【TAS2019東ホール7】人混みをかき分けてでも見ておきたい!普段は見られないクルマがサロン会場にはある!フォージアート・ロールスロイス カリナン|東京オートサロン2019現地情報

  • 公開日時 :

東京オートサロン2019現地情報
人混みをかき分けてでも見ておきたいデモカーチェック

本日より開催されている東京オートサロン2019。プレス及び特別公開の今日でさえ、ものすごい人、人、人!一般公開が始まる12日(土)からは例年のごとく、いや例年以上の来客が予想される。どのブースも最新デモカーや新作パーツを見ようとごった返すこと間違いなしだが、その中でもぜひ見て頂きたいクルマを編集部がチェック!ぜひ来場時のご参考に!

圧倒的な存在感を放つ世界屈指の超高級SUV、しかも24インチ!

FORGIATO JAPAN/Rolls-Royce CULLINAN

フォージアート ジャパン/ロールスロイス カリナン

東京オートサロンは国内外様々なクルマをベースとしたカスタムカーが見られる屈指のカスタムカーショー。欧州のプレミアムなセダン、スポーツカーもわんさかと展示されているのも特徴で、一千万円超えのスポーツカーも国産車の隣に並んだりと、正直歩いていると感覚は麻痺してくる。しかし、その中でもぜひ見ておきたい、なかなかお目にかかれないクルマというのもある。今年で言うと、その1台が、フォージアート ジャパンが飾るロールスロイス・カリナンだ。
近年のロールスロイスはファントムもゴーストもレイスも、荘厳なフェイスと重厚なシルエットが特徴で、得も言われぬオーラを放ちまくっている。中でも昨年5月に発表されたロールスロイス初のSUV、カリナンは、強烈だ。日本国内の販売価格は3894万5000円。もはや家。
そのカリナンに美しいひねり系メッシュのTECNICA3.6をフィッティング。24インチの超大口径ながら、カリナンのビッグボディにはむしろベストサイズ。とてつもない迫力を放っている。このカリナン以外にもフォージアートブースは、フェラーリの812 Superfast、ファントムのエクステンデッドホイールベースと高級車ずくめ。人混み必至だが、一目見る価値は大いにあり。ぜひチェックを。

問:フォージアートジャパン
http://forgiato.jp

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :