遂に出る!! 全貌明らかに!! 強烈なフェイスを持った新型三菱デリカD:5はどうだ

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

12年目を前に大きな変革を遂げたオールラウンドミニバン

MITSUBISHI/DELICA D:5

ミツビシ/デリカD:5

え?これデリカ?
発表前、事前に開催されたメディア向け撮影会にて、たまたま真正面からやってきた新型デリカD:5を見て、ふと出てしまった言葉。それ以降は、色々な角度から新型デリカを眺めながら、確かにデリカだ、いやこれデリカか?と納得と発見を繰り返しながら随分長いことまじまじと見続けていたと思う。撮影中も、まるでモーターショーに出展しているショーカーを撮影しているかのよう。これが街中を走るのかと。それほどまでに衝撃的な顔つきだったのだ。

TOUGH TO BE GENTLE
2007年1月のデビュー以来、デリカD:5が最大級のビッグマイナーチェンジを図る。フルモデルチェンジではないという時点で、内外装やエンジンなど部分的に前型と変わらない部分もあるが、前型の面影を全く感じさせないフェイスなど、これを果たしてビッグマイナーチェンジと呼ぶのかと思えるほどに、大胆な変革を遂げている。

デザインコンセプトは、「TOUGH TO BE GENTLE」。プレステージ性を高め、洗練されたアクティブ感を目指し、ジェントルなる力強さをカタチに。
デリカD:5といえば、便利なスライドドア車で3列7人もしくは8人が乗れる、いわゆるミニバンの一般的な性能を持ちつつも、悪路走破性に長けたオールラウンドミニバンという印象。国内で販売されているミニバンのポジショニングを都会的⇔アウトドア、カジュアル⇔フォーマルで比較すると、デリカD:5はカジュアルとアウトドア色を強めたクルマに当てはまる。それ故に、コアなアウトドア層には強く支持されていたが、街乗りで使うにはアウトドア色が強すぎる、アウトドアは好きだが自分の年齢を考えるともう少し落ち着いたクルマがいいという意見もあったという。確かにデリカD:5はカスタムユーザー含め、一部の層に限定されたコアな人気車という感じは受ける。年間40万台が販売されるミニバン全体のマーケットから考えると、実はデリカD:5が手にしていたシェアは3%程度なのだ。
新型ではそのシェアを拡大すべく、オールラウンドミニバンという強みは継承しつつも、内外装の上質感を高め、安全・快適装備も充実。さらに洗練かつモダンなデザインをデリカD:5に融合させた「URBAN GEAR(アーバンギア)」という新たなシリーズも投入する。確かに衝撃的なフェイスをはじめ、外装は質感向上の意匠が目立つ。内装もシートやインパネのデザインをより高級志向へとシフトするなど、従来のギア的な感じはあまり見られない。これがアウトドアにも強い、街乗りでも不釣り合いなく、クルマでの楽しみと日々の生活を共にこなせる新たな唯一無二のミニバンとなるか、非常に楽しみな1台だ。

まずは、この衝撃的な大変革を遂げた新型デリカD:5のスタイリングをじっくりとチェック。標準車、アーバンギアの詳細は後に本サイトで公開する記事で伝えていくのでお楽しみに。なお、この新型デリカD:5の予約注文は本日11月21日よりスタート。価格は、約385万円~約425万円(消費税込)となる模様。年明けに開催される東京オートサロン2019に参考出品される。実車を見たい人は東京オートサロンにぜひ行ってみよう。

スペック的には何が変わった?
発表前に得た道路運送車両法による自動車型式指定前の暫定値ではあるが、それを元に新旧デリカD:5のスペックをチェック。ボディの大きさに大差はなく、全長が10ミリ増、全高が5ミリ増程度。エンジンは2.2Lのクリーンディーゼルのみとなり、ガソリンエンジンは設定がなくなる。また駆動方式も4WDのみとなるようだ。走りの面での注目は、新開発の8速ATの採用。パワフルでなめらかな走りが期待できそうだ。開発陣曰く、静粛性の向上レベルも高いとのこと。従来デリカD:5は、ロードノイズが車内にまで届き、あまり静粛性が高いとは言えなかった。新型では遮音&吸音素材を隅々まで施すことで、優れた静粛性を実現。そのあたりも街乗りや高速走行時の快適性を高めてくれる要因となりそうだ。
主要諸元(暫定値)

