走りたい飾りたいSUBARUユーザー必見! 軽量高剛性&デザイン性に優れたコラゾンNEWホイール【大阪オートメッセ2019現地取材】

  • 公開日時 :

新作ホイール「LCZ1」をはじめ
製品ラインナップをさらに強化


CORAZON/コラゾン



スバルブース横の一等地に展開していた、スバル車専門のカスタマイズブランド、コラゾン。レヴォーグSTIスポーツ2019バージョンと名付けられたこちらの車両の最大のポイントは、ビッグキャリパーに対応したオリジナルスポーツホイール、LCZ1。デザインは軽さと強度にこだわった、シンプルなスプリットタイプの5本スポークを採用。先行投入が予定されているサイズは19インチで、インセットは+45/+51と、WRX、レヴォーグにジャストフィットの設定となっている。その他については昨年発売が開始され、さりげない造形に幅広いユーザー層からの人気を得ているルーフエンドスポイラーや、カーボンのアンダースポイラーなど、スバル専門ブランドらしいトータルバランスに優れた仕上がりにファンからの熱い視線が注がれていた。

LCZ1に当初設定されるカラーはブラックのみ。タイヤの適正サイズは235。展示車にはカーボンのアーチモールが装着されていたが、モール無しでも純正フェンダー内に収まる。

ノーマルのルーフスポイラー被せて装着する、コラゾンのルーフエンドスポイラー。センターが10mm、両サイドは50mm、それぞれ延長されている。■3万円(FRP・未塗装)

問:CORAZON事業部
https://www.corazon-world.com

[Photos by 幸田太郎 Text by 高橋陽介]

関連車種の記事を見る

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :

関連車種