【ノブレッセのエアロが高品質な理由】寸分の狂いのない独自の開発方法が細かすぎる!

  • 公開日時 :


「こだわりが強くてクオリティが高すぎる」で定評のあるノブレッセのエアロパーツですが、今回はその高品質の謎に迫ってみたいと思います。ノブレッセのこだわりは材質からデザイン、機能性など多岐にわたって繰り広げられていますが、エアロパーツが作られる最初の最初といえるクレイモデル開発の謎に迫ります。
クレイモデルというのは、エアロパーツのデザインはもとより製品の量産型の元の元となる重要な製造工程になります。純正ボディに対して粘土(クレイ)を使ってモデリングしていく作業となり、ノブレッセでは自動車メーカー出身の職人さんが手がけていることでも知られています。

エアロパーツってほんとに左右対称?

クレイモデラーが熟練の職人さんとはいえ、人の手は人の手です。本当に純正ボディに対して左右対称、水平垂直がきちんと正確にフィッティングしているのでしょうか?そこでノブレッセでは正確無比なエアロパーツを製作するために独自の設備と方法を導入しています。

正確無比なエアロ製作のための秘密兵器

【3次元測定機】

これが秘密兵器の核となる「3次元測定機」です。幅を測定する横方向と、高さを測定する縦方向、そして奥行を測定する前後方向と自在に動きます。



測定機の先端には針がついていて、横方向や縦方向などにそれぞれメモリが刻まれています。つまり、針の位置が何センチの場所なのかということが測定できるというわけですね。

【定盤】

そして3次元測定機を設置する場所がこの「定盤(じょうばん)」になります。定盤とは分厚い鉄の板で、完璧な平行が保てるように設置されています。通常、どんな建物でもわずかな歪みはあるはずですよね。例えばコンクリートならなおさら平行な床を作ることは難しいです。しかし、この「定盤」は誰がみても平行。どこからみても平行。地球に対して完璧なまでに平行を保ったまま鎮座しているんです。つまり、定盤の上で3次元測定機を使えば、完璧な水平垂直を測定できるんです。

クルマを垂直に置く

【垂直じゃない状態】

【垂直な状態】

まずは定盤の上にクルマを置いて、3次元測定機に対して垂直にしなければなりません。もし上記のイラストのように斜めに置いてしまったらエアロも斜めになってしまいますね。

そこで3次元測定機を使ってセンタリングをするわけです。やり方は簡単です。3次元測定機はクルマの前後に設置してあるので、前と後ろのセンター部分を測定して同じ位置にすればOKです。写真ではすでにクレイモデルがついていますが、実際には製作前におこないます。

そもそもクルマ自体はタイヤの空気圧だったり、サスペンションのヘタリ、重量配分の違いなどで水平垂直にはなっていないので、ジャッキアップした状態にしてあります。そしてクルマの位置を微調整するときは、ジャッキ自体をハンマーなどでコツコツ叩いて地道に動かすんですね。

クルマを水平にする

【左側を測定】

【右側を測定】

次は水平の測定です。こちらはヘッドライトの付け根など、左右対称のポイントを決めて高さを測定することでどれだけ水平になっているかがわかりますね。

高さが異なれば必要な場所のジャッキの高さを調整すればOKです。こちらもわずかミリ単位の調整となるのでかなり細かい作業となります。

エアロデザインをミリ単位で測定する

クルマを正確な水平垂直に設置してからが本番のスタートです。クレイで作られたエアロデザインはつねに3次元測定機を使ってミリ単位で測定が可能なので、純正バンパーに対してどのくらいの出幅があるかなども正確に把握できます。

たとえば、このC-HR用のエアロパーツの場合だと、左右のリップ部分をセンター部分よりも前方に出さないようにデザインされています。見た目は出ているようにみせていて、実際は出ていないというかなり巧妙なデザインなんですね。

【センター部分を測定】

【左のリップ先端を測定】

実際に3次元測定機で測ってみるとキッチリ正確にデザインすることができます。パッとした見た目だけじゃなく、キッチリと数値に基づいて設計されているというのがよくわかりますね。

そして水平なラインだってクルマが床に対して水平の設置されているので、正確無比なラインとなるわけです。これだけの細かすぎるこだわりによって、ノブレッセのエアロパーツは左右対称で抜群のフィッティングを実現しているんですね。

詳しくは動画でチェック!

ノブレッセではこの3次元測定機を動画で詳しく解説しています。普段はなかなかみることのできないエアロパーツの開発の裏側は必見ですよ。ノブレッセのエアロパーツが高いクオリティであることに納得できるでしょう。

■ノブレッセ・エアロ開発の秘話 設備編【NOBLESSE】

(ドレナビ編集部)

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :