春のタイヤ履き替え大作戦! オールシーズンタイヤ?M+Sタイヤってなんだ? タイヤ選びにこんな選択肢もある!

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

春の履き替えシーズンに知っておきたい

オールシーズンタイヤやその他M+Sタイヤは1年通して履き続けられる?

いま、まさに冬タイヤからの履き替え時期です。昨年履いていた夏タイヤの摩耗が激しく、新たに買い直すという人は、冬シーズン前に履き替える必要がない、オールシーズン履けるタイヤという選択肢はどうでしょう。

タイヤは履く季節によって、夏用タイヤと冬用タイヤに分けられます。夏用タイヤは、ごく一般的に履く普通のタイヤのこと。冬用タイヤは、日本での主流はスタッドレスタイヤですね。大昔はスパイクタイヤというのがありましたが、タイヤに埋め込まれたピンがアスファルトを削り、粉塵があがることによる環境問題もあり、今は使用に制限がかかり、現実的には使えないタイヤになってしまいました。その代わりに登場したのが、スタッドレス(スタッド(鋲)がない)タイヤです。
と、大まかなタイヤの分類はここまでで本題です。

オールシーズンタイヤってどんなタイヤ


最近耳にすることが増えたオールシーズンタイヤ。その名の通り、すべての季節に対応したタイヤです。サマータイヤと同じようにドライやウェット路面を走れることに加えて、雪道でも走れるよう、低温でも柔らかさを保つゴムとトレッドパターンを採用しています。高速道路の冬用タイヤ規制が入った場所でも、スタッドレスタイヤと同様通行が可能です。
グッドイヤーの「ベクター フォーシーズンズ ハイブリッド」が有名ですが、他にもピレリやミシュラン、マキシスなどが日本でも購入可能です。ただしオールシーズンタイヤは、スタッドレスタイヤと同じ性能を冬でも発揮できるわけではないのが注意点。圧雪路やシャーベット路では通用しますが、凍結路面においては、スタッドレスタイヤほどの性能は期待できません。使い道としては、普段はあまり雪が降らない地域で不意の降雪でも対応できる、スタッドレスタイヤに履き替えるまでもないなぁという地域の人にはお薦めのタイヤですね。そして、カスタム好きに知っておいて欲しいのが、ベクター フォーシーズンズ ハイブリッドには、225/40-18や215/45-18など、インチアップでもいけそうな18インチサイズがあること。冬も大口径でカスタムしたいという人にもお薦めです。

A/TタイヤやM/Tタイヤは冬もいける?


タイヤのサイドウォールにはサイズなど、色々な情報が表記されていますが、その中にM+Sという表記があります。これはマッド&スノーの略で、MUD(泥)、SNOW(雪)を意味します。このM+Sは、オールシーズンタイヤにも表記されていますが、他にはSUVやクロカン系が履くA/T(オールテレーン)タイヤやM/T(マッドテレーン)タイヤにも表記されている場合があります。A/TタイヤやM/Tタイヤは最近流行りのオフ系カスタムでは必須とも言えるタイヤです。では、M+S表記のあるA/TタイヤやM/Tタイヤもオールシーズンタイヤと同じように1年通して使えるタイヤなのでしょうか。
結論から言うと、A/TタイヤやM/Tタイヤはオフロード性能を中心に高めているタイヤなので、溝が深く、ある程度の雪には対応できると思います。M+Sの表記があれば、スタッドレスタイヤやオールシーズンタイヤ同様に、高速道路の冬用タイヤ規制が入った場所でも通行は可能です。ですが、モデルによっても雪に対する性能は変わってきますし、クルマ自体の性能もあるので、一概に雪道でもしっかり走れるとは言い切れません。このあたりは同車種で同タイヤを装着している人の話を聞いてみるのが1番良いかも知れません。

使用環境によっては便利なタイヤかも?

クルマの使い方によっては選択肢として浮上し得る

結論としては、自分がクルマを使用するタイミングや状況次第では、オールシーズンタイヤやA/Tタイヤ、M/Tタイヤを履くというのはアリです。普段走っている居住地域は雪が少ないが、年に数回の出張やレジャーで出かける先に雪がある時がある、といった場合には、非常に便利かもしれない。これから先の履き替え検討の参考に。

[byフジモン スタイルワゴン・ドレスアップナビ]

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :
  • 更新日時 :

関連パーツ