トヨタ・C-HR カスタム基礎講座 エアロパーツ編

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

場所 基本は底周りの3点

トヨタ・C-HR カスタム基礎講座


エアロパーツの基本は、【フロント】【サイド】【リア】の3箇所。すべてを用意するブランドもあれば、フロントとリアのみ、またはフロントのみという場合もあり。同じブランドで3点など、まとめ買いする場合、一部で割引が適用されることも。アンダーボディにある、黒樹脂部分に沿うエアロが多い。

フロントスポイラー

構造により対象範囲は異なるものの、真っ先に手に入れたい鉄板攻略ポイント。構造別に大きく3種類あり、フロントだけのブランドもある。

サイドステップ

前後とのボディラインを整える。純正でサイドが付くため被せ型が多いが、一部交換型もあり。純正ドアパネルごと付け替えるブランドもある。

リアスポイラー

ハーフでは、フロント同様、純正バンパーの下半身部を取り外して交換する場合と、純正上から被せる場合の2通りあり。場合より加工が伴う。

種類 形状違いで3タイプ

バンパースポイラー

純正バンパーと“取り換える”交換型。デザイン性を主張しやすい個性派が多く、フォグやセンサー類は基本流用できる。相応のコストが必要。

ハーフスポイラー

純正バンパー先に“被せる”覆い型。ダクト付きなど、個性派も多数。LED
を付属、またはオプションで追加できる場合も。アンダーとも呼ばれる。

リップスポイラー

純正バンパーへ“底付けする”追加型。リップをハーフ、ハーフをリップ、またはアンダー、さらにフラップと呼ぶなど、メーカーで認識差がある。

必要経費

本体以外にも相応の費用が必要。
メーカーや地区、店により見解は異なるが、基本は下記のコストが発生。個人宅への配達は大きさにもよるが基本NGだ。

エアロ本体代+送料+塗装・取り付け代+純正部品処分代=総額
※送料は見落としがち、純正部品を外す場合はその処分にも費用がかかる。

エアロには塗装が必要!!

手元に残る純正品の処理にも配慮

エアロはボディカラーごとの塗装が必須。購入時に取付店にて塗装してもらうが、塗装済みエアロを購入することも可能(ただし対象が純正全色ではない場合も)。カーボンは表面の(色柄を保護する)クリア塗装が必須。クリア塗装済みの場合と、塗装なしがあるので、必ず確認を。また、バンパーエアロや部分交換のハーフでは、手元に純正部品が残る。保管するのか、処分するのかも考慮したい。

完成度を高める、こんなパーツも!

C-HRドレスアップの一等地と呼ばれる、純正バンパーの正面をドレスアップするための、顔面のパネル状エアロ「バンパーガーニッシュ」を筆頭に、左右の三角形パネルをLED化する「LEDガーニッシュ」、さらにバックドア上の純正ウイングの上に被せる、または交換型の「リアウイング」まで、いろいろあり!!

バンパーガーニッシュ

LEDガーニッシュ

リアウイング

(STYLE RV Vol.131 トヨタC-HR No.2 〜2018.07.26〜 より)

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

(スタイルRVより)

関連車種の記事を見る

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

関連車種