新型デリカD:5 新型デリカD:5アーバンギア 前型デリカD:5
全長[mm] 4800 4800 4790
全幅[mm] 1795 1795 1795
全高[mm] 1875 1875 1870
ホイールベース[mm] 2850 2850 2850
トレッド前[mm] 1540 1540 1540
トレッド後[mm] 1535 1535 1540
アプローチアングル[°] 21.0 15.0 23.5
ランプブレークオーバーアングル[°] 16.5 16.5 18.0
ディパーチャーアングル[°] 23.0 21.0 22.5
最低地上高[mm] 185※1 185※1 210※2
最小回転半径[m] 5.6 5.6 5.6
タイヤサイズ 215/70R16、225/55R18 225/55R18 215/70R16、225/55R18
室内長[mm] 2980 2980 2915
室内幅[mm] 1505 1505 1505
室内高[mm] 1310 1310 1310
エンジン 2.2Lディーゼル 2.2Lディーゼル 2.2Lディーゼル
トランスミッション 8AT 8AT 6AT
駆動方式 4WD 4WD 4WD

※1:樹脂備品含む ※2樹脂部品を含まない

デリカD:5 標準車

デリカD:5 アーバンギア

問:三菱自動車お客様相談センター 0120-324-860
https://www.mitsubishi-motors.co.jp
[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

(スタイルワゴンより)

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

関連車種

アクセスランキング

  1. 開発中のVOXY新バンパー先出し! 印象激変のフルバン、超絶アグレッシブ系!!|ROJAM iRt GENIK|トヨタ・80系ヴォクシー・ノア・エスクァイア
    2018年12月12日
    開発中のVOXY新バンパー先出し! 印象激変のフルバン、超絶アグレッシブ系!!|ROJAM iRt GENIK|トヨタ・80系ヴォクシー・ノア・エスクァイア
  2. 開発中のVOXY新バンパー先出し! 印象激変のフルバン、超絶アグレッシブ系!!|ROJAM iRt GENIK|トヨタ・80系ヴォクシー・ノア・エスクァイア
  3. 泣く子も黙る21インチのド迫力|シルクブレイズ ヴォルツァ|トヨタ・C-HR
    2018年12月11日
    泣く子も黙る21インチのド迫力|シルクブレイズ ヴォルツァ|トヨタ・C-HR
  4. 泣く子も黙る21インチのド迫力|シルクブレイズ ヴォルツァ|トヨタ・C-HR
  5. その名もNITRO POWER WARHEAD! ヘヴィービューティーな1本!|マルカサービス|トヨタ・C-HR
    2018年12月12日
    その名もNITRO POWER WARHEAD! ヘヴィービューティーな1本!|マルカサービス|トヨタ・C-HR
  6. その名もNITRO POWER WARHEAD! ヘヴィービューティーな1本!|マルカサービス|トヨタ・C-HR
  7. 取付一瞬!新型ジムニーのボディサイドにアクセントをプラスする、サムライプロデュースのお手軽カスタムパーツ
    2018年12月12日
    取付一瞬!新型ジムニーのボディサイドにアクセントをプラスする、サムライプロデュースのお手軽カスタムパーツ
  8. 取付一瞬!新型ジムニーのボディサイドにアクセントをプラスする、サムライプロデュースのお手軽カスタムパーツ
  9. マツダCX-8をカスタムしたら、さらに都会的なフォルムになる! アドミレイション・CX-8
    2018年12月13日
    マツダCX-8をカスタムしたら、さらに都会的なフォルムになる! アドミレイション・CX-8
  10. マツダCX-8をカスタムしたら、さらに都会的なフォルムになる! アドミレイション・CX-8
もっと見る