手軽にイメージを一新楽しみながら個性をアップ|くるまドットコム|スズキJB64ジムニー

  • 公開日時 :

爆発的ヒットを続けるJB64。デリバリーも徐々に進み、街角で見かける機会も確実に増え始めている。そこで、「他とはカブりたくない」という個性派にオススメしたいのが、くるまドットコムのアイテムシリーズだ。

新しいユーザー層に向けたアイテム群

くるまドットコム・メッキパーツシリーズ

前モデルのJB23まではガードバーやブロックパターンのオフロードタイヤ、悪路における走破性を重視したリフトアップサスペンションなど機能を全面に押し出した、いわゆる「クロカン志向」のカスタマイズがその王道とされていた。しかし、実に20年ぶりというフルモデルチェンジで登場したJB64は、コンパクトカーやワゴンなど4駆以外の車種からの乗り換えユーザーが非常に大きな割合を占めているという。このことはカスタマイズにおける趣向の多様化も意味している。そんな新しいユーザー層にスポットを当て、魅力溢れるアイテムを次々にリリースしているのが、くるまドットコム。同社の製品の最大のポイントと言えるのが、誰でも特別な知識や工具を用いることなく簡単に取り付けできる気軽さ。例えば、ジムニーの伝統とも言える5スロットのフロントグリルの特徴を強調させるグリルメッキベゼルは両面テープで貼り付けるだけでOK。その他、サイドドアガーニッシュやドアモールガーニッシュといったエクステリアパーツも基本的に両面テープで装着が可能。インテリアに関してもインパネセンター部に並んだ空調のダイヤルや、エアコンの吹き出し口などに取り付けるリングも両面テープで速攻イメチェン。黒一色の無骨な内装に、華やかさと高級感をプラスしている。価格も1万円以下の製品が大半となっているので、お小遣いをやりくりしながら一つずつ買い揃えて行っても楽しいだろう。

くるまドットコムの一連のメッキパーツシリーズを組み合わせた例。周囲に対象物が無ければ、軽自動車とは思えないほどの、ミニHUMMER的な迫力を漂わせている。

JIMNY XC 30年式 CUSTOM PART LIST
●ヘッドライト&ウインカーメッキベゼル 1万2980円
●フロントグリルメッキベゼル5点 6980円
●フロントバンパーコーナーメッキ 7980円
●フォグランプガーニッシュ 6980円
●サイドマーカーガーニッシュ 3980円
●ドアモールガーニッシュ 5980円
●サイドドアガーニッシュ 6980円
●ドアハンドルメッキカバー 2980円
●バックドアハンドルメッキカバー 3980円
●ステンレスマフラーカッター 5800円
●ドアミラー防眩ブルーミラーレンズ 4480円
●LED付きフォグランプ 6480円


フェイス周りでのイチ押しが、ヘッドライト&ウインカーベゼルリング。特にヘッドライト側は単なるリングではなく、立体的なリブが全周に渡り刻まれ、目ヂカラをパワーアップさせている。

走行風を利用してフロントガラスへの虫やゴミの付着を防ぐバグガード・ボンネットバイザー。クリップとテープで固定。

サイドドアガーニッシュは素材にステンレスを採用。あえて光沢を抑えることで、JB64の車格をワンランク引き立てている。

純正バンパーの角張ったオーバーライダーを強調するコーナーメッキとフォグランプカバー。フォグにはLEDリングを内蔵。

バックドアにアクセントを添えるメッキハンドルカバー。左右ドア用のハンドルカバーと併せての装着がオススメ。

見逃しがちなポイントと言えるのが、ハイマウントストップランプ部分。統一感を出すならここもメッキでまとめたい。

気にならないようで、気になる純正マフラーのテールエンド。純正バンパーのボリュームが大きいため、マフラーカッターで対策を。

CUSTOM PART LIST
●遮光サンシェード6面セット 1万1800円
●インナーラゲッジガード 5980円
●ラゲッジマット 6480円
●フットレストペダルカバー 3980円
●エアコン吹出口メッキカバー 3480円
●センターエアコンメッキカバー 4980円
●エアコンダイヤルリング 3980円
●インナードアハンドルカバー 3480円
●カップホルダーメッキカバー 3480円
●アクセサリーボックススイッチカバー 2980円
●ワンタッチメッシュシェード 1280円
●LEDルームランプSET 3980円
●サイドブレーキカバーMT/AT 3480円
●シフトブーツMT用 2980円
●トランスファーブーツカバー 2980円
●シリコン製スマートキーケース「スマピタくん」 1380円
●フロントグリルデザインキーホルダー 2980円


ステアリングのスポーク下部や、丸型の空調の吹き出し口、ダッシュボード右端のパネルなどをメッキ化させた例。くるまドットコムのサイトには、おトクなまとめ買いプランも表示されているので、ぜひ参考に。

純正のように違和感の無いマッチングを見せる、インパネセンターの空調操作部周辺。エアコンダイヤルリングは写真のレッドの他、シルバー、ブルーも設定されている。

カップホルダーのフレーム周りをメッキ化した他、シフト/トランスファーレバーのブーツをカラーステッチ仕様に変更。

インナードアハンドルカバーとスピーカー周囲をメッキ化。乗降時、必ず目に入る部分だけに、演出効果はバツグン。

ルーム/マップランプ部分もメッキでゴージャスに。ランプユニット部もくるまドットコムのLED仕様に変更済み。

滑りにくく、フロア周りへの泥や砂利などの飛散も防ぐ3Dフロアマット。フロント、リア、リア中央部という5点構成で、AT/MT用が用意されている。JB64の他、74(シエラ)にも対応。

荷物の出し入れの際のゲート開口部へのキズを防ぐ、ステンレス製のインナーラゲッジガード。写真のカーボンステンレスの他、ヘアライン仕上げのブラック/シルバーステンレスも選択可能。

何気ないパーツながら、カーゴスペースに備えておけば、とっても重宝する遮光サンシェード。仮眠時や、夏場の屋外駐車など、使い方は自由自在。脱着は吸盤でスピーディに行うことができる。

ころころ転がって傷が入りがちなスマートキーケースを保護するシリコンカバーと、ジムニーのフロントグリルをモチーフとしたキーリングを組み合わせた例。カバーは7色、キーリングは4色を設定。

問くるまドットコム ☎0120-562-474
https://shopping.geocities.jp/kuruma-com2006/

SAN-EI MOOK 新型ジムニー&ジムニーシエラカスタマイズのすべて 2018.12.26発売より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

スポンサードリンク