クロスカントリー用TE37にジムニー専用新色ブラックが追加|RAYS|スズキJB64ジムニー&JB74ジムニーシエラ

  • 公開日時 :

ボルクレーシングと言えば、その名を知らしめた伝説的ホイールとも言えるTE37の存在がやはりデカい。レーシング系というイメージの強いそんなTE37を、ジムニーの足元へ。狙うフィールドはサーキットではなく、クロスカントリーだ。

VOLK RACING TE37 X Progressive model

ボルクレーシングを象徴するモデル、TE37は、その狙うフィールドや時代に合わせて常に進化を遂げているホイール。そんなTE37のスピンオフのひとつが、このTE37X。サーキットやレースではなく、クロスカントリーを狙うフィールドを見据え、そのハードな走行環境に耐えるための強靭さを、鍛造製法で手にしているのがその特徴だ。そんなTE37Xにジムニー専用色、ブラストブラックが追加されることになった。ボルクとしても初採用のカラーで、ざらつき感のある独特な表面が持ち味。ジムニーでは人気が高い黒で、しかもありきたりな黒ではないというのがスペシャル感満載。スポークエンドの丸みあるリブライン部分が、切削痕が残ったマシニング仕上げとなっているのもタフな印象で、クロスカントリー仕様でキメたジムニーとの相性は文句なしにバツグンだ。もちろんマシニングロゴが好評な従来色、ブロンズもジムニーには最適。引き締まったブラストブラックならワイルドさを、レーシー感も備わるブロンズなら精悍さが強調できる。

Specification
●価格:ブラストブラック 5万6000円(税別)
ブロンズ 5万3000円(税別)
●サイズ:16×5.5Jインセット20
●構造:鍛造1ピース

従来から設定されているブロンズも力感があって魅力。メイドインジャパンやボルクのロゴがマシニングで入る。


力強い伝統の6本スポークに、大きく描かれたボルクレーシングのマシニングロゴ。優越感満点な意匠だ。

スポークエンドにぐるりと一周走るマシニングラインもブラストブラックだけのあしらい。切削痕が精悍。

新色のブラストブラックは、表面に特殊なざらつき感があり、独特な風合いを醸す。ボルク初採用の色味。

標準のセンターはオープンタイプ。大胆に落とし込まれた造形となるため、躍動感をダイレクトに演出可。

問レイズユーザーダイヤル ☎ 06-6787-0019 http://www.rayswheels.co.jp

SAN-EI MOOK 新型ジムニー&ジムニーシエラカスタマイズのすべて 2018.12.26発売より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :