質実剛健! 鍛造されたアルミの塊から丁寧に削り出していく至高のホイール|ウェッズ新ブランド“F ZERO”

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

2019年スタートの新ブランド「F ZERO(エフゼロ)」は
軽量・高剛性とデザイン性を両立させた究極のブランド


weds F ZERO/FZ-1&FZ-2


ウェッズ エフゼロ/エフゼットワン&エフゼットツー

クレンツェ、マーベリック、レオニス、ウェッズアドベンチャー、ウェッズスポーツなど、それぞれに個性を持ったブランドを多数展開するホイールメーカー、ウェッズ。カスタムシーン、スポーツシーン問わず、様々な名作を送り出してきた一大メーカーだ。
そんなウェッズが、2019年にスタートさせた新ブランド「F ZERO(エフゼロ)」。1月に開催された東京オートサロン2019にてお披露目されたF ZEROの2作は、見るからに軽量・高剛性、そして目を見張るような美しさを漂わせ、特別なオーラを放っていた。
新ブランド、F ZERO。目指したのはまさに軽量・高剛性とデザイン性の両立の追求。この2つの要素を実現させるため、ウェッズが選択したのは『アルミ削り出し鍛造製法』だ。円柱状の「6061-T6」アルミ合金を、1万トンの高圧鍛造機にて加圧。強大な力で鍛造されたアルミ合金は粘り強さを手にし、ごく一般的な鋳造製法よりも高剛性となるため、肉厚を薄く、軽くすることができる。
そのアルミの塊を、今度は1本1本丁寧に、コンピュータ制御されたマシニングセンタを使い、ホイールの形になるまで削り出していく。ホイールの鍛造製法には、削り出しとは別に金型を使った製法もあるが、手間のかかる削り出しを選んだ理由は、デザインの自由度。アルミの塊から彫刻のようにいらない部分を削り落としていくため、より緻密で複雑なデザインを形作ることができるのだ。
こうして軽量・高剛性、デザイン性を高次元で両立させたF ZERO。ファーストモデルとなるFZ-1、FZ-2はアルミ削り出し鍛造製法のアドバンテージを最大限に活かしてデビュー。ウェッズの新たな攻勢に今後も注目したい。

FZ-1/エフゼットワン


センターのデザインが強烈に美しい
フィンとメッシュの融合モデル


鍛造ならではの極細スポークを3対で組み合わせたFZ-1。フィンとメッシュを融合させたスポークラインもシンプルで魅力だが、注目したいのはセンターまわりのデザイン。限りなく奥へと落とし込んだコンケイブぶりに加え、3本のスポークが集合する部分やセンターキャップへと繋がるラインが実に繊細で美しい。撮影したホイールは、素材の質感をストレートに感じられるブラッシュド。この他に艶やかなダイヤモンドブラックを設定する。サイズは18インチ(4サイズ)、19インチ(4サイズ)、20インチ(6サイズ)、21インチ(3サイズ)の計17サイズを用意。ミニバン、セダン、SUVなど様々なジャンルに対応する。

3本のスポークは左右がリムオーバー、中央がその1段下に終着し、スポークラインにも立体感をもたらす。センターのコンケイブも美しい。

スポークの集合部は緻密な削り出され、デザイン性と軽量化を両立。センターキャップもホイール同様にブラッシュドデザイン。

リムにはブランド名のロゴが削り出しで刻まれる。彫刻刀で削り出したような芸術品とも思わせる仕上がり。

エアバルブキャプもF ZERO専用デザインを採用。キャップの天面には“F”の文字が配される。

FZ-2/エフゼットツー


シンプルな形状と複雑なラインが混じる
細く美しい10本デザイン


ブランド立ち上げとともに登場した2作のうち、もう1本がこのFZ-2。FZ-1同様に鍛造製法だからこそ実現できる極細のスポークを基調とした5×2デザイン。リムに向かってシンプルに伸びきるスポークだが、センター付近では複雑に面が絡み合い、独特な存在感を放つ。こちらも急激な落とし込みを持つコンケイブを強調。その深さの違いで全6タイプのフェイスを用意する。撮影ホイールのカラーはダイヤモンドブラック。黒みを帯びた艶やかな光沢が上品な足元を演出する。サイズはFZ-1と同じく18から21インチの全17サイズ。

