ドレスアップナビ カタログ ハイエースのパーツはこちら

2018年8月デビュー!! 1年間限定! トヨタ・200系ハイエース、話題の特別仕様車をチェック

  • 公開日時 :

人気のS-GLグレードをベースにワンランク上の質感を実現

HIACE S-GL “50TH ANNIVERSARY LIMITED” “DARK PRIME


通常はメーカーオプションの装備が最初から付いていて、さらに専用カラーや専用素材が使われている特別仕様車。
標準モデルから車両価格が約25万円アップしているが、果たしてその価値はあるのか?
そして、ダークプライムⅡと50周年仕様、どちらを選べばいいのか?
特別仕様車の装備を確認してチェックしていこう

従来のダークプライムからさらに進化


いままでも人気グレードだったダークプライム。
各部の専用カラーはそのまま継承し、グレーだったメインの内装色が、ダクプラⅡではブラック仕様に。これだけでも価値アリ!

専用カラーを標準化した1年間限定販売の50周年仕様はプレミア感も!


ダークプライムⅡとの共通点も多いが、50周年ロゴや違う色味を標準化するなど、より特別感が強い。
なにより1年間限定販売というプレミア感はハイエースファンにとって見逃せないポイント。

1967年10月に誕生したハイエースは、現200系で通算5世代、51年の歴史を誇る。ハイエースを越えるのはランクル、クラウンのみと、名実ともに日本を代表する長寿車であることは疑いの余地なしだ。

そんなハイエース50年を記念した「50TH ANNIVERSARY LIMITED」と、全身の質感を挙げた特別仕様車「ダークプライムⅡ」(ダクプラ)は、買い得感の高い装備を満載した注目車。ベースとなるスーパーGLとの違いは数多く、それは内外装多岐に渡る。

両特別仕様車の特徴は、色柄の違いはあるものの共通箇所が多く、特別装備は平均で約20を数える。
目に付く箇所だけを挙げれば、例えばボディに専用色(または50周年限定色)を用意したほか、メッキの色調を50周年車は“漆黒系”、ダクプラは“ダーク系”に変更。内装では、50周年は“ダークブラウン+茶木目+ダークシルバー”、ダクプラは“ダークグレー+黒木目+ダークシルバー”と、配色も独自だ。見過ごせないのは天井まわりで、ベースが質素なグレー系に対し、両車はともに天井からピラーなどを黒で統一。ミニバン界でも定番化しつつある、カスタム好きから人気のブラックインテリアが標準なのだ。
違いは、あると便利、かつ安心な実用装備にも。スーパーGLではオプションとなる助手席エアバッグやフォースリミッターシートベルト、LEDヘッドライトなどがもれなく標準化。50周年車に限って、さらに両側パワースライドまでも付く。

50周年車で比較すると、スーパーGLに用意があるパーツだけを単純にオプション追加するだけで20万弱必要。つまり、(標準との価格差が約25万のため)わずか5万円たらずで、そのほか内外装の違いもゲットできる計算。これは相当オイシイ! 人気を呼ぶのも頷ける。ちなみに対象は、スーパーGLにある標準、ワイド、2&4WD、ガソリン、ディーゼルのすべて。グレードの選択肢もかなり多いのだ。

4型後期なのでTSSが標準装備


4型後期最大の特徴であるトヨタセーフティセンス(TSS)も、両特別仕様車ともに標準装備される。機能はすべて標準車と同じ。特別といってもクルコンは装備されないので注意したい。
注文時にTSSをはずせば、車両本体価格7万円減でゲットすることができる。

メーカーオプションだけどこの装備も選んでおきたい!!


特別仕様といえど、すべて装備されているわけではなく、一部はオプションだ。その代表的なものが、小型バックモニターを内蔵する自動防眩式のルームミラー(写真/3万4000円)。
ドアミラーのヒーター機能や、AC100Vコンセントといった実用系も別売り。

ひと目でわかる特別仕様車の専用装備

S-GL “50TH ANNIVERSARY LIMITED” S-GL “DARK PRIME Ⅱ” S-GL
車両価格の目安 VAN/2WD/2.0Lガソリン/標準ボディ 300万円 290万7000円 275万4000円
フルホイールキャップ (スチールホイール用ハイグレードタイプ) 標準装備 高輝度塗装仕様 標準装備 標準装備
SRSエアバッグ+プリテンショナー&フォースリミッター機構付シートベルト(助手席) 標準装備 標準装備 メーカーオプション(1万5000円)
シートベルト非着用ウォーニング+リマインダー(助手席) 標準装備 標準装備 メーカーオプション
プライバシーガラス リアサイド 標準装備 メーカーオプション(ー1万2000円) メーカーオプション(-1万2000円)
メッキフロントグリル 漆黒メッキ(ロア) ダークメッキ 標準メッキ
50TH ANNIVERSARYバックドアエンブレム 標準装備 設定なし 設定なし
LEDヘッドランプ(ロービーム)[オートレベリング機能付] 標準装備 標準装備 クリアスモーク仕様 メーカーオプション(6万円)
フロントフォグランプ 標準装備 高輝度塗装ベゼル仕様 標準装備 標準装備
スマートエントリー&スタートシステム(スマートキー×2) 標準装備 50TH ANNIVERSARYエンブレム付 標準装備 メーカーオプション(2万9000円)
デュアルパワースライドドア(挟み込み防止機能付) 標準装備 メーカーオプション(8万8000円) メーカーオプション(8万8000円)
4本スポークステアリングホイール 標準装備 本革巻き+茶木目マホガニー調 標準装備 本革巻き+黒木目マホガニー調 標準装備
ステアリングスイッチ(オーディオ) ダークシルバー仕様 ダークシルバー仕様 メーカーオプション(2000円)
ステアリングスイッチベゼル ダークシルバー仕様 ダークシルバー仕様 シルバー塗装
シフトノブ 本革+茶木目マホガニー調 本革+黒木目マホガニー調 標準装備
シフトベゼル ダークシルバー仕様 ダークシルバー仕様 アルミ調塗装
シート表皮 ダークブラウン(トリコット+合成皮革&ダブルステッチ) ダークグレー(トリコット+合成皮革&ダブルステッチ) ダークグレー(トリコット)
インストルメントパネルアッパー部 茶木目マホガニー調 黒木目マホガニー調 シルバーメタリック
スライドドアスカッフプレート 車名ロゴ&イルミネーション付 車名ロゴ&イルミネーション付 標準装備
ドアトリム フロントドア(成形) 合成皮革 合成皮革 表皮巻き
パワーウインドウスイッチベース 茶木目マホガニー調 黒木目マホガニー調 標準装備
ルーフ&ピラー&セパレーターバー ブラック ブラック グレー
フロントオートエアコン+プッシュ式コントロールパネル ダークシルバー仕様 ダークシルバー仕様 シルバー塗装

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :

アクセスランキング

  1. 2列目をボルトオンで移動可能あらゆるシーンで使い勝手向上|200系トヨタ・ハイエース|MUSCLE MAGIC
    2018年11月19日
    2列目をボルトオンで移動可能あらゆるシーンで使い勝手向上|200系トヨタ・ハイエース|MUSCLE MAGIC
  2. 2列目をボルトオンで移動可能あらゆるシーンで使い勝手向上|200系トヨタ・ハイエース|MUSCLE MAGIC
  3. トヨタ・30系ヴェルファイアの新作フラップエアロを手掛けたのはハイエースの雄|ハーツ
    2018年11月19日
    トヨタ・30系ヴェルファイアの新作フラップエアロを手掛けたのはハイエースの雄|ハーツ
  4. トヨタ・30系ヴェルファイアの新作フラップエアロを手掛けたのはハイエースの雄|ハーツ
  5. 派手に落としたいんじゃない!乗り心地を良くしたいんだ! そんな人に向けたACCの純正ショック加工済みキット|30系後期アルファード&ヴェルファイア
    2018年11月19日
    派手に落としたいんじゃない!乗り心地を良くしたいんだ! そんな人に向けたACCの純正ショック加工済みキット|30系後期アルファード&ヴェルファイア
  6. 派手に落としたいんじゃない!乗り心地を良くしたいんだ! そんな人に向けたACCの純正ショック加工済みキット|30系後期アルファード&ヴェルファイア
  7. 30系後期アルファードユーザー必見!人気のフラップエアロに新ブランド「5039」誕生!
    2018年11月20日
    30系後期アルファードユーザー必見!人気のフラップエアロに新ブランド「5039」誕生!
  8. 30系後期アルファードユーザー必見!人気のフラップエアロに新ブランド「5039」誕生!
  9. デビュー即イジる!! スズキ・ジムニー & ジムニーシエラ超速カスタム、得意のアゲ系釣り仕様を披露!
    2018年07月31日
    デビュー即イジる!! スズキ・ジムニー & ジムニーシエラ超速カスタム、得意のアゲ系釣り仕様を披露!
  10. デビュー即イジる!! スズキ・ジムニー & ジムニーシエラ超速カスタム、得意のアゲ系釣り仕様を披露!
もっと見る