30アルヴェル後期 チューニングガイド[足回り 基礎編|30系新型アルファード&ヴェルファイア ]

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

足回り 基礎編

30アルヴェル後期 チューニングガイド[足回り 基礎編|30系新型アルファード&ヴェルファイア ]

リアにダブルウィッシュボーン式サスペンションを導入するなど、快適性と走りに定評がある30系のヴェルファイア&アルファード。ここでは足まわりの基礎から、ローダウンするにあたって知っておきたい重要項目までをピックアップ。これから変更を考えている人は要チェックだ!

純正サスペンションについて

ヴェルファイア&アルファードは、トヨタの最上級ミニバンだが、20系までは多くのミニバンやコンパクトなどに採用されているトーションビーム式をリアに採用していた。トーションビーム式が悪いサスペンションという訳ではないが、「ハイエンドモデルなのになぜ…?」という声が多かったのは事実。そんな多くの声が届いたのか、30系になってリアはより乗り心地を重視したダブルウィッシュボーン式に変更された。ダブルウィッシュボーン式はトーションビーム式よりも構造が複雑になりパーツ点数も多く、コストもかかるため、走行性や快適性を重視する高級車に採用されることの多いサスペンション。ヴェルファイア&アルファードの場合は車内スペースを有効的に使うためショックとスプリングが別体式となっているが、アッパーアーム&ロアアームを備えた独立懸架(サスペンションそれぞれが独立して動く)タイプとなり、高級ミニバンにふさわしい乗り心地を確保している。

FRONT

●ストラット式サスペンション
フロントはスプリングとショックが一体式になったストラット式サスペンションを採用。構造がシンプルでサイズがコンパクトなことから、多くの車種のフロントサスペンションに採用されている。

REAR

●ダブルウィッシュボーン式サスペンション
先代のトーションビーム式に比べ構造は複雑になったが、その分、快適性、走行安定性がアップしていると定評のリアサスペンション。これによりセカンド&サードシートの乗り心地も高められている。

フットワークメニュー

純正サスペンションについて装着できる足まわりパーツは、ここで紹介しているように、予算や目的によって色々なメニューが用意されている。それぞれ特徴も価格も異なるので、よく研究してから装着しよう。

ローダウンの種類

30後期は特に、純正でも評判の良い足まわりなだけに、ローダウン時にはその良さをなるべく損なわないチョイスをしたいところ。全長調整式の車高調でストロークをあまり犠牲にせず車高を下げたり、減衰力調整式のショックで自分好みの硬さにセッティングするなど、スタイルと乗り心地、さらには走りの性能も考えてセッティングするのがベストだ。

ローダウンスプリング

価格的に一番お手軽にやれる

参考商品:エスペリア スーパーダウンサス
純正のスプリングと交換するだけで3〜5㎝程度ローダウンが可能だが、車高調整はできないので注意が必要。価格は約3万円〜とリーズナブルなので、手軽にノーマルよりちょっと下げてカッコよくしたい人向き。
こんな人にオススメ
出費を抑えたい。軽いローダウンでOK。車高調整機能は不要。
予算 約3万円~

ショック&スプリングセット

車高さえ好みに合えばリーズナブル

参考商品:TRD サスペンションセット
車種専用に開発されたショックとスプリングのセットで、スポーティな走りや快適な乗り心地と適度なローダウンフォルムを実現する。装着後の車高変更はできないので、下がり具合など事前にチェックしておくことが大切。
こんな人にオススメ
適度なローダウンでOK。スポーティな走りがしたい。車高調整機能は不要。
予算 約8万円~

車高調整式サスペンション

アルヴェルローダウンの大定番

参考商品:テイン ストリートベイシスZ
車高調整式サスペンション(通称・車高調)は、任意の高さにミリ単位で車高を調整できるサスペンションで、低いフォルムのまま走りたい人や、乗り心地や走行性能を重視する人向きの人気の高い足まわりだ。
こんな人にオススメ
低い車高のまま走りたい。低い車高と乗り心地の両立を望む。スポーティに走りたい。
予算 約10万円~

