オフ系カスタムで履くべきホイールをクローズアップ! オフの王道“ウェッズアドベンチャー”

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

いま広まりつつあるオフ系カスタム


デリカD:5のビッグマイナーチェンジ、150系プラドの人気、新型ジムニーの爆発的な人気に加えて、世間一般的なアウトドア志向も相まって、往年のクロカンブームを思わせる広がりを見せるオフ系カスタムシーン。タフなデザインのホイール、悪路走破を想定したゴツいタイヤ、適度なリフトアップなど、ローダウン系とは違うカスタムの方向性が新鮮で、今まで低さを競い合っていたようなカスタムフリークがオフ系へと移行しているという話も聞く。
そんなオフ系のカスタムだが、ローダウン同様に、どんなホイールを選ぶかは重要なポイントとなる。そもそもオフ系に似合うデザインなのか、サイズ設定があるのかはもちろん大切だが、ブランドのバックボーンも気にしておきたい所。本記事では、オフ系カスタムを楽しむならばぜひ履くべき、オフ系ユーザーに支持されているビッグネーム、ウェッズアドベンチャーをクローズアップする。


WEDS ADVENTURE
日本を代表するホイールメーカー、ウェッズには、フラッグシップブランド“クレンツェ”や2ピースブランド“マーベリック”、モータースポーツとの関わりが強い“ウェッズスポーツ”など多彩なブランドがある。その中で、4WDやSUVなどをターゲットとし、機能と安全性を追求するブランドが、“ウェッズアドベンチャー”だ。現ラインアップは3モデル。それぞれに明確なターゲット車種を据えて、それらの車種が求めるスタイル、サイズに見合ったモデルを展開する。こだわるのはデザイン、サイズのみならず。例えばプラドがターゲットの18インチ、ランクルがターゲットの20インチを設定するマッドヴァンス02は、力強くも精緻なデザインが放つ上質さが魅力だが、加えて、AMF(Advanced Metal Forming)と呼ばれる、リム成型技術を採り入れ、鍛造ホイールにも匹敵する優れた材料強度を実現する。見た目だけでは終わらず、機能的にも優れたモデルをラインアップしているのだ。

ランクル&プラドをターゲットとした大口径モデル

MUD VANCE02
マッドヴァンス ゼロツー


センターの面積を大きくとり、リムも含みブラックを基調に仕上げることで、ランクルやプラドのビッグボディに劣らない存在感を発揮するマッドヴァンス02。天面に切削加工を採り入れることで、メッシュデザインを強調し、高級SUVにマッチする上質さも表現。アウトドアシーンでも街中でも違和感のないスタイルを構築する。また、鋳造製法でも鍛造に劣らない材料強度を実現するAMF製法を採用。タフな使い方にも耐えうる機能を持ち合わせる。

SPECIFICATION

SIZE H/PCD PRICE
18×8.0J+20 6/139.7 4万5000円
20×9.5J+55 5/150 6万5000円

COLOR:ブラックポリッシュ
CONSTRUCTION:鋳造/1ピース

KカーからFJクルーザーまでをカバーする斬新コンケイブフェイス

MUD VANCE01
マッドヴァンス ゼロワン


ハスラーなどのKカー向け15インチから、デリカD:5やFJクルーザー、ハイラックスなどに向けた17インチまで幅広い車種をターゲットに据えるマッドヴァンス01。エッジの効いた5本スポーク(6穴の場合6本スポーク)はセンターに向かって迫力に溢れた落とし込みを見せるコンケイブデザインを採用。天面は切削加工を施し、エッジを強調。リムにはダミーピアスを加えることでオフ系に欠かせない重厚なイメージもプラスする。カラーはオフ系で人気のブラックだが、つや感を抑えたマットブラックとすることで、渋い足元を創り出す。


SPECIFICATION

SIZE H/PCD PRICE
15×5.0J+45 4/100 2万4000円
16×5.5J+22 5/139.7 2万6000円
16×7.0J+35 5/114.3 3万円
16×8.0J+5 6/139.7 2万8000円
17×7.0J+40 5/114.3 3万7000円
18×8.0J+25 6/139.7 3万5000円

COLOR:マットブラックポリッシュ
CONSTRUCTION:鋳造/1ピース

ハイエースの足元に上質さとインパクトをもたらす

McCOYS EP-4
マッコイズ イーピーフォー


ハイエース専用モデルとしてラインアップされるマッコイズEP-4。1車種専用ゆえに、ハイエースに合わせることを前提に、ギリギリまでデザインの自由度を高めた究極のハイエース用ホイール。ブラックのV字スポークは大柄なボディサイドにも劣らない力強さを発揮。さらに力強さを高めるべく、リムエンドには切削処理をした面を設け、シルバーもしくはゴールドクリアに仕立てられる。サイズは16〜18インチの3タイプ。16インチであればオフ系タイヤと組み合わせるのもアリだ。

SPECIFICATION

SIZE H/PCD PRICE(ブラック&シルバー/ブラック&ゴールド)
16×6.5J+38 6/139.7 3万円/3万2000円
17×6.5J+38 6/139.7 3万7000円/3万9000円
18×7.0J+38 6/139.7 4万3000円/4万5000円

COLOR:ブラック&ゴールド、ブラック&シルバー
CONSTRUCTION:鋳造/1ピース

と、現状は3モデルをラインアップするウェッズアドベンチャーだが、2019年に向けて、新たなモデルが出るような動きも予想される。オフ系カスタムを目指す4WD、SUV乗りやハイエース乗りは、要注目だ。

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

(スタイルワゴンより)

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

アクセスランキング

  1. 新型ハイエースは国内未発売なの!? フィリピンで発表された第六世代の公開画像全部載せ!
    2019年02月19日
    新型ハイエースは国内未発売なの!? フィリピンで発表された第六世代の公開画像全部載せ!
  2. 新型ハイエースは国内未発売なの!? フィリピンで発表された第六世代の公開画像全部載せ!
  3. Kトラのオフ系カスタムが人気急上昇中! ハードカーゴのお洒落キャリアで遊び道具をたっぷり積載!【大阪オートメッセ2019現地取材】
    2019年02月19日
    Kトラのオフ系カスタムが人気急上昇中! ハードカーゴのお洒落キャリアで遊び道具をたっぷり積載!【大阪オートメッセ2019現地取材】
  4. Kトラのオフ系カスタムが人気急上昇中! ハードカーゴのお洒落キャリアで遊び道具をたっぷり積載!【大阪オートメッセ2019現地取材】
  5. 逆輸入車じゃない! 左ハンドルのスズキ・ハスラー!? 公道走行可! 真鍋モータースの強烈公認カスタム!【大阪オートメッセ2019現地取材】
    2019年02月20日
    逆輸入車じゃない! 左ハンドルのスズキ・ハスラー!? 公道走行可! 真鍋モータースの強烈公認カスタム!【大阪オートメッセ2019現地取材】
  6. 逆輸入車じゃない! 左ハンドルのスズキ・ハスラー!? 公道走行可! 真鍋モータースの強烈公認カスタム!【大阪オートメッセ2019現地取材】
  7. オトナの隠れ家的なプライベートルームが完成。 レーシングドライバー「谷口信輝」が 自分だけのオーダメイドハイエースを作る!【集中連載第2弾!】
    2019年02月19日
    オトナの隠れ家的なプライベートルームが完成。 レーシングドライバー「谷口信輝」が 自分だけのオーダメイドハイエースを作る!【集中連載第2弾!】
  8. オトナの隠れ家的なプライベートルームが完成。 レーシングドライバー「谷口信輝」が 自分だけのオーダメイドハイエースを作る!【集中連載第2弾!】
  9. SSRプロフェッサーの記念すべき10作目は、コンケイブを強調したオーソドックスなスポーツデザインホイール
    2019年02月19日
    SSRプロフェッサーの記念すべき10作目は、コンケイブを強調したオーソドックスなスポーツデザインホイール
  10. SSRプロフェッサーの記念すべき10作目は、コンケイブを強調したオーソドックスなスポーツデザインホイール
もっと見る