【TAS2019レポート】ついにドラレコも4K時代 高画質で安心なデータシステム発のドライブレコーダー|東京オートサロン2019現地情報

  • 公開日時 :

東京オートサロン2019現地レポート
ドライブレコーダーの世界にも
ついに4Kの時代が到来!


DATA SYSTEM R SPEC/データシステム アールスペック



車載カメラやモニター、AV関連パーツなど、電気系のお役立ちアイテムを数多くラインナップする「データシステム」ブースには、最新のエレクトロニクスパーツが多数展示され、多くのギャラリーから注目を集めていた。なかでも興味深かったのが、ドライブレコーダーの4K時代到来を感じさせる、エポックメイキングな最新アイテム「超高精細4KドライブレコーダーDVR3400」(参考出品)だ。フルハイビジョンの4倍も鮮明な4K(3840×2160)映像録画を実現することで、クルマのナンバープレートや夜間映像も超高精細映像で記録可能。4Kならではのメリットを活かし、万が一の際の重要な映像を既存のドライブレコーダーとは比べ物にならない圧倒的な高画質で記録することができる。車線逸脱警告アラームやGPS搭載による位置情報&走行軌跡記録など機能面も充実。まさに、次世代のドラレコだ。
ほかに、1つのカメラでリアカメラ映像とクルマを真上から見た合成映像を同時に映し出せる「1カメラ スカイトップビュー」(参考出品)も、実用性抜群の注目作。安全・快適なドライブをサポートする次世代のエレクトロニクスパーツが目白押しだ!

業界最高レベルの4K(3840×2160)解像度を実現した超高精細4Kドライブレコーダー「DVR3400」。フルハイビジョンの4倍も高精細な映像で、万が一の重要な記録も安心。

現在開発中の「1カメラ スカイトップビュー」は、リアカメラの映像をユニットで記憶&合成する独自の画像認識技術を採用した、画期的なリアカメラシステム。

「1カメラ スカイトップビュー」を使った実際の映像。通常のリア映像とクルマを真上から見たスカイトップビュー映像を同時に映し出し、バック駐車を安全にサポートする。

問:データシステム 086-445-1617
http://www.datasystem.co.jp

[Photos by塩谷佳史 Text by岩田一成 スタイルワゴン・ドレスアップナビ

(スタイルワゴンより)

記事情報

  • 公開日時 :