センターの落とし込みが作るコンケイブフェイス。滑らかなラインから始まり、センター付近で急激に沈み、立体感のあるフェイスを作り出す。

スポークサイドには複雑なリブが加わり、見せる面を増やすことで、フェイスに抑揚と緻密さを演出する。

センターにはF ZEROのロゴを採り入れたセンターキャップを採用。シンプルなデザインが高級感抜群。

リムにはF ZEROのロゴに加えて、FORGED(鍛造の意味)文字も刻まれ、ハイクオリティをアピールする。

【SPECIFICATION(FZ-1、FZ-2共通】

SIZE H/PCD PRICE(ダイヤモンドブラック/ブラッシュド)
18×7.5J+45 5/100 6万円/7万円
18×7.5J+38,+48 5/114.3 6万円/7万円
18×8.0J+45 5/114.3 6万1000円/7万1000円
19×8.0J+38,+48 5/114.3 6万8000円/7万8000円
19×9.0J+38,+48 5/114.3 7万円/8万円
20×8.5J+38,+48 5/114.3 8万2000円/9万2000円
20×8.5J+20 5/120 8万2000円/9万2000円
20×9.5J+38,+48 5/114.3 8万4000円/9万4000円
20×9.5J+28 5/120 8万4000円/9万4000円
21×9.0J+35 5/114.3 9万5000円/10万5000円
21×9.0J+25 5/120 9万5000円/10万5000円
21×10.0J+30 5/120 9万7000円/10万7000円

■COLOR:ダイヤモンドブラック、ブラッシュド

問:ウェッズ 03-5753-8201
https://www.weds.co.jp

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

アクセスランキング

  1. 新型ハイエースは国内未発売なの!? フィリピンで発表された第六世代の公開画像全部載せ!
    2019年02月19日
    新型ハイエースは国内未発売なの!? フィリピンで発表された第六世代の公開画像全部載せ!
  2. 新型ハイエースは国内未発売なの!? フィリピンで発表された第六世代の公開画像全部載せ!
  3. Kトラのオフ系カスタムが人気急上昇中! ハードカーゴのお洒落キャリアで遊び道具をたっぷり積載!【大阪オートメッセ2019現地取材】
    2019年02月19日
    Kトラのオフ系カスタムが人気急上昇中! ハードカーゴのお洒落キャリアで遊び道具をたっぷり積載!【大阪オートメッセ2019現地取材】
  4. Kトラのオフ系カスタムが人気急上昇中! ハードカーゴのお洒落キャリアで遊び道具をたっぷり積載!【大阪オートメッセ2019現地取材】
  5. 逆輸入車じゃない! 左ハンドルのスズキ・ハスラー!? 公道走行可! 真鍋モータースの強烈公認カスタム!【大阪オートメッセ2019現地取材】
    2019年02月20日
    逆輸入車じゃない! 左ハンドルのスズキ・ハスラー!? 公道走行可! 真鍋モータースの強烈公認カスタム!【大阪オートメッセ2019現地取材】
  6. 逆輸入車じゃない! 左ハンドルのスズキ・ハスラー!? 公道走行可! 真鍋モータースの強烈公認カスタム!【大阪オートメッセ2019現地取材】
  7. オトナの隠れ家的なプライベートルームが完成。 レーシングドライバー「谷口信輝」が 自分だけのオーダメイドハイエースを作る!【集中連載第2弾!】
    2019年02月19日
    オトナの隠れ家的なプライベートルームが完成。 レーシングドライバー「谷口信輝」が 自分だけのオーダメイドハイエースを作る!【集中連載第2弾!】
  8. オトナの隠れ家的なプライベートルームが完成。 レーシングドライバー「谷口信輝」が 自分だけのオーダメイドハイエースを作る!【集中連載第2弾!】
  9. SSRプロフェッサーの記念すべき10作目は、コンケイブを強調したオーソドックスなスポーツデザインホイール
    2019年02月19日
    SSRプロフェッサーの記念すべき10作目は、コンケイブを強調したオーソドックスなスポーツデザインホイール
  10. SSRプロフェッサーの記念すべき10作目は、コンケイブを強調したオーソドックスなスポーツデザインホイール
もっと見る