エアサス

値段は高いが実用性はNo.1

参考商品:ボルドワールド レボリューションⅠスーパーダウン
スイッチひとつで地面スレスレのベタベタ車高からノーマル車高まで自由自在に変化できるのがエアサス。魅力的なアイテムだが、価格がアップするのがネック。究極のローフォルムを求める人向き。
こんな人にオススメ
低い車高を極めたい。車高を自由に調整させたい。実用性も重視する。
予算 約40万円~

ローダウン車走行時&駐車時の注意点

ローダウンするということは、当然ながらバンパーやボディ底部の位置も低くなっている訳で、ノーマル車高と同じような走り方をしているとバンパーをヒットしたり、最悪割ってしまうこともあるので注意が必要。まず気を付けたいのが路面の段差。マンホールの盛り上がりや橋の継ぎ目、コンビニ駐車場入り口の歩道の段差などは要注意だ。また駐車場の輪留めの高さもノーマル車高のつもりで駐車するとバンパーがバキバキッ…と悲惨な結果になりかねないので、くれぐれも気を付けるようにしよう。

(スタイルRV Vol.128 トヨタ ヴェルファイア&アルファード No.10)

(スタイルRVより)

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

関連パーツ

アクセスランキング

  1. オートバックス専売!【ハロゲンからLEDが1万円以下!】LEDバルブでヘッドもフォグもLED化!
    2020年11月25日
    オートバックス専売!【ハロゲンからLEDが1万円以下!】LEDバルブでヘッドもフォグもLED化!
  2. オートバックス専売!【ハロゲンからLEDが1万円以下!】LEDバルブでヘッドもフォグもLED化!
  3. MC後ハイラックスのカスタムが今どき過ぎて渋すぎる! GRパーツで仕立てたフォルムは北米で人気のスポーツトラック
    2020年11月23日
    MC後ハイラックスのカスタムが今どき過ぎて渋すぎる! GRパーツで仕立てたフォルムは北米で人気のスポーツトラック
  4. MC後ハイラックスのカスタムが今どき過ぎて渋すぎる! GRパーツで仕立てたフォルムは北米で人気のスポーツトラック
  5. 【200ハイエース乗りの営業マン&仕事人必見!】リアゲートに付けっぱなしで開けたらタープ!荷物の出し入れ濡れません!
    2020年11月23日
    【200ハイエース乗りの営業マン&仕事人必見!】リアゲートに付けっぱなしで開けたらタープ!荷物の出し入れ濡れません!
  6. 【200ハイエース乗りの営業マン&仕事人必見!】リアゲートに付けっぱなしで開けたらタープ!荷物の出し入れ濡れません!
  7. これから出るの!? いまや必需品のマスク。SUBARUのオフィシャルは?
    2020年11月24日
    これから出るの!? いまや必需品のマスク。SUBARUのオフィシャルは?
  8. これから出るの!? いまや必需品のマスク。SUBARUのオフィシャルは?
  9. これってどこで売ってるの!?【トヨタ・ハイラックス】最近見掛けるハイラックスの荷台をカーゴ化するキャノピー
    2020年11月22日
    これってどこで売ってるの!?【トヨタ・ハイラックス】最近見掛けるハイラックスの荷台をカーゴ化するキャノピー
  10. これってどこで売ってるの!?【トヨタ・ハイラックス】最近見掛けるハイラックスの荷台をカーゴ化するキャノピー
  1. 【北米・欧州で高評価】1年中履ける噂のオールシーズンタイヤ『トーヨータイヤ・セルシアス』ってどんなタイヤなの!?全19サイズに増!
    [PR]
    【北米・欧州で高評価】1年中履ける噂のオールシーズンタイヤ『トーヨータイヤ・セルシアス』ってどんなタイヤなの!?全19サイズに増!
  2. 【北米・欧州で高評価】1年中履ける噂のオールシーズンタイヤ『トーヨータイヤ・セルシアス』ってどんなタイヤなの!?全19サイズに増!
もっと見る