとローダウンを妨げないボリューム感。

純正フェンダー形状でのキャンバー角の確保にも貢献するエアロだ。

ワークのシュヴァート・クヴェル。オートサロンデビューの注目作で鋳造ならではの柔らかなアールや繊細な造形美が特徴的。

Specification[アルファード&ヴェルファイア共通]

  • フロントフラップスポイラー:4万8000円(6万8000円/7万5000円)
  • サイドフラップディフューザー:5万8000円(8万8000円/9万5000円)
  • リアアンダーフラップスポイラー:4万8000円(6万8000円/7万5000円)
  • 上記3点セット:14万円(21万円/23万円)

※( )内は単色塗装/2色塗装の価格。

[アルファード]
足まわり:エアサス=ACC、Fキャンバーアダプター/Rスライドキャンバー=フォルテ、ブレーキキャリパーカバー/スリットローター
ホイール:シュヴァート・クヴェル(F20×9.5+20、R20×10.0+23)
タイヤ:デリンテD7(F225/35-20,R235/35-20)

[ヴェルファイア]
足まわり:エアサス=ACC、Fキャンバーアダプター/タイロッドエンド=ACC、キャンバーアッパー/Rアッパーアーム/Rスライドキャンバー=フォルテ、ブレーキキャリパーカバー/スリットローター
ホイール:ワーク・ジスタンスW10M(F20×9.5+8、R20×10.5+4)
タイヤ:ナンカン(F235/30-20,R245/30-20)

CCAR 30後期ヴェルファイアページ
http://www.completecar.jp/sch1.php?id=357

CCARでのフォルテ登録車両トップページ
http://www.completecar.jp/sch.php?corp_id=4

スポンサードリンク

おすすめコンプリートカー情報

おすすめコンプリートカー情報

サイト内検索

お気に入りの車種

人気車種から探す

もっと見る