60後期トヨタ・ハリアーがさらにスポーティに アーティシャンスピリッツのカナード系フラップ

  • 公開日時 :

フラップ両端を飾るカナードがスポーティさを生む

SPORTS LINE BLACK LABEL HARRIER

スポーツライン ブラックレーベル ハリアー(60系後期)
レクサスをはじめとし、世界の高級ブランドが放つプレミアムなクルマに向けたボディキットを手掛けるアーティシャンスピリッツ。最新モデルは、60系後期のトヨタ・ハリアーだ。

スポーツライン ブラックレーベルのシリーズで登場した、60系ハリアー用エアロキット。ハリアーに先駆けて、レクサスNXやRXに向けて作られたデザインを踏襲し、フラップデザインを採用したアンダースポイラーが中心だ。特徴は前後スポイラーの両サイド、サイドスポイラーの後端に設けられたカナード風のディテール。抑揚をつけたフラップのエンド部分を立ち上げることで、立体感を強め、シンプルながらも純正とは明らかに違う、スポーティな印象をプラスする。
ゲートスポイラー、ルーフスポイラー、フロントバンパーガーニッシュには、アーティシャンスピリッツが得意とするカーボンモデルも設定。よりスポーティさを高めるアクセントとしての効果を放つ。
ホイールもオリジナルのコラートA5。普遍的な魅力を持つエレガントな10本スポークは、高級志向のハリアーユーザーにぜひお薦め。数少ない21インチをラインアップしているのも魅力だ。

センターはAライン状に立ち上げ、両端には特徴となるカナードをデザイン。下まわりのみを飾るアンダースポイラーながらも、抑揚が付いたデザインで、フェイスの印象をしっかりと変える。

純正サイドステップの底面に装着するアンダースポイラー。弓なりにしなったようなデザインを採り入れることで、柔らかな印象を与える。後端にはカナードをデザイン。サイドアンダースポイラーは装着すると見た目上、約25ミリ車高が下がる。

こちらも純正リアバンパーの底面に取り付けるアンダーディフューザーながら、両端のカナード、センターのディフューザーデザインにより、スポーティさがかなり高まる。

カーボン仕様も選べるフロントバンパーガーニッシュ。純正バンパーのダクト部に設けられたLEDに沿って、L字状に取り付ける。フェイスチェンジのアクセント効果が高い。

シンプルなルーフエンドにアイキャッチを加えるリアルーフスポイラー。FRPに加え、スポーティさの強調に繋がるカーボン仕様も選べる。

リアガラスの下端付近に装着するリアゲートスポイラー。緩やかな立ち上がりで、さり気なくリアビューを飾る。こちらもFRP製に加えて、カーボン仕様を設定。

オリジナルホイールのコラートA5(エーファイブ)は、2ピース構造。シンプルで飽きのこない10本スポークで、インセットやカラーを自由にオーダーできるのも魅力。

SPECIFICATIONS
●適合:ハリアー(60系後期)
●価格:
フロントアンダースポイラー 5万5000円
サイドアンダースポイラー2P 6万2000円
リアアンダーディフューザー 5万8000円
リアゲートスポイラー 4万2000円(8万5000円)
リアルーフスポイラー 3万8000円(7万5000円)
フロントバンパーガーニッシュ2P 3万5000円(5万8000円)
オーバーフェンダーキット6P 11万円
ホイール:コラートA5(21×9.0J+40)
タイヤ:ヨコハマ・アドバンスポーツV103(245/35-21)
※()内はカーボン仕様の価格

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

関連車種の記事を見る

スポンサードリンク