変わるゾ、NXが。疾走感に溢れたレクサス・NX300Fスポーツのボディキット

  • 公開日時 :

SUV賢者が手掛けた最新ハーフ!

CLIMATE/NX300

クライメイト/NX300(後期・Fスポーツ)
クライメイト NX300 エアロ カスタム レクサス
SUVに強いブランド、クライメイトの最新エアロは、使い勝手のいい車格がウケているNXの、マイナーチェンジ後の上級車、Fスポーツ用だ。

60ハリアーやC-HR用とは一転、兄貴分のLX用と同じハーフエアロとなるが、強調すべきは強調と、凹凸に富んだスポーツムードを加速させるエッヂーな新作となっている。

とくに目を引くリアスポイラーは、これぞディフューザーの醍醐味!といわんばかりに縦フィンを採り入れたほか、10球のLEDをオプション設定するなど、印象に残る特徴を意識的に注入。

前後バンパーに貼り付けるダクトガードも、手軽だが効果テキメン。目的、予算別に複数から選べる設定としたマフラー同様、自分好みのスタイルで仕上げることが可能となっている。

新作あり、鍛造あり、別注ありと、話題性に事欠かない選択肢を用意する姉妹ブランド、SUWのホイール群も必見と、変わるゾ、NXが。

ブリッヂ状に持ち上がったセンターアーチに別体風のリップを組み合わせ、躍動感のあるスタイルを構築したフロント。

面と面で構成されたハイボリュームなサイドは、片側3ピース。エアロとしての意匠性だけでなく、実用性にも配慮する。

凹凸感に富み、変わり映えのエネルギッシュなデザインだが、これもハーフエアロ。LED、マフラーはマストで併用したい。

ダクトガードは、見た目を手軽に研ぎ澄ますことができる貼りモノ。左右2本セットで販売。

リップ塗り分けなど、色を変えるだけで差別化可。付属ネットは、あえて目の細かい仕様に。

マフラーは本数やテールエンドの仕上げ、構成をマルチに選べる。写真は4本出しのカーボン。

バックビューのアクセントとなるLEDは、クライメイト製リアハーフスポイラーの専用だ。ポジやブレーキ連動がセオリー。

リアルーフスポイラーは、ウイング天面の一部がダクト状にくり抜かれた、さながらC-HRのようなエアロ。

あるとないでは雲泥の差といえるリアダクトガードは、装着するとダクトが生まれる粋なパーツ。前用とセットで。

SUW BurjALコンケイブ×リムオーバーの融合を、鍛造で仕上げた話題の1本。別注カラーオーダーの対応も柔軟だ。

SUW ALIA-M52019年モデルとしてお披露目された最新作は、流行のWフェイス。レクサス純正キャップが流用可能。

SPECIFICATION

PARTS PRICE
フロントスポイラー 6万6000円
サイドステップ 7万8000円
リアハーフスポイラー 6万8000円
リアルーフスポイラー 6万1500円
フロントダクトガード 3万円
リアダクトガード 3万円
リアLED10P 2万7000円
マフラー 12万円〜21万4000円
ホイール/SUW ALIA-M5(F21×9.0+35、R21×9.0+25) 7万2000円
ホイール/SUW BurjAL(F21×9.0+35、R21×9.0+25) オープン価格
タイヤ/ファルケン・アゼニスFK510(225/30-21)

問:クライメイト 076-471-6071
http://suwwheel.com

スタイルワゴン2019年4月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]