超ゴージャスな移動空間! ヴァルドが魅せたメルセデス・ベンツVクラスのフルカスタムサルーン【大阪オートメッセ2019現地取材】

  • 公開日時 :

ワンランク上のVIPユースを見据えた
オーダーメイドインテリアの世界を提案

WALD/ヴァルド


豪華で高級なミニバンといえば?と聞かれると、おそらく多くの人がアルファード/ヴェルファイアの姿を想像するハズ。それはそれで正解なのだが、そこからさらにワンランク上のステージを目指すべく、メルセデスベンツという世界的な高級車メーカーとしてのステータス性のもと、Vクラスで最上級のラグジュアリーな空間を提案したのがヴァルド。ウッド張りのフロアに装着されたキャプテンシートには上質なレザーが用いられ、ヴァルドオリジナルの縫製デザインともあいまって、移動ラウンジ的なゴージャス感が演出されている。残念ながら現在はまだ構想の段階だが、今後は数パターンの基本パッケージを設定し、そこから各種装備や好みのシート生地などを組み合わせて行くセミオーダースタイルの形式での実用化を検討中とのこと。サルーンベースのリムジンを凌ぐユーティリティを備えた、ミニバンのショーファードリブン仕様。この発想は絶対にアリだと思う。 

高級感を備えながらも、ややシンプルに過ぎるノーマルVクラスの内装を一新。クルーザーのデッキを連想させるチーク材を用いたフロアにも注目。ボディキットについてはヴァルドの従来モデルを踏襲。

Vクラスの隣で異様な存在感を放っていたロールスロイス・ファントム。マットブラックでフルラッピングされたボディに、ヴァルド・ブラックバイソンのキットをフル装着。ホイールサイズは24インチ!

問:ヴァルドインターナショナル 072-673-3000
http://www.wald.co.jp

[Photos by 幸田太郎 Text by 高橋陽介]

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :