アルヴェルの足を知り尽くしたスペシャリストが おすすめのエアサスセッティング|Three Piece!

更新日時 :


オーナー車にみるモディファイの真骨頂

スリーピース


OWNER 長沼さん
DADエアロでラグジュアリースタイルを実現した長沼ヴェルファイア。21インチホイールが被るくらいまでの低さはエアサスならではのロースタイルだ。

数多くのアルファード&ヴェルファイアのカスタムを手がけている名門ショップ「スリーピース」。中でも得意としているのが足まわりセッティングで、そのノウハウを求めて県外から来るユーザーも多数。ただ車高調やエアサスに交換をするだけでなく、+αの補正パーツを装着して、ローダウンした状態でも純正車高時と同じように足が動くようにセッティング。乗り心地の悪化を軽減する。さらにユーザーの使い方に合わせて、高速走行時にブレない、コーナリング時に車体がフワフワしない、といったオーダーにも応えてくれる。
今回紹介するオーナーカーは、ACCのエアサスキットでローダウン。停車時は、DADのフルエアロが着地直前までの非現実的なローフォルムを実現。ボタンひとつで車高を上げれば、エアロなどが路面や段差にヒットしない、気を使わなくても普段使いができるようになる、アルヴェルオーナーに人気のセッティングだ。「最近のエアサスは乗り心地の良さはもちろん、スポーティな走りができるモデルが多いです。なにより便利なので絶対的におすすめです。ただ、やはり気になるのは予算だと思います。なので車高調によるカスタムメニューも予算に合わせて用意しているので、何でも相談してください」とスリーピースの釜田さん。
車高調からエアサスまで、高級ミニバンに相応しい足をプロデュースしてくれるぞ。


2段ヘッドライトの下側にスマートのシーケンシャルウインカーキットを装着。ドアミラーと合わせて先進的な光を演出。

先鋭的なデザインが特徴的なクレンツェ・フェルゼンの21インチ。
エアサスで車高を落とした状態だと、リム被りルックになりその存在感をさらに高める。

追加LEDや塗り分けでラグジュアリースタイルをさらに加速させているDAD・EU-Sエディション

ドアミラーのウインカーレンズはアベストのヴァーティカルアローに交換。流れるウインカー仕様に。

スペシャリストがおすすめのエアサスセッティング

MAX DOWN

MAX UP

FRONT

エアサスの場合、スプリングの部分にエアバッグが採用されている。エアの量で車高だけでなく乗り心地も変わってくる。

REAR

リアはショックアブソーバーとエアバッグが別体式になっている。30 系からダブルウィッシュボーン式になり乗り心地がアップ。

エアサスには専用ユニットが必要


エアサスにはサスペンションパーツだけでなく、専用のエアタンクやコンプレッサー、コントロールユニットなどが必要。
アルヴェルの場合、ラゲッジ下のスペースにキレイに収めることができる。

今回装着しているACCのエアサスにはオプションのeレベリングキットも同時装着されている。車高メモリー機能や自動車高復帰などの多機能モデルで利便性がさらにアップ。


センターコンソール内に車高をコントロールするスイッチとメーターをインストール。さらにはスマホのようなオシャレデザインのeレベリングキットのコントローラーをシフトパネルの下部分のスペースに設置している。

もちろん車高調仕様だってお任せ!

今回紹介しているデモカーは、ACCのエアサス装着車だが、スリーピースでは当然、数多くの車高調仕様も手がけている。
エアサスに比べてリーズナブルにローダウンできる車高調も豊富なノウハウでバッチリセッティングしてくれる。

スリーピース推奨の補正パーツ

スタビリンク(フロント)

車体のロールをおさえるスタビライザーの機能が、ローダウンによって正常値よりズレてしまうので、それを補正するためのアイテム。

スタビリンク(リア)

補正ポイントのベーシックな部分はフロント中心だが、リアのスタビリンクもぜひやっておきたい場所。フロント同様、スタビの機能を正常値に。

タイロットエンド

路面の凸凹などでハンドルがとられてしまう現象などを軽減できるのがタイロットエンド。ローダウン時にくるってしまうトー角などを補正する。

RCジョイント

ローダウン時にどうしてもくるってしまうロールセンターを補正するためのパーツがRCジョイントだ。底付きを解消するなど乗り心地アップに貢献。

最近はサスペンションメーカーの開発技術が向上し、乗り心地を損なわず、走り性能が向上した商品が多数ラインアップしている。ただし、ローダウンすることでどうしてもサスペンションの動きに弊害が出てしまう。そこでサスペンションと車両をつなげる部品を交換&調整することで動きを正常値に近づけることが可能。スリーピースが得意とするメニューのひとつだ。

補正パーツの予算
RCジョイント商品 3万9000 円/工賃 1万5000 円
タイロットエンド商品 2万6000 円/工賃 6000 円
フロントスタビリンク商品 3万5600 円/工賃 6000 円
リアスタビリンク商品 2万6000 円/工賃 4000 円
アライメント調整工賃 2万円

スリーピース
住所 愛知県刈谷市熊野町3-5-15
電話 0566-62-5151
営業時間 10:00~20:00 水曜定休
http://www.three-piece.co.jp

(2018年6月末 現在)

(スタイルワゴンより)

スポンサードリンク

記事情報

更新日時 :