ロードチームのためのハイエースのハズが……気付けばエアロ&エアサススタイルに!|KITZ-RACING

  • 公開日時 :

ハイエースだから出来る生活。

VAN S-G “DARK PRIME” Produce by KITZ-RACING


高級ロードバイクとエアサスで車高ペタペタになり、アグレッシブなクールリーガルのエアロで飾られたハイエースの組み合わせ……。
自転車を積むためのハイエースを探していた稲葉さん。たまたま家から近い「キッツレーシング」の前を通った時、ハイエースが並んでいるのが目に入り、というのがキッカケ。
自転車を運ぶというトランポとしての条件は絶対的なのだが、キッツレーシングに通っているうちに他のお客さんに刺激を受けたり、デモカーを目の前にしたりで、約1年のほどでこのスタイルに辿り着いた。いや、辿り着いてしまったが正解?(笑)
まさに大人の遊び、趣味である。これこそがハイエースの魔力であり魅力なのか。
所属するロードバイクのチームのメンバーのために自転車を数台乗せられて、人も乗れる。遠征するための、ただのトランスポーターだったハズが……。


「ちょっとハイエースに愛情を注ぎ込みすぎまして、ロードバイクの新車まで回らないです(笑)。さすがにそろそろ新しいモデルに乗り換えたいと思っているので」と最高の笑顔で語ってくれた稲葉さん。
当分はこのスタイルでキープかと思いきや「いや、次はフルバンエアロを狙ってます!」とのこと。ですよね! ロードバイクもハイエースも、やっぱりカスタムは楽しいですもんね!!

アグレッシブなクールのエアロと、実用性◎のエアサスが見事に調和


稲葉ハイエースの核となっているのはクールリーガル200V-SSのエアロキット。ボトムまわりからグリル、ボンネット、リアウイングまでフルセットアップ。アグレッシブなスポーティスタイルを実現している。


そのエアロフォルムをさらに引き立てるのがキッツレーシングのオリジナルエアサス。リアはオリジナルブロック+エアバッグのシステムでしっかりと走れる足を構成している。エアサスといえばその実用性も大きなメリットのひとつ。
車高をペタペタにすれば自転車の積み降ろしもラクチンのはずですが……。稲葉さんのロードバイクはとにかく軽い! めっちゃ軽い!! だからその点はエアサスの恩恵がないかも(笑)。

Specification

  • ホイール:レイズ・グラムライツ57トランスX(20×8.5J)
  • タイヤ:ATRスポーツ(225/35)
  • エアロ:クールリーガル200V-SS(フロントハーフ、フロントディフューザー、フロントグリル、サイドステップ、サイドディフューザー、リアバンパー、リアフローティングディフューザー、リアウイング、レーシングボンネットver.2)
  • エクステリア:テールレンズ=ヴァレンティ、アベスト・ウインカーミラー、キャリパーカバー=キッツレーシング
  • インテリア:シート=レカロLX-F、コンソールBOX&ダッシュマット=クールアート、天井張り替え、オリジナルエアサスディスプレイキット
  • エアサス:キッツレーシング


フロントハーフスポイラーの下にさらにディフューザーセットすることでレーシングマシンのようなスタイリングを実現。


ホイールは名門グラムライツトランスX。徹底的に軽量&高剛性を追求したモデルはロードバイクにも通ずるものアリ。


サイドステップ+サイドディフューザーの組み合わせでよりロースタイルを強調。立体的なシルエットでアピール度も高い。


リアバンパーだけでも十分な迫力だが、さらにフローティングディフューザーを装着することでよりインパクトを発揮。


リアスタイルで圧倒的な存在感を誇るリアウイング。ボトムまわりとのバランス感も絶妙で後続車の視線を釘付けにする。


レカロのコンフォートモデルLX-Fを前席にセットアップ。オシャレで機能的な新メッシュ素材の3Dエアが使われている。


レカロシートとカラーコーディネイトがされているセンターコンソールBOX。レザーの素材感も良く、高級感をアップ。


ワンオフのダッシュマットには大酒呑み達のチーム名が入れられて、フロント越しにアピールしてくる。


スライドドアを開けると、キッツレーシングロゴがグリーンで輝くワンオフスカッフプレートがお出迎え。夜になるとさらにキレイに点灯してムーディに。

エアサスディスプレイと自転車収納を両立


広大なカーゴスペースのハイエースだけに、ロードバイク1台くらいはラクラクIN!


