ロェンイズム健在! ハーフでもひと目でわかる存在感|ロェン|スバル・レヴォーグ

  • 公開日時 :

ROWEN

スバル・レヴォーグ後期

ロェンといえば、スポーツカーからミニバン、ワンボックス、さらに超高級欧州車に至るまで、驚くほど精力的にパーツを手掛けるブランド。
とくにスバル界での活躍はめざましく、多彩なバリエーションを揃えるBM/BR系レガシィのヒットは印象深い。主力とするボディキットでは、いまやカスタム業界全体の定番となっているLEDスポットをいち早く採り入れたほか、塗り分けを想定したプレスラインを意識的に盛り込んだ3Dデザインに挑戦するなど、ロェンが業界に与えた影響は計り知れないものがある。レヴォーグに移行した現在でも、付け替え組など、リフレッシュを希望するレガシィオーナーからの引き合いは根強いという。

現在の主力である、レヴォーグ、WRXへのアプローチもじつに精力的で、ハーフ、バンパー、前期、そして今回特撮の後期と、コンスタントに新作を発表している。
ひとめでロェンと判る、他に埋もれず、迎合もしない個性は、ブランドを支える大きな魅力。保守派のスバリストでさえも、そのデザイン性には一目置かざるを得ないほど、動きは活発だ。


となるとロェンの軸足はボディキットだけ!? と思えるが、それはノーと強く断言したい。エアロと並行してチューニングにも力を入れており、とくにマフラー開発にかける姿勢は業界屈指。自社ファクトリーや専門スタッフを有するなど、精緻なモノ作りへの評価は高い。マフラーでロェンを知ったというスバリストも少なくない。サーキットシーンへの参画も積極的で、そこで培った知見と人材をベースに送り出すメニューも豊富に揃える。チューニングブレーキ界へも本格参入するなど、スバル車を見た目と機能性の両面でブラッシュアップする体制は、年を追うごとに磨かれている印象だ。スバリストは一家言あるといわれるが、裏を返せばそれだけ愛車に対する思い入れが強いということ。そんなスバリストがお墨付きを与えるブランド、ロェン。支持されるには理由がある。


最新の後期(D&E型)に対応する新作リップ。エアロに付属するLEDは、青と白があり。


マストでゲットしたい後期専用グリルのほか、両面テープで貼るだけのお手軽パーツも充実。

アイライン、ボンネットダクトエクステンション共に、カーボンもある。

クリア塗装済みのため、即取り付けできる。


別売ステーを使えば、手持ちのSTIアンダーエアロを無駄なく併用できるリアもバンパー。

リアウイングは、メインフラップ、ステー、翼単板、翼端板リッドの7つのパーツで構成。


1.6L&2.0Lを網羅するマフラーは、フルステンやチタン、テール限定。

またはセンターパイプセット、さらに本数と、ニーズにあわせて多種多様に選べる。


純正を残したまま、上から被せて楽しむサイド。ラインに沿った塗り分けをオススメする。


ウインカーの光が内から外へ流れる、シーケンシャルタイプの交換キット。クリアとブラックの2つのクロームがあり。


アンサーバック機能のほか、キーを持って近づくとレンズ底が光るウエルカムランプ付き。作動動画はウェブで公開中!


フロントフェンダーは交換型。ハイインパクトなダクト&フィン付き。上部にもダクトが。


リア用オバフェンは被せ型。片側2Pで、構造変更不要な拡幅量は8mm。スリットが特徴。


フットワークを軽くする高剛性&ハイエンドな鍛造ワンピ。ブレーキもしっかり目立つ!

オリジナルホイール「フレイム」も好評中


3年の開発期間を経て誕生したオリジナルは、リムオーバー、アンダーカット、そしてコンケイブをブレンドさせた、欲張り系ワンピースだ。

SPEC(レヴォーグ後期)

フロントスポイラー:6万円
サイドステップ:6万2000円
リアバンパー:11万円〜
フロントグリル:4万6000円
アイラインガーニッシュ:1万5000円
ボンネットダクトエクステンション:2万円
RRフロントフェンダー:14万5000円
リアオーバーフェンダー:3万8000円
リアウイングVer.2:7万6000円
バックフォグランプカバー:5000円
LEDシーケンシャルドアミラーウィンカーキット:3万5000円
LEDブリリアントテール:8万円
LEDバックフォグ:3万4000円〜
マフラー/プレミアム01S 4本出しチタン:15万3000円〜
ホイール/プロドライブ・GC-0100s(20×9.5J+45)
タイヤ/ブリヂストン・ポテンザS001(245/30)

[SUBARU STYLE Vol.1]

関連車種の記事を見る

スポンサードリンク