ママも子供たちもニッコリ笑顔になれる車高調! 30系トヨタ・アルファード、ヴェルファイアへ|AXIS STYLING

  • 公開日時 :

高速走行時の卓越したコンフォート性能を実現

アクシススタイリング・パーフェクトダンパーシリーズ

「ママも子供たちもニッコリ笑顔になれる車高調」という独自の視点に基づいたセッティングを持ち味とするアクシススタイリングのパーフェクトダンパーⅡ。某ポータルサイトのショッピング部門(車高調部門)において連続1位をマークするなど、ユーザーからの絶大な支持を集めている。「開発費やプロモーション予算が潤沢にある大手メーカーとは異なり、我々の頼りはユーザー様の口コミが第一。それだけに、この評価は本当に嬉しかったですね」と語るのは、アクシススタイリングの石川店長。
そして今回、その評価をより強固なものとすべく、細部の見直しが図られたパーフェクトダンパーⅢが登場。最大の変更点は、高速域におけるドライバビリティの向上。開発のきっかけとなったのは、3列目シートまでフル乗車状態で高速道路を多用するユーザーからの声だったという。これを受け、リア側を中心に減衰力の特性を再考。フロントはよりしなやかに、リア側は落ち着きと安定性を向上させるなど、トータルなブラッシュアップが図られている。「おかげさまで高速でのポテンシャルを高めたことで、中低速が主体の街乗りモードもより一層快適になった、という声もいただ
いております」(前出、石川店長)。 持ち前のオールラウンド性にさらに磨きがかけられたパーフェクトダンパーⅢ。足回り選びで悩んでいるアル/ヴェルオーナーにはきっと、これまで以上に気になる存在となったはずだ。

約45mmのナチュラルローダウン

フロントはしなやかに動きリアは収まりがいい乗り味

実際に3列目に乗車して走行インプレッションを行なってみたが、段差通過時の鋭角的な突き上げ感も無く、通過後の縦揺れも瞬時に終息。21インチホイールの装着や、ソフト側への減衰力調整幅が5段残された状態という条件下でも、快適性の高さは十分体感することができた。

パーフェクトダンパーIIIの主要な構成パーツ一式。装着はマイナーチェンジ前、後を問わずアルファード/ヴェルファイア全車(4WDを含む)に対応。

ドライバーにも同乗者にも優しい乗り味の車高調がさらに進化
高速走行時の卓越したコンフォート性能を実現


オレンジ/ゴールドカラーがパーフェクトダンパーの目印。シェルケースには特殊なメッキコーティングが施され、腐食や固着などを防止。

ローレット加工が施された減衰力の調整ダイヤル部。車高の落ち幅は5mm、15段階調整式の減衰力設定は13段戻しという状態での出荷が行われる。

見た目上におけるパーフェクトダンパーIIとIIIとの差はほぼ無し。変更部分はシムやオリフィスなど、ケース内部の構造が主体となっている。

純正アッパーマウント付きモデルも設定

標準キットはアッパーマウント無し。脱着作業をよりスピーディに行いたい人にはポン付けで即、使用可能なアッパーマウント付きモデルがオススメ。

FRONT

REAR

ガス圧制御をきめ細かに行うためにフロント側には複筒式を、重厚な剛性感を目指したリアは単筒式を採用。スプリングレートはフロント.5kgf/mm、リアは7.7kgf/mm(4WD、ハイブリッドは7.4kgf/mm)。

(2018年6月末 現在)

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :