新たな「GR」はダイハツのコペン!? 軽カースポーツシーンがさらに盛り上がる!?

  • 公開日時 :

コペン「GR」コンセプトが登場
東京オートサロンでも注目度抜群


DAIHATSU/COPEN GR SPORT CONCEPT


ダイハツ/コペンGRスポーツコンセプト

1月に開催された東京オートサロン2019にて、ダイハツとトヨタブースでお披露目されて話題となっているのが「コペンGRスポーツコンセプト」だ。
「GR」とは、トヨタのモータースポーツ部門「TOYOTA GAZOO Racing(トヨタガズ−レーシング)」の頭文字となり、モータースポーツでのノウハウを投入したカスタマイズコンプリートのブランドで、そのGRとダイハツが連携して開発したのが「コペンGRスポーツコンセプト」なのだ。
ベースとなるコペン「ローブ」のグリルやバンパーなどの顔まわり、ディフューザーが特徴的なリアバンパーなどを変更することで、GRらしいデザインを踏襲している。コンセプトモデルながら、完成度が高くすぐにでも市販化が期待されており、今後はボディ剛性の強化や足まわりなどのチューニングを中心に開発が進んでいるのだという。
同じくコペン「セロ」がベースとなった「コペンクーペ」が限定200台で発売されるなど、今後コペンが軽カースポーツシーンを盛り上げていく予感を感じさせる。

GRシリーズの一部車種で採用されている「Functional MATRIX」グリルを取り入れ、広い開口部やダクト&フォグのフロントバンパー。ディフューザーを強調するリヤバンパーなど、スポーティなコペンローブによりダイナミックでレーシーなスタイルを構築。機能面においては、ボディ剛性や足まわりなどのチューニングを中心に開発中。

コペンシリーズは、ベースとなっているコペンローブ(写真はローブS)をはじめ、ワイドフェンダーで武骨な印象を与えてくれるコペンエクスプレイ、丸目ライトのコペンセロと3つの異なる意匠でラインナップされている。独自の内外装着脱構造「ドレスフォーメーション」を採用し、ローブからセロへの変身などカスタム要素も高いクルマだ。


200台限定となる「コペンクーペ」は、「セロ」をベースにルーフからトランク、リヤエンドまで一体となったクーペスタイル。2019東京オートサロンのダイハツブースでは、コペンGRスポーツコンセプトと共にこのコペンクーペも注目を集めた一台。

【SPECIFICATION】
コペンGRスポーツコンセプト
●全長×全幅×全高:3395mm×1475mm×1280mm
●ホイールベース:2230mm
●乗員定員:2名
●排気量:660cc
●タイヤ:165/50R16

問:ダイハツお客様コールセンター 0800-500-0182
https://www.daihatsu.com

[Text by スタイルワゴン・ドレスアップナビ編集部]

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :