ハイパフォーマンスとエコを両立させたコンチネンタルの最新タイヤ「エココンタクト6」

  • 公開日時 :

新世代コンパウンドテクノロジー採用の
ハイパフォーマンス・エコタイヤを発売

Continental Tires/EcoContact6

コンチネンタルタイヤ/エココンタクト・シックス

コンチネンタルタイヤ・ジャパンは、次世代のコンパウンドテクノロジー「グリーン・チリ2.0」を採用したハイパフォーマンス・エコタイヤ『Ecocontact 6(エココンタクト・シックス)』を2019年3月より発売する。発売サイズは14インチから18インチまでの31サイズ、今後も順次サイズを追加していく予定。価格はオープンプライス。
『EcoContact 6』は、自動車メーカーの厳しい目標を達成するだけでなく、より環境に配慮したソリューションを求めるエンドユーザーのために開発。課題達成のために地球と月の距離に当たる40万kmに及ぶテスト走行をおこない、3つの相反する性能である“ウェットブレーキ性能”“転がり抵抗”“耐摩擦性能”を非常に高いレベルで向上させた。欧州タイヤラベリング制度で28サイズ、40アイテムが「ウェットブレーキ性能、転がり抵抗」ともに最高グレードの「A/A」を獲得している。
最新テクノロジー“グリーン・チリ2.0”を採用し、コンポーネント形状、シリカ配合の最適で燃費効率を最大化、優れたロングライフを実現。最適なグルーブ・リブ比率によりグリップ・ハンドリングを最適化させ安全性を向上させている。

複雑に絡み合いながらも完璧に調和した“自然”を表現したサイドウォールデザイン。

運転精度と安全性を高める非対称リブ・アングル&非対称サイプ・テクノロジーを導入。ウェット時でも有効接地面積を確保してくれる。

新しいコンパウンド配合技術と革新的な添加剤とポリマーの高い柔軟性の組み合わせにより、タイヤの転がり抵抗、ドライ・ウェットブレーキ性能、ロングライフが大幅に改善された。

サイズにより、3本、4本、5本の3つのパターンモジュールがあり、全てにおいてリブとグルーブの幅が咲いて聞かされるように設計されている。

欧州タイヤラベリング制度では燃費の良さを示す「転がり抵抗係数」をA〜G、安全性を示す「ウェットグリップ性能」をA〜F、「騒音」は3段階の評価と音の大きさdB(デシベル)で表示。


※⑥は6月から発売予定

問:コンチネンタルタイヤ・ジャパン
http://www.continental-tire.jp

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :