スタイルワゴン主催 アルヴェルMT300台超全て見せます!PLAYBACK _006

  • 公開日時 :


9月16日に神戸にて開催された「スタイルワゴン アルファード&ヴェルファイアミーティングin神戸」。エントリー開始から数日で既定台数に達し、開催前からSNS等でも話題沸騰。10系から30系まで総台数300台を超えるアルファード、ヴェルファイアが全国から集まった超ビッグなミーティングとなった。このスタワゴ アルヴェルMTに参加してくれたクルマを全台お見せします!

パート006

個性派フェイスと低さがポイント

衣笠新悟さん(兵庫県)
ANH25ヴェルファイア(平成22年式)


エアコブラとラルグスの組み合わせで、着地寸前の低さを披露する衣笠さんの20系ヴェルファイア。フロントまわりは、シックスセンスのフラップ系スポイラーに加え、ヘッドライト加工、けん引フックなどでアイキャッチを増やし、見どころ満載。ホイールは力強いスポークが魅力のジーストST1だ。
SPECIFICATION
●ホイール:ワーク・ジーストST1(20インチ)●タイヤ:ATR(245/35)●エアロ:F=シックスセンス●エアサス:エアコブラ+ラルグス

フルブラックの威圧的フェイス

鈴木 誠さん(兵庫県)
ANH20アルファード(平成20年式)


フロントはロェン、サイド、リアはトップラインのエアロをまとう鈴木さんの20系アルファード。ボディ色の黒を活かすことで、厳つい印象を与える。ダクト内のフィン、メッシュ、そしてブラックポリッシュのクレンツェ マジスなど、各所に煌びやかなポイントを採り入れ、高級感もアピールする。
SPECIFICATION
●ホイール:ウェッズ・クレンツェ マジス(20インチ)●タイヤ:ATR(245/35)●エアロ:F=ロェン、S/R=トップライン●車高調:テイン

白×黒×クロームの絶妙な組み合わせ

大谷暁広さん(兵庫県)
ANH20ヴェルファイア(平成23年式)


ロェンのフルキットで下まわりをコーディネイトする20系ヴェルファイア。ボディ色の白に対して、バンパー中央、スポイラーやフォグまわりの塗り分けにブラック、さらにフロントグリルやヘッドライトまわりにクロームの輝きをプラスすることで、絶妙に高級感と美しさを表現する。
SPECIFICATION
●ホイール:ワーク・GUNO-SISUGS1(20インチ)●タイヤ:ブリヂストン・レグノGR-XT(245/35)●エアロ:F/S/R=ロェン●車高調:テイン

漆黒のコーディネイト

五十嵐亮介さん(兵庫県)
ANH20ヴェルファイア(平成24年式)


フロントはアドミレイション、サイドはモデリスタ、リアはエイムゲインと、エアロブランドをミックスしているにも関わらず、抜群のまとまりを見せる五十嵐さんの20系ヴェルファイア。ロハナのホイールも含め、全身黒ずくめとすることで、強烈な迫力をアピールする。今は車高調だが、今はエアサスが欲しいとのこと。
SPECIFICATION
●ホイール:ロハナ(20インチ)●タイヤ:ニットー・NT555(245/35)●エアロ:F=アドミレイション、S=モデリスタ、R=エイムゲイン●車高調:クスコ

強烈に映えるゴールドディスク

栗田隆博さん(福岡県)
30前期アルファード(平成29年式)


ACCのエアサスでリム被り状態まで落とした30系前期アルファード。フロントはシルクブレイズ、リアはノブレッセでシンプルなエアロフォルムを演出する。塗り分け等は採り入れず、ボディはブラック1色。その中で抜群の映えを見せるのが、アミスタット・ライエンM07のゴールドディスク。フルゴールドではなく、ゴールド/ブラックのツートンでボディとのコーディネイトも強調する。
SPECIFICATION
●ホイール:アミスタット・ライエンM07(21インチ)●タイヤ:ピレリ・Pゼロネロ(255/30)●エアロ:F=シルクブレイズ、R=ノブレッセ●エアサス:ACC

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

スポンサードリンク