ローダウン白書|トヨタ30アルファード・ヴェルファイア、注目のサスペンションパーツをチェック!

  • 公開日時 :

トヨタの最上級ミニバンであるアルファード&ヴェルファイア。威風堂々としたエクステリア、ゴージャスなインテリアに加え、高級車に相応しいラグジュアリーな乗り心地もウリのひとつ。30系へのモデルチェンジでリアがダブルウイッシュボーン式になったことで、より乗り味がマイルドに。2列目、3列目に座った時のボヨンボヨン感がかなり軽減され「30系になりより足が良くなった」と好評を得ている。
さらに2017年12月のビッグマイナーチェンジで、ショックアブソーバーが改良。後期はさらにサスペンションがグレードアップしている。
純正で評判の良い足まわりなだけに、ローダウン時にはその良さをなるべく損なわないチョイスをしたいところ。全長調整式の車高調でストロークをあまり犠牲にせず車高を下げたり、減衰力調整式のショックで自分好みの硬さにセッティングするなど、スタイルと乗り心地、さらには走りの性能も考えてセッティングするのがベストだ。

FRONT

REAR

車高調

アルヴェルローダウンの大定番

予算約10万円~
ローダウンパーツの大定番がこの車高調キットだ。最近は全長調整式+減衰力調整機能付きモデルが主流。乗り心地をあまり悪化させずに、ローダウンできて、自分にベストな硬さを選べるのがポイント。ミリ単位で車高のセッティングができるので、タイヤ&ホイールのツラを狙うのにも適している。

エアサス

値段は高いが実用性はNo.1

予算約40万円~
鉄のバネの代わりに空気を使用するエアサス。スイッチひとつで車高を上げ下げできる便利さは、アルヴェルオーナーに人気高し。非現実的なローフォルムをキメたり、段差を回避するため瞬時に車高を上げることができるなど値段以上のメリットは感じられるハズ。ただし、車検のために構造変更が必要になる。

 

ダウンサス

価格的に一番お手軽にやれる

予算約5万円~
価格的に一番お手軽にローダウンできるのがダウンサス。ローダウン量が固定というのが車高調やエアサスとの大きな違い。またショックは純正のままなので、商品にもよるが、一般的に乗り心地や走り性能はあまり期待できないという部分を頭に入れておくこと。

アクセスランキング

  1. 〈トヨタ・ハイエース〉なにこれ!? 可愛い!! 独創的なUSバンスタイルのノスタルジックなリノカ第2弾!
    2020年07月02日
    〈トヨタ・ハイエース〉なにこれ!? 可愛い!! 独創的なUSバンスタイルのノスタルジックなリノカ第2弾!
  2. 〈トヨタ・ハイエース〉なにこれ!? 可愛い!! 独創的なUSバンスタイルのノスタルジックなリノカ第2弾!
  3. 〈トヨタ・ハイエース〉ヘッドライト級のバックランプってアリですか!?
    2020年07月03日
    〈トヨタ・ハイエース〉ヘッドライト級のバックランプってアリですか!?
  4. 〈トヨタ・ハイエース〉ヘッドライト級のバックランプってアリですか!?
  5. 〈トヨタ・ランドクルーザープラド〉ボディだけでなくサスも!|
    2020年07月02日
    〈トヨタ・ランドクルーザープラド〉ボディだけでなくサスも!|
  6. 〈トヨタ・ランドクルーザープラド〉ボディだけでなくサスも!|
  7. 最新オフ系ホイール第1弾は驚きの軽さとタフさがウリ! SUV本来のパフォーマンスを存分に発揮!|ホイールカスタム
    2020年07月02日
    最新オフ系ホイール第1弾は驚きの軽さとタフさがウリ! SUV本来のパフォーマンスを存分に発揮!|ホイールカスタム
  8. 最新オフ系ホイール第1弾は驚きの軽さとタフさがウリ! SUV本来のパフォーマンスを存分に発揮!|ホイールカスタム
  9. 明るくて長寿命!〈トヨタ・ハイエース〉照射角180度の激光!! 面発光ルームランプ
    2020年07月02日
    明るくて長寿命!〈トヨタ・ハイエース〉照射角180度の激光!! 面発光ルームランプ
  10. 明るくて長寿命!〈トヨタ・ハイエース〉照射角180度の激光!! 面発光ルームランプ
  1. 【求む!友だち追加】スタイルワゴン公式LINEアカウント・人気記事や誌面のプレゼント企画、イベント情報などを配信!
    【求む!友だち追加】スタイルワゴン公式LINEアカウント・人気記事や誌面のプレゼント企画、イベント情報などを配信!
  2. 【求む!友だち追加】スタイルワゴン公式LINEアカウント・人気記事や誌面のプレゼント企画、イベント情報などを配信!
もっと見る