縞鋼板のステンレスフロアで雰囲気を底上げしているのもポイントだ。


カーゴスペースサイドにエアサスユニットをディスプレイ。ホイールハウスにそってロゴが光るステンレスプレートもワンオフ製作。


両サイドにセットアップされたステーにベッドパネルをおけば車中泊仕様にもできる。高さ調整機能も備えている。

OWNER 稲葉達也さん


所属するロードバイクのチームは「Equipe Bevitori」。訳すと「大酒呑み達」とのこと。チームカラーのグリーンをハイエースに差し色として取り込んでいるのもポイントだ。


イタリアの有名ブランド「ピナレロ」のドグマというモデルのロードバイク。フレームだけで何十万! 各パーツを揃えて3ケタ万円という高級モデル。

ヒットメーカー「クール」直系のハイエース専門店


稲葉さんと二人三脚でこのハイエースを仕上げてた「キッツレーシング」の石原代表。数多くのカスタムハイエースを世に送り出してきたベテランで、様々なアイデアでハイエースライフをサポートしてくれる。

スタイルRV Vol.132 トヨタ ハイエース No.27

(スタイルRVより)

スポンサードリンク

アクセスランキング

  1. 脱カーナビ! スマホナビが使えてメッセージの読み上げもできる!車内でスマホをスマートに使うためのカロッツェリア製メインユニット
    2018年12月08日
    脱カーナビ! スマホナビが使えてメッセージの読み上げもできる!車内でスマホをスマートに使うためのカロッツェリア製メインユニット
  2. 脱カーナビ! スマホナビが使えてメッセージの読み上げもできる!車内でスマホをスマートに使うためのカロッツェリア製メインユニット
  3. アゲ系“王道”のMKWは三菱・デリカD:5の足元に良く似合う!
    2018年12月09日
    アゲ系“王道”のMKWは三菱・デリカD:5の足元に良く似合う!
  4. アゲ系“王道”のMKWは三菱・デリカD:5の足元に良く似合う!
  5. その鋳造技術は美しさの為に! RAYSのドレスアップカスタムモデル|VERSUS|トヨタ・C-HR
    2018年12月08日
    その鋳造技術は美しさの為に! RAYSのドレスアップカスタムモデル|VERSUS|トヨタ・C-HR
  6. その鋳造技術は美しさの為に! RAYSのドレスアップカスタムモデル|VERSUS|トヨタ・C-HR
  7. 新型デリカD:5を最速カスタム! 純正オプションパーツでどこまでドレスアップできるか
    2018年12月07日
    新型デリカD:5を最速カスタム! 純正オプションパーツでどこまでドレスアップできるか
  8. 新型デリカD:5を最速カスタム! 純正オプションパーツでどこまでドレスアップできるか
  9. 新型スズキ・ジムニーJB64、ジムニーシエラJB74のカスタムパーツ続々のサムライプロデュース! 今度はインテリアの貼り付けパーツがデビュー
    2018年12月07日
    新型スズキ・ジムニーJB64、ジムニーシエラJB74のカスタムパーツ続々のサムライプロデュース! 今度はインテリアの貼り付けパーツがデビュー
  10. 新型スズキ・ジムニーJB64、ジムニーシエラJB74のカスタムパーツ続々のサムライプロデュース! 今度はインテリアの貼り付けパーツがデビュー
もっと見る