【TAS2019 中ホール6】デザイナー・鈴木一泰氏が手掛ける“SUW”ブランドの最新ホイールがお披露目される|クライメイト|東京オートサロン2019事前情報

  • 公開日時 :

異次元の立体感で表現する
ツインディスクデザイン!

SUW WHEEL/ALIA-M5&ALIA S5

スーホイール/アリアM5&アリアS5
TAS2019 中HALL6


自由な発想で常識という型にはまらない
世界のストリートカルチャーやスポーツファッションに精通し、自ら立ち上げた「SUW」ブランドでウェアデザインなどを手がけてきたデザイナー・鈴木一泰氏による新しいホイールブランド。求めたのは常識という型にはまらない、自由な発想と全く新しいデザインの価値観だ。2013年の設立以降、日本発として機能性とデザイン性を融合させた究極のレベルを追求。個性溢れる作品を世に送り出している。
そんな「SUW」ブランドが2019年に送り出すのが『ALIA-M5』『ALIA-S5』の2デザインだ。どちらも異なる造形のスポークを重ね合わせたツインディスクデザイン。コンケイブの裏に潜むスポークとの融合が表現する異次元の立体感で他を圧倒する。一番手前に配置されるポリッシュ面の5本Y字スポークは2本とも共通だが、奥にデザインされるクロススポークにより『M5』は細かなメッシュスタイル、ストレートスポークの『S5』はラフメッシュ的なスポークデザインを表現している。サイズ的には21インチのM5、18~20インチのS5と棲み分けている。東京オートサロンでは、クライメイトブースにて、その実物をお披露目予定。緻密でクオリティの高いデザインをその目で確かめにいこう

デザイナー・鈴木一泰氏
1997年、ロサンゼルスにおいて「STREET URBANWEAR SUW」を立ち上げ、国内外のフィールドで活躍。2013年にはクルマのホイールブランド「★SUW★」で自らがホイールデザインを手がけている。ちなみに名前からも分かるように、一泰氏はメジャーリーグで活躍し、現在シアトル・マリナーズの会長付特別補佐で将来の野球殿堂入りが確実なイチロー選手の実兄。ともに世界を舞台に挑戦し続けている。

「ALIA-M5」

●サイズ:21×9.0 ●価格:7万2000円~7万9000円 ●カラー:SBC/P、BR/P、BL/P

「ALIA-S5」

●サイズ:18×7.0~20×8.5 ●価格:4万3000円~6万9000円 ●カラー:SBC/P、BL/P

スタイルワゴン・ドレスアップナビ

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :