アゲてイジるならこっちでしょ! 驚愕フェイスの新型三菱デリカD:5 標準車の詳細(外装)をチェック!

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

驚愕フェイスの新型デリカD:5 標準車の詳細(外装)をチェック!

MITSUBISHI NEW DELICA D:5

ミツビシ・新型デリカD:5

昨日11月21日にビッグマイナーチェンジを発表した三菱の新型デリカD:5。マイナーチェンジとは言え、その代わり映えは前型の印象を忘れさせるほど強烈。とくに縦型LEDヘッドライトや超大型のグリルスペースなど全く面影のないフェイスはコンセプトカー?と思うほどに未来的で力強い。
グレード体系はいわゆるデリカD:5っぽい標準車と、オールラウンドミニバンの強みをキープしつつも、エアロバンパーを備え、都会的で高級感、洗練性を高めたアーバンギアの2系統。標準車には装備の違いで4グレード、アーバンギアには2グレードが設定される。本記事では、王道の標準車をピックアップ。
スタイルワゴン的に言うと、車高を上げて楽しむのが標準車。コンセプトの「TOUGH TO BE GENTLE」を体現すべく、従来デリカが強みとしてきたオールラウンドミニバンでありながら、プレステージ性を高め、洗練されたアクティブ感を目指し、ジェントルなる強さをカタチにしたとのこと。

FRONT VIEW

今回のビッグマイナーチェンジでの大きな変化はやはりフロントまわり。近年三菱が掲げる力強いパフォーマンスとプロテクションの安心感を表現するフロントデザインコンセプト「ダイナミックシールド」と、強烈な縦型LEDヘッドライト、さらに横基調のハニカムグリルが特徴的。灯火類は1番上の細いレンズがポジションランプ、縦型部分がロービームとハイビーム、その下にウインカー、LEDフォグと続く。

SIDE VIEW


唯一前型の面影があるとすれば、ボディサイド。実は前型と大きな違いはないが、ホイールのデザインが変わるなどの小変更はあり。ホイールサイズは前型同様16インチと18インチ。16インチは廉価グレード「M」のみで、それ以外は18インチが標準装備となる。タイヤサイズも同じく215/70R16と、225/55R18だ。18インチホイールは、力強い7本スポークでスポーク中央にスリットを設けた力強いデザインで、フェイスは切削光輝仕上げとなる。

REAR VIEW


SUVの機能性と安定感を表現したリアまわり。リアゲートガーニッシュと連続性を持たせたテールレンズは前型が長方形だったのに対し、下段が外方向に広がる台形デザインを採用。レンズ内はライン状のポジションの隙間にウインカーとブレーキランプが配置され、バックランプはガーニッシュ内に配置。バンパーはフロント同様、下回りをプロテクトしたデザインで、センターに凸状のエンボス形状を用いることで剛性感、SUV感を演出する。

標準車のグレードは?

標準車は最廉価の「M」から最上級の「P」まで、装備の違いで4グレードを設定。エンジン、ミッションは統一され、2.2Lディーゼルと新開発の8速スポーツモードAT。駆動方式も全グレード電子制御4WDのみ。内装色はどのグレードもベージュとブラックから選べる。乗車定員は「M」が8人乗りのみ。それ以外は7人と8人が選べる。
●全グレード標準の主な装備
衝突軽減ブレーキシステム(FCM)、車高逸脱警報(LDW)、レーダークルーズコントロールシステム(ACC)、オートマチックハイビーム(AHB)、LEDポジションランプ、LEDフォグランプ、ターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー(カラード)、本革巻ステアリングホイール、本革巻シフトノブ、パドルシフト、左右独立温度コントロール式フルオートエアコン、インパネ&ドアトリムアクセントパネル(サバ杢)、スマートフォンボックス、SRSカーテンエアバッグ、車速感応オートドアロック(衝撃感知ドアロック解除システム付)、オートストップ&ゴー(AS&G)、オートライトコントロール、助手席側ワンタッチ電動スライドドア
●M主要装備
215/70R16タイヤ(マッド&スノー)&アルミホイール、マルチLEDヘッドライト、電動パーキングブレーキ/ブレーキオートホールド
●G(Mからの追加・変更装備)
225/55R18タイヤ(マッド&スノー)&アルミホイール(切削光輝仕上げ)、運転席側ワンタッチ電動スライドドア、100V AC電源、アクセサリー曽於ケット(DC12V)
●G-Power Package(Gからの追加・変更装備)
運転席パワーシート、運転席・助手席シートヒーター、エレクトリックテールゲート
●P(G-Power Packageからの追加・変更装備)
ターンランプ付電動格納式リモコンドアミラー(メッキ)、アウタードアハンドル(メッキ)、ルーフビームガーニッシュ(天井照明)、マルチアラウンドモニター/自動防眩ルームミラー(マルチアラウンドモニター付)、後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)(BSW/LCA)、後退時車両検知警報システム(RCTA)

標準車のボディカラーは?

標準車に設定されるボディカラーは全部で8色。そのうち4色がモノトーン、4色がボディアンダーを別色としたツートン仕様となる。注目は新たに用意されたエメラルドブラックパール。光の当たり方で雰囲気が変わる独特なカラーだ。
エメラルドブラックパール

ウォームホワイトパール

スターリングシルバーメタリック

ブラックマイカ

エメラルドブラックパール×アイガーグレーメタリック

ウォームホワイトパール×スターリングシルバーメタリック

スターリングシルバーメタリック×アイガーグレーメタリック

アイガーグレーメタリック×ブラックマイカ

あまりにも大胆なフェイスチェンジにより、昨日からネット上では様々な賛否両論が溢れている新型デリカD:5。スタイルワゴン的には、この大胆なフェイスを持つ新型をどうイジっていくかがこれから楽しみなとこ。この新型をがっつりとイジれるアフターパーツが続々と出てくることに期待!
スタイルワゴンでは、本WEBサイトや誌面で、まだまだ新型デリカD:5記事をアップしていくので、お楽しみに!

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

(スタイルワゴンより)

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

アクセスランキング

  1. 開発中のVOXY新バンパー先出し! 印象激変のフルバン、超絶アグレッシブ系!!|ROJAM iRt GENIK|トヨタ・80系ヴォクシー・ノア・エスクァイア
    2018年12月12日
    開発中のVOXY新バンパー先出し! 印象激変のフルバン、超絶アグレッシブ系!!|ROJAM iRt GENIK|トヨタ・80系ヴォクシー・ノア・エスクァイア
  2. 開発中のVOXY新バンパー先出し! 印象激変のフルバン、超絶アグレッシブ系!!|ROJAM iRt GENIK|トヨタ・80系ヴォクシー・ノア・エスクァイア
  3. 泣く子も黙る21インチのド迫力|シルクブレイズ ヴォルツァ|トヨタ・C-HR
    2018年12月11日
    泣く子も黙る21インチのド迫力|シルクブレイズ ヴォルツァ|トヨタ・C-HR
  4. 泣く子も黙る21インチのド迫力|シルクブレイズ ヴォルツァ|トヨタ・C-HR
  5. その名もNITRO POWER WARHEAD! ヘヴィービューティーな1本!|マルカサービス|トヨタ・C-HR
    2018年12月12日
    その名もNITRO POWER WARHEAD! ヘヴィービューティーな1本!|マルカサービス|トヨタ・C-HR
  6. その名もNITRO POWER WARHEAD! ヘヴィービューティーな1本!|マルカサービス|トヨタ・C-HR
  7. 取付一瞬!新型ジムニーのボディサイドにアクセントをプラスする、サムライプロデュースのお手軽カスタムパーツ
    2018年12月12日
    取付一瞬!新型ジムニーのボディサイドにアクセントをプラスする、サムライプロデュースのお手軽カスタムパーツ
  8. 取付一瞬!新型ジムニーのボディサイドにアクセントをプラスする、サムライプロデュースのお手軽カスタムパーツ
  9. マツダCX-8をカスタムしたら、さらに都会的なフォルムになる! アドミレイション・CX-8
    2018年12月13日
    マツダCX-8をカスタムしたら、さらに都会的なフォルムになる! アドミレイション・CX-8
  10. マツダCX-8をカスタムしたら、さらに都会的なフォルムになる! アドミレイション・CX-8
もっと見る