レイズの魅力を世界に発信する「RAYS WORLD TOUR」が中国・東莞(とうかん)で開催されました

  • 公開日時 :

RAYSの魅力を世界に発信

「RAYS WORLD TOUR」、中国・東莞で開催

世界中のファンから支持されているホイールブランドRAYS。自動車産業が右肩上がりの中国で、改めてメイドインジャパンの技術力、そしてデザイン性の高さをアピールするために2017年に開催したRAYS WORLD TOURの第2段が、中国・東莞市で開催されました。まさに世界初公開となるモデルもあり、中国メディアやディストリビューター、そして中国自動車工業会からも高い関心が寄せられました。


現地テレビメディアからのインビューを受けるRAYS三根茂留社長。

メイドインジャパンの技術力、そしてデザイン性が、国内はもちろん多くの海外ファンからも支持されているホイールメーカー・レイズ。ここ数年、アメリカ・SEMAショーへの出展なども積極的に行ってきたが、アジア地域各国への販売拡大を目指し、2017年に初めて香港にて新商品発表会を開催し、ベルサスブランドの新作を世界初公開。現地のメディアや販売代理店から高い評価を得ました。
そして今回、2018年12月14日(金)から中国・広東州の東莞で開催されたカスタム&チューニングカーイベント「AIT(オールインチューニング)」の展示会場にて、大きなRAYSブースを展開すると同時に、現地販売代理店や現地メディアを対象とした第2回目となるレイズワールドツアー in 中国が開催されました。

レイズが中国でワールドプレミアを開催する理由のひとつが、アジア地域の昨今の市場変化にあります。

「自動車産業を見てみると2017年実績としてアメリカの1723万台日本の970万台、対して中国市場では世界第一位の2888万台の生産を達成しています。アジアは急激なクルマの伸び率と共にクルマを楽しむ文化としてのカスタマイズ市場が活性化し、すでにグローバル化された情報を基にしたトレンドと需要が始まっています。アフター市場はクルマを持つから楽しむという切り口がベースになるのでこれからまだまだ伸びて行く市場と考えています」と、レイズ・三根茂留代表取締役社長。

今回の発表会で多くの現地コーディネイターが招待されたが、中国での販売総代理店となるZERO SPORTSのヤン氏は、レイズが中国市場で人気を得ている最大の理由はやはりクオリティの高さだという。
「中国ではレイズ=ハイブランドという位置付けで、ユーザーにとっては憧れの存在として認知されています。単純にカッコイイデザインはもちろんですが、中国の国内モデルにはない複雑なデザイン、それでいて強度にも優れています。メイドインジャパンのクオリティ=安心して履けるという事も重要な要素だと思います」とヤンさん。(写真左から3人目)

Photo:TOYOTA GAZOO Racing

また2018年は、ホイールサプライヤーとして参戦しているTOYOTA GAZOO Racingによるル・マン24時間レースでは、ハイブリットカーTOYOTA TS050が悲願の総合優勝を達成。そんなレースフィールドの技術を投入するとともに、技術特許を取得したのがAMT技術です。
「AMT(アドバンスド マシニング テクノロジー)。ラインを入れたりロゴ部分に色を付けるといった従来のホイールデコレーションは、洗車機テストや防錆の面で塗装の強度が保てませんでした。しかし、今回技術特許を取得したAMTは文字を立体的に削って色を入れクリア塗装でフィニッシュすることで、3次元的な造型と性能を持たすことができました。又特許取得したことによるコピー品の抑止としても効果を期待しています」三根代表取締役。

RAYS説明員に熱心に質問する現地ディストリビューター

そんなAMT技術を投入した新作を2018年は数多くラインアップされ、今回、中国で初公開されたNEWモデルにも積極的に採用してましす。
「THE CONCEPT IS RACING」
それは、レイズのテーマであり、レース活動で得たノウハウをそのままモノ創りに生かしていくというモノ作りへのコダワリ。また、環境に留意しながら安心安全を担保した魅力ある商品提供を考える姿勢は、アジア各国のクルマ好きに響き、確実に需要を広めつつあるようです。

RAYS WORLD TOUR in 中国の発表会会場には、ALL in TUNINGの主催者である中国自動車工業会の師建華副秘書長、雅森国際公司の謝宇総経理らが表敬訪問しました。

各ブランドプロデューサーが最新もでるのコンセプトを解説! 実物は東京オートサロンでチェックしよう!

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :

アクセスランキング

  1. これが次世代のLEDカスタムだ! シルエットライティングのススメ
    2019年03月23日
    これが次世代のLEDカスタムだ! シルエットライティングのススメ
  2. これが次世代のLEDカスタムだ! シルエットライティングのススメ
  3. 白いジムニーと緑のジムニー! スズキ車のリフトアップでおなじみショウワガレージのアゲ仕様2タイプ|JB64スズキ・ジムニー
    2019年03月23日
    白いジムニーと緑のジムニー! スズキ車のリフトアップでおなじみショウワガレージのアゲ仕様2タイプ|JB64スズキ・ジムニー
  4. 白いジムニーと緑のジムニー! スズキ車のリフトアップでおなじみショウワガレージのアゲ仕様2タイプ|JB64スズキ・ジムニー
  5. 左出し、右出し、左右出し! 見た目と性能を両立した3種のマフラーを速攻リリース|カキモトレーシング|JB64スズキ・ジムニー
    2019年03月24日
    左出し、右出し、左右出し! 見た目と性能を両立した3種のマフラーを速攻リリース|カキモトレーシング|JB64スズキ・ジムニー
  6. 左出し、右出し、左右出し! 見た目と性能を両立した3種のマフラーを速攻リリース|カキモトレーシング|JB64スズキ・ジムニー
  7. バルブと配線キットだけで、テールのポジションランプ点灯面積を広げる!? ヴァレンティ発のリア用ウインカーポジション化キット
    2019年03月22日
    バルブと配線キットだけで、テールのポジションランプ点灯面積を広げる!? ヴァレンティ発のリア用ウインカーポジション化キット
  8. バルブと配線キットだけで、テールのポジションランプ点灯面積を広げる!? ヴァレンティ発のリア用ウインカーポジション化キット
  9. トヨタ新型ハイエースにダイナスティの20インチを合成してみた! セミボンネットでもコレならアリ!
    2019年03月22日
    トヨタ新型ハイエースにダイナスティの20インチを合成してみた! セミボンネットでもコレならアリ!
  10. トヨタ新型ハイエースにダイナスティの20インチを合成してみた! セミボンネットでもコレならアリ!
もっと見る