スタイルワゴン主催 アルヴェルMT300台超全て見せます!PLAYBACK _011

  • 公開日時 :


9月16日に神戸にて開催された「スタイルワゴン アルファード&ヴェルファイアミーティングin神戸」。エントリー開始から数日で既定台数に達し、開催前からSNS等でも話題沸騰。10系から30系まで総台数300台を超えるアルファード、ヴェルファイアが全国から集まった超ビッグなミーティングとなった。このスタワゴ アルヴェルMTに参加してくれたクルマを全台お見せします!

パート011

DIYでドレスアップをがんばってます


田和秀信さん(京都府)
ANH20アルファード(平成24年式)


フロントにAMS、サイド&リアにアドミのエアロを装着し、スタイリッシュにキメた田和さんのアルファード。RS-Rの車高調でローダウンした足元には、ホムラ2×9を合わせた上品なコーディネイトが特徴だ。「基本的に欲しいものがあるときに、通販などで購入して、DIYで取り付けています」と田和さん。次に狙っているのは、サイドステップとのこと。
SPECIFICATION
●ホイール:レイズ・ホムラ2×9(20インチ) ●タイヤ:グッドイヤー(245/40) ●エアロ:F=AMS、S/R=アドミレイション ●車高調:RS-R・ベストアイ

BBSを華麗に履きこなす!


トランプ石倉さん(愛知県)
ATH20アルファード(平成24年式)


ハイエースから20アルファードハイブリッドに乗り換えたトランプ石倉さん。一番の見どころは足まわりで、乗り心地を重視して開発されたアクシス・パーフェクトダンパーで程よくローダウン。そこに、世界的名門ブランドであるBBSの21インチを合わせ、高級ミニバンの風格をかもしだしている。ボンネットのブラックアウトも引き締め効果抜群だ。
SPECIFICATION
●ホイール:BBS・LM-R(21インチ) ●タイヤ:ハンコック・ベンタスV12エボ2(245/35) ●車高調:アクシススタイリング・パーフェクトダンパー

存在感抜群の22インチ履き!


宇佐美貴史さん(岐阜県)
GGH25ヴェルファイア(平成22年式)


アドミレイション・リチェルカートのフルバンパーバージョンのエアロをまとい、各部の塗り分けをブラックでそろえたスタイリッシュなドレスアップを披露。さらに、足元のホムラ2×9もブラックを選び、統一感のある1台に仕上げられたジェントルなヴェルファイアだ。その中でも、22インチという大口径が抜群の存在感を放っている。
SPECIFICATION
●ホイール:レイズ・ホムラ2×9(22インチ) ●タイヤ:ニットー・ネオテクジェン(235/30) ●エアロ:F/S/R=アドミレイション・リチェルカート ●車高調:RS-R・ベストアイリミテッド

スーパーレッドの塗り分けでスパイスを


佐藤光成さん(神奈川県)
GGH20ヴェルファイア(平成24年式)


ロェンのフルエアロにBBS・RS-GTというプレミアム感満点のスタイルに仕上げられた佐藤さんのヴェルファイア。エアロの塗り分けに、トヨタ純正色であるスーパーレッドを用いているところがポイント。ちなみにBBSは、ボディカラーと同じ202ブラックで塗装。リムをスーパーレッドで塗り分け、ボディとの統一感向上を果たしている。
SPECIFICATION
●ホイール:BBS・RS-GT(19インチ) ●タイヤ:(F)クムホ・エクスタPS71、(R)グッドイヤー・イーグルLS2000ハイブリッドⅡ(F245/40、R275/35) ●エアロ:F/S/R=ロェン・ジャパンプレミアム ●車高調:テイン・フレックスA

カーボンシートでスポーティさアップ


池田勝美さん(神奈川県)
ANH20ヴェルファイア(平成20年式)


3ブランドのエアロを組み合わせ、池田さん流に仕上げられているヴェルファイア。以前の愛車が100系チェイサーだからか、全体的にスポーティな装いとなっている。それが伝わってくるのが、ボンネットやグリル、アイラインに取り入れられているカーボンシートによるフィニッシュ。3眼プロ目などで目ヂカラアップしたヘッドライトも見逃せない。
SPECIFICATION
●ホイール:コスミック・ヴェネルディシャレンテ(20インチ) ●タイヤ:マックストレック・フォルティスT5(245/35) ●エアロ:F=メーカー不明、S=ロジャム・IRT、R=アドミレイション・ベルタ ●ダウンサス:RS-R・Ti2000

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

スポンサードリンク