NV350キャラバンを6インチUP!  往年のサファリラリー車を彷彿とさせるボディラインのアゲ仕様【大阪オートメッセ2019現地取材】

  • 公開日時 :

まさに、温故知新のインパクト
キャラバンがラリーカーに大変身!


BodyLine./ボディライン


最近では電気自動車リーフやノートeパワーなど、エコカーメインのメーカーという印象も受ける日産だが、かつてはサファリ、モンテカルロをはじめ海外ラリーで大活躍していた。中でもクルマ好きの間で今なお記憶に刻まれているのが1960年〜70年代に使用されていたブラック&レッドのボディカラー。そんなかつての栄光のカラーをNV350キャラバンに取り入れたのが、大阪のキャラバンカスタム専門ショップ、ボディラインだ。同社オリジナルのロングシャックル&6インチリフトアップキットが採用された足回りやフロントグリルガード、大型のフォグランプなどが装着されたエクステリアは、ラリーカーそのものと言っても過言ではないほどの迫力。フロントのみならず、2列目にも採用されたバケットシートも雰囲気満点。ボディサイドに貼られたステッカーや「DATSUN350」というエンブレム一つとっても、遊びゴコロという一言だけでは済まされないホンキ度が伝わって来た!

イベント会場よりもダートコースの方が似合いそうなスタイル。サポートミラーのステーをスポットランプ用に利用するセンスもGOOD!

120%ハズしを狙ったテクニックなのだが、不思議とマジなレーシーさが感じられる2列目のバケットシート。

ボディラインのイニシャルをあしらったゼッケンサークルや、ステッカー類のセレクトもカンペキだ。

問:ボディライン 072-368-5021
https://www.bodyline-inc.com

[Photos by 幸田太郎 Text by 高橋陽介]

関連車種の記事を見る

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :