街乗りOFF-Styleに美しく似合う!話題のオフ系タイヤ『モンスタ・タイヤ』のMUD WARRIOR M/T

  • 公開日時 :

どこまでも強く、美しい
大陸が育んだオフタイヤ


Monsta Tyres/MUD WARRIOR M/T


モンスタ・タイヤ/マッドウォーリアM/T
MonstaTyres モンスタタイヤ mtタイヤ オフ系 カスタム
モンスタ・タイヤは、とにかく広大で、過酷な環境も少なくないオーストラリア大陸で生まれた。道なき道を疾走するためのオフロードタイヤを中心に、日本へも本格的にデリバリーされている。すべての銘柄にホワイトレターが取り入れられているのが特徴だ。それも塗料やプリントなどを用いた表層だけではなく、ゴム質からしてホワイトが用いられる。
日本の環境下で組み合わせるのなら、オールテレーンに相当するTERRAIN GRIPPERが思い浮かぶ。しかし、より攻めたヴィジュアルと走行性能を追い求めるのであれば、マッドテレーンのMUD WARRIORを選んでもいい。よりゴツいトレッドは、それだけでたくましく見えるし、実際に泥濘地など路面状況の劣悪な場所での走破性は抜群に高い。なのに舗装された日本のストリートでも我慢要らず。むしろ重量級ボディを受け止めながらもタワミを感じさせない引き締まった乗り味は、絶大なる安心感を感じさせる。
たとえば国産クロカン界の王道であるランクル・プラドに対して、デルタフォースのOVALホイールとMUD WARRIORの組み合わせ。全身くまなくタフギアなのに、都心のネオンの下ではどこか艶っぽさを露わにするのが印象的だった。やはり真の強者は、常に紳士的で美しいのである。


デルタフォースのOVAL に265/70R17サイズのMUD WARRIORが組み合わされる。ホイールをマットブラックとすることで汚れが目立たず、さらにサイドウォールに刻まれるホワイトレターの白さが引き立って見える。トレッド面は不整地や泥濘地、砂地などで強いトラクション性能を発揮する構造を持ちながら、ストリートでも不快な印象はない。

一切のノーマルでリフトアップもしていない状態ながら、タイヤ+ホイールを交換するだけでプラドの存在感は見違える。カスタムの第一歩にオススメだ。

【SPECIFICATION】
●16inch
LT265/75R16 123/120Q
●17inch
LT265/65R17 120/117Q
LT265/70R17 121/118Q
●18inch
LT265/60R18 119/116Q
LT285/60R18 122/119Q
●20inch
LT265/50R20 117/114Q
LT275/55R20 120/117Q
LT285/50R20 119/116Q

問:エクシズルライン 048-577-4301
http://www.exizzle-line.co.jp

スポンサードリンク

記事情報

  • 公開日時 :